大久保常春 – 江戸時代中期の旗本、大名

大久保常春 – 江戸時代中期の旗本、大名

大久保常春の生涯

大久保常春の生涯

大久保常春の生涯

大久保常春は、江戸時代中期の旗本、大名である。常春は、旗本・大久保忠職の四男として生まれた。幼名は、源太。通称は、次郎右衛門、八兵衛、甚五郎。官位は、従五位下、隼人正、丹波守。

常春は、早くから徳川家綱に仕え、小姓組番士となった。その後、御書院番士、御徒頭、留守居、奏者番などを歴任し、元禄11年(1698年)には、大久保忠職の隠居に伴い、家督を相続した。

元禄14年(1701年)、常春は、近江国膳所藩主・本多忠平の養女・永姫を正室に迎え、翌年には、甲斐国都留郡内2000石の領地に加増された。また、宝永4年(1707年)には、常春は、大番頭に任命され、さらに正徳元年(1711年)には、従五位下、隼人正に叙任された。

正徳4年(1714年)、常春は、丹波国内2万6000石の領地に加増され、大名に列した。同年、常春は、丹波国亀山藩主となった。常春は、藩政に励み、新田開発や治水工事を行い、藩の財政を立て直した。また、常春は、学問を奨励し、藩校・亀山黌を創設した。

享保8年(1723年)、常春は、59歳で死去した。家督は、長男・常興が相続した。

大久保常春の家系と生い立ち

大久保常春の家系と生い立ち

-大久保常春の家系と生い立ち-

大久保常春は、江戸時代中期の旗本、大名である。天正17年(1589年)、常春は三河国で生まれる。父は旗本の大久保忠隣、母は大久保忠世の娘である。

大久保氏は、三河国を拠点とする国衆であった。常春の祖父である忠世は、徳川家康に仕え、三河国吉田城の城主となった。その後、忠世は小田原征伐や関ヶ原の戦いなどで功績を挙げ、江戸幕府の成立に貢献した。

常春は、父である忠隣が亡くなった後、家督を継ぐ。その後、常春は幕府の要職を歴任し、老中や若年寄を務めた。また、常春は俳人としても知られ、松尾芭蕉とも親交があった。

寛文9年(1669年)、常春は上野国高崎藩の藩主となる。その後、常春は延宝3年(1675年)に亡くなり、家督は子の忠高が継いだ。

大久保常春は、江戸幕府の重要人物の一人であり、幕府の政治に大きな影響を与えた。また、常春は俳人としても知られ、多くの俳句を残している。

大久保常春の功績

大久保常春の功績

-大久保常春の功績-

大久保常春は、江戸時代中期の旗本、大名であり、大久保忠教の次男として誕生しました。幼少期から聡明で、16歳で徳川家綱に仕え、その後、大番頭、若年寄、京都所司代など、様々な要職を歴任しました。

常春の功績の一つは、元禄赤穂事件の処理です。1701年、赤穂藩主浅野長矩が江戸城内で吉良義央を斬りつけ、事件は江戸城内で大きな騒ぎになりました。常春は、この事件の処理に当たり、浅野長矩の切腹と赤穂藩の改易を決定しました。

常春の功績の二つ目は、新井白石の登用です。新井白石は、江戸時代中期の儒学者、政治家で、常春が京都所司代だった時代に知遇を得ました。常春は、白石の才能を高く評価し、彼を江戸に呼び寄せ、幕府の政策立案に参画させました。白石は、常春の死後も幕府の重臣として活躍し、江戸時代の政治、経済、文化に大きな影響を与えました。

常春の功績の三つ目は、大久保長安の養子となったことです。大久保長安は、江戸時代初期の旗本、大名であり、常春は、長安の養子となって、大久保家の家督を継ぎました。長安は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いにも参戦した武功の士であり、常春は、長安の養子となることで、大久保家の家格を高めることができました。

常春は、1723年に73歳で死去しました。常春の死後、大久保家の家督は、養子の忠春が継ぎました。

タイトルとURLをコピーしました