足利高基:戦国時代の古河公方

足利高基:戦国時代の古河公方

足利高基の生涯

足利高基の生涯

# 足利高基の生涯

– 足利高基の生い立ち

足利高基は、鎌倉公方足利持氏の嫡男として、永享11年(1439年)に足利家に生まれた。持氏は、鎌倉公方足利持氏の嫡男として、永享11年(1439年)に足利家に生まれた。持氏は、室町幕府4代将軍足利義持の弟であり、足利一門の中でも有力な人物であった。

持氏は、永享の乱で室町幕府に対抗して敗れ、自害に追い込まれた。その後、高基は、幕府の庇護のもとで成長することになった。

– 足利高基の古河公方時代

高基は、文安3年(1446年)に、室町幕府5代将軍足利義政から、古河公方の地位を授けられた。古河公方は、足利一門の中でも重要な地位であり、幕府の権限を支える重要な役割を担っていた。

高基は、古河公方として、関東地方の支配に努めた。しかし、関東地方は、室町幕府の支配が弱く、有力な国人が割拠していた。高基は、これらの国人を懐柔し、関東地方の安定を図った。

– 足利高基の死

高基は、寛正6年(1465年)に、病死した。享年27歳であった。高基の死は、関東地方に大きな衝撃を与え、関東地方は再び混乱状態に陥った。

高基の死後、古河公方の地位は、弟の足利成氏が継承した。成氏は、兄の死を機に、室町幕府に対して反旗を翻し、享徳の乱を引き起こした。享徳の乱は、10年以上にわたって続き、関東地方を疲弊させた。

北条早雲との関係

北条早雲との関係

-# 足利高基戦国時代の古河公方

足利高基(1487年 – 1535年)は、室町時代の武将で、古河公方の第12代公方である。足利政氏の養子となり、1512年に古河公方を継承した。

高基は、戦国時代の動乱期にあって、古河公方として各地の戦乱に介入し、北条早雲や武田信玄、上杉謙信らと争った。

-# 北条早雲との関係

足利高基と北条早雲は、戦国時代初期に伊豆国や相模国で争った。早雲は、1512年に伊豆国を平定し、1519年には相模国を平定した。高基は、早雲の勢力の拡大を阻止するために、1523年に早雲と戦ったが、敗北した。

その後、高基は早雲と和睦し、早雲の娘を娶った。しかし、1535年に高基が死去すると、早雲は古河公方の跡目争いに介入し、高基の弟の足利晴氏を古河公方に擁立した。

高基と早雲の関係は、戦国時代初期の関東地方の勢力争いを象徴するものであった。

足利晴氏との対立

足利晴氏との対立

-足利晴氏との対立-

永享の乱の後、足利義教は足利高基を鎌倉公方として関東に派遣した。足利高基は鎌倉公方として関東の安定に努めたが、やがて足利晴氏との対立が深まった。

足利晴氏は、鎌倉公方・足利持氏の子であり、足利高基の従兄弟にあたる。足利晴氏は、永享の乱後、足利義教に叛旗を翻し、挙兵した。足利晴氏は、当初は優勢だったが、やがて足利義教の軍に敗れ、降伏した。

足利晴氏は降伏した後、鎌倉公方として復帰することを望んだが、足利義教はこれを許さず、足利高基を鎌倉公方に任命した。足利晴氏は、これに対して不満を持ち、足利高基と対立した。

足利晴氏と足利高基の対立は、やがて武力衝突に発展した。永享10年(1438年)、足利晴氏は鎌倉を攻め、鎌倉公方・足利高基を自害に追い込んだ。足利晴氏は、鎌倉公方を継承し、鎌倉公方として関東に君臨した。

足利晴氏と足利高基の対立は、関東に大きな混乱をもたらした。この混乱は、やがて戦国時代の幕開けにつながっていくのである。

タイトルとURLをコピーしました