足利義昭 – 室町時代の僧

足利義昭 – 室町時代の僧

足利義昭の生涯

足利義昭の生涯

-足利義昭の生涯-

足利義昭(あしかが よしあき、1537年4月17日 – 1597年10月17日)は、室町時代の人物で、室町幕府第15代将軍。第14代将軍・足利義輝の弟。幼名は菊丸。

1537年、第12代将軍・足利義晴の次男として近江国大津で生まれる。母は正室の慶寿院・藤原殖子。父の義晴は、第10代将軍・足利義稙の弟であり、第11代将軍・足利義澄の従兄弟にあたる。

1546年、兄の義輝が第14代将軍に就任。義昭は、1558年に従五位下侍従に叙任され、1560年に左兵衛佐に任命された。

1565年、将軍の義輝が三好三人衆によって殺害された。義昭は、三好三人衆に擁立されて第15代将軍に就任した。しかし、三好三人衆は義昭を傀儡として操り、政権を握った。

1568年、義昭は三好三人衆に反抗し、挙兵した。義昭は、織田信長の援軍を得て、三好三人衆を破り、京都を奪還した。

1573年、義昭は信長と対立し、京都を追放された。義昭は、毛利輝元を頼って備後国に逃亡した。

1577年、義昭は信長と和解し、京都に戻った。しかし、義昭は信長の権勢を恐れて、再び京都を脱出し、紀伊国に逃亡した。

1582年、信長が本能寺の変で自害。義昭は、京都に戻って将軍に復職した。しかし、豊臣秀吉の台頭により、義昭は再び京都を追放された。

1597年、義昭は京都で死去。享年61。

義昭は、室町幕府の最後の将軍となった。義昭の死により、室町幕府は滅亡した。

応永の乱

応永の乱

– 応永の乱

1399年、室町幕府3代将軍足利義満が死去すると、その子である足利義持が4代将軍に就任しました。しかし、義持は若く、経験も浅かったため、幕府内で権力を握ろうとする勢力が台頭しました。その代表格が、幕府の重臣である斯波義将と畠山基国でした。

義将と基国は、1401年に挙兵し、幕府軍と戦いました。これが応永の乱です。応永の乱は、1年近く続きましたが、最終的には幕府軍が勝利し、義将と基国は敗北しました。

応永の乱は、室町幕府にとって大きな打撃となりました。幕府は、多くの家臣を失い、権威が低下しました。また、応永の乱は、室町幕府内部の対立を激化させ、幕府の衰退を招くことになりました。

応永の乱は、室町時代の重要な事件の一つです。応永の乱は、室町幕府の衰退を招き、戦国時代の到来を早めることになりました。

嘉吉の乱

嘉吉の乱

-嘉吉の乱-

嘉吉の乱は、1441年に室町幕府の6代将軍・足利義教によって起こされたクーデターである。この乱によって、鎌倉公方の足利持氏とその一族が滅亡し、室町幕府の権威が確立された。

乱の原因は、鎌倉公方と室町幕府との権力争いであった。鎌倉公方は、室町幕府の将軍より年長で、将軍の輔弼役とされていたが、次第に室町幕府に反抗的な動きを見せるようになった。

1438年、鎌倉公方の足利持氏は、上杉憲実らと結託して、室町幕府に反旗を翻した。これに対し、室町幕府は、細川持之らに命じて、鎌倉を攻撃した。鎌倉公方は、鎌倉を放棄して、下総国古河に逃亡した。

1441年、室町幕府は、鎌倉公方を討伐するために、上杉憲実と和解し、鎌倉公方の討伐を命じた。上杉憲実は、鎌倉公方の古河城を攻撃し、鎌倉公方を自害に追い込んだ。

嘉吉の乱によって、鎌倉公方は滅亡し、室町幕府の権威が確立された。しかし、この乱は、室町幕府の衰退の始まりでもあった。鎌倉公方の滅亡によって、室町幕府は、関東地方での権威を失い、地方の守護大名たちが力を強めていった。

嘉吉の乱は、室町時代の重要な事件であり、室町幕府の衰退の始まりとされている。

タイトルとURLをコピーしました