室町-戦国時代の武将、足利義明

室町-戦国時代の武将、足利義明

足利義明の生涯

足利義明の生涯

-足利義明の生涯-

-足利義明の誕生と家督相続-

足利義明は、室町幕府の第9代将軍・足利義尚の三男として、1484年に生まれました。通称は冠者様。兄に足利義澄がおり、義明は次男として生まれました。幼名は円満丸と称しました。

義明は、父の死後に家督を相続し、1490年に17歳で将軍職に就きました。しかし、義明の将軍就任には多くの反対があり、特に山内上杉顕定は「幼弱にして世事に暗し」として義明の将軍就任に反対しました。

-義明の将軍就任と政治-

義明が将軍に就任した当時は、幕府の権威は弱体化しており、地方では守護大名による私闘が絶えませんでした。義明は、幕府の権威を回復するために、守護大名に厳格な統制を加えようとしました。しかし、義明の政策は守護大名の反発を招き、1493年に細川政元・畠山基国らによる明応の政変が起こりました。

明応の政変により、義明は将軍職を追われ、代わりに兄の義澄が将軍に就任しました。義明は、将軍職を追われた後も細川政元らと対立し、1496年に京から追放されました。

-義明の流浪と最期-

義明は、京を追放された後、各地を流浪しました。1503年には、阿波国で細川政元と戦いましたが、敗れて降伏しました。義明は、降伏後も政元の監視下に置かれ、1507年に淡路島で自害しました。義明の死により、足利将軍家は断絶の危機に陥りましたが、1508年に義明の弟である足利義稙が将軍に就任し、足利将軍家は存続しました。

-義明の評価-

義明は、室町幕府の将軍としては短命でしたが、その生涯は波乱に満ちていました。義明は、幕府の権威を回復するために努力しましたが、守護大名の反発を招いて失敗し、最終的には自害して果てました。義明は、室町幕府の衰退を象徴する将軍として知られています。

僧として、そして武将として

僧として、そして武将として

室町-戦国時代の武将、足利義明

 僧として、そして武将として

 室町時代後期から戦国時代にかけて、足利義明という武将がいた。彼は、室町幕府10代将軍足利義稙の弟として生まれ、兄の死後、11代将軍に就任した。しかし、在位わずか3年で将軍職を追われ、僧侶として出家した。その後、再び俗世に戻り、武将として活躍した。

 義明は、兄の義稙が将軍に就任したとき、管領としてその補佐役を務めた。しかし、義稙は管領畠山政長と対立し、将軍職を追われた。義明は、兄を助けて政長と戦ったが、敗れて出家した。

 出家後、義明は、奈良の興福寺に入り、僧侶として過ごした。しかし、戦国時代の混乱の中で、義明は再び俗世に戻り、武将として活躍した。

 義明は、まず、近江の国で挙兵し、六角定頼を破って近江を平定した。その後、京都に進軍し、将軍足利義晴を擁立した。義晴は、義明を管領に任命し、義明は幕府の実権を握った。

 しかし、義明は、まもなく六角定頼と再び交戦し、敗れて近江を追われた。その後、義明は、備後国に逃れ、そこで自害した。

 義明は、室町幕府最後の有力な将軍であり、武将としても活躍した人物である。彼は、戦国時代の混乱の中で、幕府の権威を維持するために努力したが、結局は敗れてしまった。しかし、義明の功績は、室町幕府の歴史の中で重要なものとして記憶されている。

足利晴氏との対立と最期

足利晴氏との対立と最期

-足利晴氏との対立と最期-

室町幕府4代将軍の足利義持の弟である足利義明は、兄の没後、将軍職を継いだ甥の足利義教と対立し、1438年に挙兵する。しかし、義教の軍勢に敗れ、出家して京都を追われた。

その後、義明は関東で勢力を回復し、1441年に再び挙兵する。このとき、義明は古河公方を名乗り、幕府軍と激戦を繰り広げた。しかし、1449年に幕府軍に敗れ、自害した。

義明の死後、古河公方は残党によって擁立され、室町幕府と対立を続けた。古河公方は、戦国時代を通じて存続し、1590年の豊臣秀吉による小田原征伐によって滅亡した。

足利義明は、室町幕府の分裂と戦国時代の到来に大きな役割を果たした武将である。義明の挙兵は、幕府の権威を低下させ、諸大名の自立を招いた。また、古河公方の成立は、室町幕府と対立する勢力の拠点となり、戦国時代の争乱の火種となった。

義明の最期は、室町幕府の分裂と戦国時代の到来を象徴する出来事である。義明の死によって、室町幕府は完全に分裂し、戦国時代の争乱の時代が始まった。

タイトルとURLをコピーしました