大久保利謙→ 日本史学に多大な貢献をした学者の生涯

大久保利謙→ 日本史学に多大な貢献をした学者の生涯

卓越した学者: 大久保利謙の軌跡

卓越した学者: 大久保利謙の軌跡

卓越した学者 大久保利謙の軌跡

大久保利謙は、日本史学の発展に多大な貢献をした歴史学者であり、その業績は高く評価されています。

1925年、新潟県に生まれた大久保利謙は、東京大学文学部国史学科に進学し、日本史学を専攻します。大学卒業後は、東京大学大学院に進学し、日本史学の研究を続けます。1955年、東京大学大学院博士課程を修了し、博士号を取得しました。

その後、大久保利謙は、東京大学文学部助教授、教授を務め、1972年に東京大学文学部長に就任しました。1978年には、東京大学総長に就任し、4年間務めました。また、大久保利謙は、日本史学会会長、日本学士院会員、文化功労者など、数多くの栄誉を授与されました。

大久保利謙は、日本史学の分野で数多くの業績を残しており、その中でも特に有名なのが、「日本中世史の研究」です。大久保利謙は、中世日本における政治制度、社会構造、文化などを研究し、中世日本の歴史を体系的に解明しました。また、大久保利謙は、「日本史学の方法論」についても研究しており、日本史学の研究方法を確立することに貢献しました。

大久保利謙は、日本史学の分野で多大な貢献をした卓越した学者であり、その業績は高く評価されています。大久保利謙の研究は、日本史学の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの歴史学者によって研究されています。

多才な研究者: 近代史の幅広い分野での活動

多才な研究者: 近代史の幅広い分野での活動

-多才な研究者 近代史の幅広い分野での活動-

大久保利謙は、近代史の幅広い分野で活躍した多才な研究者でした。その研究対象は、政治史、経済史、社会史、外交史など、多岐にわたり、その業績は日本史学に多大な貢献をしました。

大久保は、1882年(明治15年)に東京に生まれました。東京帝国大学史学科を卒業後、同大学院に進んで研究を続けました。1911年(明治44年)に論文「日本近代史の研究」で博士号を取得しました。

大久保は、東京帝国大学史学科助手、同教授を経て、1937年(昭和12年)に同大学の総長に就任しました。総長を退任後は、日本学士院会員、同院長を務め、1955年(昭和30年)に文化勲章を受章しました。

大久保の研究は、近代史の幅広い分野を網羅しており、その業績は日本史学に多大な貢献をしました。特に、政治史と経済史の研究においては、画期的な成果を挙げました。

大久保の政治史の研究は、明治維新から大正デモクラシーまでの日本の政治史を、政治体制の変遷と政党の動向を中心に解明したものです。大久保は、政治体制の変遷を、天皇制の権威が強まる中央集権体制から、議会制民主主義体制への移行として捉え、政党の動向を、自由民権運動から政党政治の確立に至る過程として分析しました。

大久保の経済史の研究は、明治維新から大正デモクラシーまでの日本の経済史を、産業革命と資本主義の発展を中心に解明したものです。大久保は、産業革命を、機械制大工業の導入と工場制生産の確立として捉え、資本主義の発展を、自由競争体制から独占資本主義体制への移行として分析しました。

大久保の研究は、日本史学の発展に大きな影響を与えました。大久保の研究成果は、近代史の理解に不可欠なものであり、現在でも多くの研究者に参照されています。

後世への遺産: 貴重な著作の数々

後世への遺産: 貴重な著作の数々

-後世への遺産 貴重な著作の数々-

大久保利謙は、日本史学に多大な貢献をした学者として、後世に貴重な著作を残した人物です。彼の代表的な著作には、以下のようなものがあります。

* 『日本中世史論』
* 『日本封建制史論』
* 『日本近世史論』
* 『日本近代史論』
* 『日本史学史』
* 『日本の封建社会』
* 『日本の資本制社会』
* 『日本の近代社会』
* 『日本歴史学概説』
* 『日本歴史学史料学』

これらの著作は、いずれも日本史学の研究に大きな影響を与えました。特に『日本中世史論』と『日本封建制史論』は、日本の封建社会に関する画期的な研究であり、今日でも高く評価されています。『日本近世史論』と『日本近代史論』は、日本の近世と近代の歴史を総合的に論じたもので、幅広い読者から支持されました。

『日本史学史』と『日本の封建社会』は、日本史学の発展について論じたもので、日本史学研究者にとって必読の書です。『日本の資本制社会』と『日本の近代社会』は、日本の資本制社会と近代社会について論じたもので、経済史や社会史の研究に大きな影響を与えました。『日本歴史学概説』と『日本歴史学史料学』は、日本史学の概説と史料学に関する著作で、日本史学の入門書として広く読まれています。

大久保利謙の著作は、日本史学の研究に多大な貢献をしただけでなく、一般読者にも日本の歴史を理解する上で貴重な情報を提供しています。彼の著作は、今日もなお多くの人々に読まれ、日本史学の発展に寄与し続けています。

タイトルとURLをコピーしました