→「足利永隆」

→「足利永隆」

「足利永隆」は誰か?

「足利永隆」は誰か?

「足利永隆」は誰か?

足利永隆は、室町幕府11代将軍・足利義澄の嫡男で、12代将軍。在位は1508年(永正5年)-1521年(大永元年)。
1480年(文明12年)に誕生。幼名は義晴。1493年(明応2年)に元服。1508年(永正5年)に父・義澄が死去すると、その跡を継いで12代将軍に就任した。当初は近江国守護・六角高頼や管領・細川政元、三好之長らに擁立されたが、やがて彼らとは対立。1511年(永正8年)に政元が死去すると、その跡を継いだ細川高国と争う。1518年(大永8年)に高国を破り、京都を奪還。1521年(大永元年)に32歳で死去した。

足利永隆は、武勇に優れ、戦上手であった。また、和歌や蹴鞠にも秀でていた。しかし、将軍としてはあまり有能ではなかった。政治を家臣に任せきりにして、自身は遊興にふけることが多かった。そのため、幕府は混乱し、次第に権威を失っていった。

足利永隆の死後、子の義晴が13代将軍を継いだが、室町幕府はすでに衰退の一途を辿っていた。やがて、戦国大名が力をつけ、幕府は形骸化していった。1573年(天正元年)、織田信長が京都を占領し、室町幕府は滅亡した。

「足利永隆」の生涯

「足利永隆」の生涯

-「足利永隆」の生涯-

足利永隆は、室町時代後期の武将です。足利義政の三男であり、兄に足利義尚、弟に足利義澄がいます。

永隆は幼少期に父である義政の寵愛を受け、御子として養育されました。1489年、義尚が急死すると、永隆は後継者として将軍に擁立されました。しかし、義尚の弟である義澄がそれに不服を唱え、両者の間で畿内各地で応仁の乱が勃発しました。

応仁の乱は11年間にわたって続き、日本各地に大きな被害をもたらしました。永隆は赤松政則や細川勝元らと協力して義澄と戦い、やがて義澄を破って京都を奪還しました。しかし、義澄は九州に逃れた後、大内政弘の支援を受けて再起を図り、永隆は再び窮地に立たされました。

1477年、永隆は細川政元と和睦して九州に逃れ、義澄は京都に帰還しました。永隆は九州で再起を図りましたが、1480年に義政の死去を受けて京都に戻り、将軍職を義澄に譲りました。

永隆はその後、細川勝元らと協力して義澄を廃しようとし、1489年に再び応仁の乱が勃発しました。しかし、永隆は細川政元と対立し、1490年に失脚して、九州に逃れました。

永隆は1491年に九州で客死したと伝えられています。享年35歳でした。

「足利永隆」の系譜

「足利永隆」の系譜

* -「足利永隆」の系譜-

* -足利永隆-自身-足利世長」-の子であり、-足利義政-の孫である「-足利義尚-、-足利義材-の兄弟にあたる。永隆は、-足利家-の-管領-を歴任し、-応仁の乱-で-東軍-を率い、-西軍-を破った人物である。

* -足利永隆には-以下のような子どもがいた。

* -足利義澄- 永隆の子であり、-足利家-の-12代目将軍-となった。
* -足利義輝- 永隆の子であり、-足利家-の-13代目将軍-となった。
* -足利義昭- 永隆の子であり、-足利家-の-15代目将軍-となった。

* 永隆を父とした子は特に優れており、将軍に選ばれた。だが永隆の死後は互いに敵対し合い、やがて戦国時代へと突入していった。

タイトルとURLをコピーしました