「浅利与一」

「浅利与一」

浅利与一の生涯

浅利与一の生涯

-浅利与一の生涯-

浅利与一は、平安時代末期の武士。源義経の側近として活躍し、一の谷の戦いや壇ノ浦の戦いで武功を挙げた。

-生い立ちと青年期-

浅利与一は、相模国足柄郡(現在の神奈川県足柄下郡)で、浅利為綱の子として生まれた。生年は不詳だが、1150年頃と推定されている。

与一は幼い頃から武芸に秀でており、特に弓の腕前には定評があった。源義経が挙兵すると、与一は義経の麾下に入り、一の谷の戦いや壇ノ浦の戦いで武功を挙げた。

-一の谷の戦い-

一の谷の戦いは、1184年(寿永3年)に、源義経と平宗盛が戦った戦い。この戦いで、与一は平家方の弓の名手であった那須与一と一騎打ちを行い、見事に勝利を収めた。

この戦いで、与一は扇の的を射抜くという離れ業を披露した。扇の的は、扇を弓の矢で射抜くというもので、非常に難しいとされていた。しかし、与一は見事に扇の的を射抜き、平家方の士気を大いにくじいた。

-壇ノ浦の戦い-

壇ノ浦の戦いは、1185年(元暦2年)に、源義経と平宗盛が戦った戦い。この戦いで、与一は平家方の船に乗り移り、次々と敵兵を射殺した。

与一の活躍により、源氏方は平氏を破り、壇ノ浦の戦いに勝利した。この戦いで、与一は平家方の武将である平知盛を射殺したとされている。

-その後-

壇ノ浦の戦い後、与一は義経に従って奥州に下向した。しかし、義経が奥州で没落すると、与一は甲斐国に帰国した。その後、与一の消息は不明となっている。

浅利与一は、源義経の側近として活躍した名将である。一の谷の戦いや壇ノ浦の戦いで武功を挙げ、扇の的を射抜くという離れ業を披露した。与一の生涯は、多くの物語や伝説に彩られている。

壇ノ浦の戦いで平家方の武将仁井親清を遠矢にいてその胸をつらぬく

壇ノ浦の戦いで平家方の武将仁井親清を遠矢にいてその胸をつらぬく

-「浅利与一」-

-壇ノ浦の戦いで平家方の武将仁井親清を遠矢にいてその胸をつらぬく-

壇ノ浦の戦いは、平家と源氏の間で行われた海戦で、源氏の勝利に終わった。この戦いでは、源氏の武将・浅利与一が、平家方の武将・仁井親清を遠矢にいてその胸をつらぬくという離れ業を演じた。

与一は、源頼朝の家臣で、弓の名手として知られていた。壇ノ浦の戦いでは、与一は源氏の水軍に加わり、平家の船に向かって矢を放った。与一の矢は、平家の船に次々と命中し、平家の兵士たちは次々と倒れた。

与一は、平家の船を攻撃するだけではなく、平家の武将・仁井親清を狙い撃ちにした。仁井親清は、平家の大将・平宗盛の弟で、武勇に優れていた。与一は、仁井親清の乗る船に向かって矢を放ち、仁井親清の胸を貫いた。仁井親清は、その場で死亡した。

与一の遠矢は、平家の士気を大きく下げた。平家の兵士たちは、与一の矢を恐れ、次々と戦場から逃亡した。源氏は、与一の活躍もあり、平家を破ることができた。

与一の遠矢は、日本の歴史に残る名場面の一つである。与一の遠矢は、武勇の象徴として、後世の人々に語り継がれている。

城資盛を攻めたときにはその叔母で勇婦といわれた板額を捕らえ,のちに将軍源頼家の許しをえて妻とした

城資盛を攻めたときにはその叔母で勇婦といわれた板額を捕らえ,のちに将軍源頼家の許しをえて妻とした

-城資盛を攻めたときにはその叔母で勇婦といわれた板額を捕らえ,のちに将軍源頼家の許しをえて妻とした-

浅利与一は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将で、源氏方として活躍。治承4年(1180)源頼朝が挙兵すると、すぐに味方に加わり、各地を転戦しました。

治承5年(1181)には、平氏の西国への逃亡を許さないために、壇ノ浦の戦いに参加。この時、与一は平氏の船団に向かって矢を射、見事敵将の首を討ち取っています。

また、寿永2年(1183)には、平氏の残党である城資盛を攻めたときにはその叔母で勇婦といわれた板額を捕らえました。のちに将軍源頼家の許しをえて妻としています。

頼朝が没した後は、源頼家に仕えたが、頼家が殺害されると北条氏に仕え、承久の変では北条義時とともに活躍しました。

浅利与一は、弓の達人として知られ、また勇猛な武将でもありました。その武勇は、源氏方からも平氏方からも恐れられていました。

後に、彼の弓の技術を讃えた「平家物語」や「源平盛衰記」などの軍記物語に登場することにもなりました。

浅利与一は、鎌倉時代の武将の中でも、特に優れた武将の一人として、現在でもその名を知られています。

タイトルとURLをコピーしました