蓮田兵衛 – 室町時代の地侍

蓮田兵衛 – 室町時代の地侍

徳政一揆の指導者

徳政一揆の指導者

– 蓮田兵衛 – 室町時代の地侍
-# 徳政一揆の指導者

蓮田兵衛は、室町時代に下総国印旛郡蓮田郷(現在の千葉県印西市)の地侍であった。彼は、応永31年(1424年)に発生した下総国守護職を巡る争いに巻き込まれ、守護代・千葉介胤直に味方したため、守護・千葉満胤と対立した。

応永32年(1425年)、蓮田兵衛は、下総国において守護職を巡る争いが再発した際に、守護代・千葉介胤直に味方して、守護・千葉満胤と戦った。この争いで、蓮田兵衛は、胤直とともに千葉満胤を破り、守護職を奪取した。

蓮田兵衛は、守護職を奪取した後、徳政一揆の指導者となった。徳政一揆とは、室町時代に農民が領主に対して起こした一揆である。蓮田兵衛は、農民の要求を支持し、領主に対して徳政令を発布させた。徳政令とは、農民の借金を帳消しにする法律である。

徳政一揆は、室町時代を通じて各地で発生したが、蓮田兵衛が指導した下総国の徳政一揆は、その規模と影響力が大きかった。この一揆は、室町幕府を揺るがす大事件となり、幕府は、関東管領・上杉憲実を派遣して一揆を鎮圧した。

徳政一揆の鎮圧後、蓮田兵衛は、幕府によって処刑された。しかし、蓮田兵衛の徳政一揆は、室町時代の農民の苦しみがどれほど深刻であったかを物語っている。

京都の七口を占拠

京都の七口を占拠

-京都の七口を占拠-

蓮田兵衛は、室町時代に活躍した地侍であり、京都の七口を占拠したことで知られています。七口とは、京都の七つの出入り口を指しており、東の五条坂、南の三条口、西の桂坂、北の鞍馬口、東の東山五条坂、南の逢坂口、西の桂坂を指します。

蓮田兵衛は、1467年に応仁の乱が勃発すると、西軍側として参戦しました。そして、1468年には七口を占拠し、京都を事実上掌握することに成功しました。

七口を占拠した蓮田兵衛は、京都の治安を維持するとともに、西軍の補給路を確保しました。さらに、彼は七口に検問所を設けて、敵対勢力の出入りを禁止しました。

蓮田兵衛の七口占拠は、西軍の勝利に大きく貢献しました。応仁の乱が終結すると、蓮田兵衛は朝廷から功績を賞され、越前国の守護に任命されました。また、彼は室町幕府からも重用され、幕府の要職を歴任しました。

蓮田兵衛は、1504年に死去するまで、越前国の守護として活躍しました。彼の死後、蓮田家は子孫によって継承され、江戸時代まで続きました。

-蓮田兵衛の七口占拠の意義-

蓮田兵衛の七口占拠は、室町時代の歴史において重要な出来事であり、以下の意義があります。

* 西軍の勝利に大きく貢献した
* 京都の治安を維持した
* 西軍の補給路を確保した
* 敵対勢力の出入りを禁止した

蓮田兵衛の七口占拠は、西軍の勝利に大きく貢献し、京都の治安を維持することに成功しました。また、彼は七口に検問所を設けて、敵対勢力の出入りを禁止し、西軍の補給路を確保しました。

幕府軍に鎮圧され処刑

幕府軍に鎮圧され処刑

-蓮田兵衛 – 室町時代の地侍-

-幕府軍に鎮圧され処刑-

蓮田兵衛は、室町時代の地侍である。彼は、下総国蓮田庄(現在の千葉県野田市)に生まれ、長じて下総国守護上杉憲政に仕えていた。

しかし、永禄4年(1561年)、上杉憲政が後北条氏に敗れて越後国に逃亡すると、蓮田兵衛は上杉氏を離れて里見氏に仕えた。

永禄6年(1563年)、里見氏と上杉憲政が和睦すると、蓮田兵衛も上杉氏に復帰した。しかし、永禄10年(1567年)、上杉憲政が再び後北条氏に敗れて越後国に逃亡すると、蓮田兵衛も再び上杉氏を離れて里見氏に仕えた。

永禄12年(1569年)、上杉憲政が後北条氏と和睦すると、蓮田兵衛も上杉氏に復帰した。しかし、元亀2年(1571年)、上杉謙信が越後国に侵攻すると、蓮田兵衛は上杉氏を離れて里見氏に仕えた。

元亀4年(1573年)、里見氏と上杉謙信が和睦すると、蓮田兵衛も上杉氏に復帰した。しかし、天正6年(1578年)、上杉謙信が没すると、蓮田兵衛は上杉氏を離れて里見氏に仕えた。

天正12年(1584年)、里見氏が後北条氏に敗れて滅亡すると、蓮田兵衛は里見氏を離れて浪人となった。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉が小田原城を攻め落とすと、蓮田兵衛は豊臣秀吉に仕えた。しかし、文禄2年(1593年)、蓮田兵衛は豊臣秀吉の朝鮮出兵に反対したため、処刑された。

蓮田兵衛は、室町時代の地侍であり、上杉氏、里見氏、豊臣氏に仕えた。彼は、幕府軍に鎮圧され処刑された。

タイトルとURLをコピーしました