戦国・江戸前期の武将「大久保康忠」の人生とは?

戦国・江戸前期の武将「大久保康忠」の人生とは?

天文18年に誕生し、徳川家康に仕えた人物

天文18年に誕生し、徳川家康に仕えた人物

天文18年に誕生し、徳川家康に仕えた人物

大久保康忠は、天文18年(1549年)に、三河国幡豆郡大久保(現在の愛知県西尾市)で生まれました。家康の家臣である大久保忠政の長男として生まれ、幼い頃から家康に仕えました。

康忠は、家康の側近として活躍し、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いや、元亀3年(1572年)の長篠の戦いなど、多くの戦いで活躍しました。また、康忠は家康の政治にも参画し、家康の領国経営に貢献しました。

天正18年(1590年)に家康が江戸に移封されると、康忠も江戸に移り住み、江戸幕府の旗本として活躍しました。康忠は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、家康の勝利に貢献し、戦後には越後国長岡藩の藩主となりました。

康忠は、慶長19年(1614年)に死去するまで、家康の側近として活躍し、江戸幕府の礎を築くのに貢献しました。康忠は、忠義に厚く、武勇に優れた武将として知られ、後世にその名が伝えられています。

姉川の戦い、小牧・長久手の戦いで戦功を挙げた武将

姉川の戦い、小牧・長久手の戦いで戦功を挙げた武将

姉川の戦い、小牧・長久手の戦いで戦功を挙げた武将
大久保康忠は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名です。甲斐武田氏に仕え、武田信玄の死後は徳川家康に仕えました。川中島、姉川の戦い、小牧・長久手の戦いなど、多くの戦いで活躍し、戦功を挙げました。

姉川の戦いは、永禄11年(1568年)、越前国姉川で行われた戦い。織田信長・徳川家康連合軍と、浅井長政・朝倉義景連合軍が激突しました。大久保康忠は、徳川家康軍として姉川の戦いに参加。浅井軍の猛攻を受け、一時、徳川軍が劣勢に陥る中で、大久保康忠は奮戦し、浅井軍を撃退しました。この戦功により、大久保康忠は徳川家康から領地を与えられ、旗本から譜代大名に取り立てられました。

小牧・長久手の戦いは、天正12年(1584年)、尾張国小牧・長久手の付近で行われた戦い。羽柴秀吉と徳川家康が衝突しました。大久保康忠は、徳川軍の主力として小牧・長久手の戦いに参加。羽柴軍の猛攻を受け、家康は一時、劣勢に陥る中で、大久保康忠は奮戦し、羽柴軍を撃退しました。この戦功により、大久保康忠はさらに領地を与えられ、譜代大名としての立場を固めました。

大久保康忠は、姉川の戦い、小牧・長久手の戦いなど、多くの戦いで活躍し、戦功を挙げました。その功績により、大久保康忠は徳川家康から重用され、譜代大名としての地位を確立しました。

元和7年に73歳で死去した大久保康忠

元和7年に73歳で死去した大久保康忠

元和7年に73歳で死去した大久保康忠

大久保康忠は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した武将・大名である。徳川家康の側近として仕え、家康の信頼を厚くした。家康の死後も徳川幕府の重臣として活躍し、幕府の基盤を固めるのに貢献した。

康忠は、天正11年(1583年)に三河国加茂郡大久保郷(現在の愛知県豊田市大久保町)で生まれた。康忠の父は大久保忠世で、家康の側近として仕えていた。康忠もまた、家康の側近として仕え、家康の信頼を厚くした。

康忠は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、東軍として参戦した。康忠は、関ヶ原の戦いで功を挙げたため、戦後に信濃国飯田藩1万石を与えられた。康忠は、飯田藩主として藩政に尽力し、藩の発展に貢献した。

康忠は、元和7年(1621年)に73歳で死去した。康忠の死後、飯田藩は子の忠職が継いだ。忠職は、康忠の遺志を継いで藩政に尽力し、藩の発展に貢献した。

康忠は、徳川家康の側近として仕え、家康の信頼を厚くした。家康の死後も徳川幕府の重臣として活躍し、幕府の基盤を固めるのに貢献した。康忠は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した名将である。

タイトルとURLをコピーしました