「足利義秋」(⇒足利義昭(あしかが-よしあき))について

「足利義秋」(⇒足利義昭(あしかが-よしあき))について

足利義秋とは誰か

足利義秋とは誰か

足利義秋とは誰か

足利義秋とは、足利将軍家の15代将軍である足利義昭のことです。彼は、天文22年(1553年)に京都で生まれました。父は13代将軍足利義輝、母は近衛尚通の娘である香淳院です。幼名は菊童丸。

義秋は、永禄11年(1568年)に室町幕府14代将軍足利義栄が織田信長によって追放された後、将軍に就任しました。しかし、義秋は将軍としての実権はなく、信長の傀儡政権として利用されました。

元亀2年(1571年)に信長が上洛すると、義秋は京都を追放され、近江に逃れました。その後、義秋は信長と何度か和睦しましたが、いずれも破綻しました。

天正5年(1577年)に信長が本能寺の変で横死すると、義秋は京都に帰還して将軍に復職しました。しかし、義秋は依然として実権はなく、羽柴秀吉の傀儡政権として利用されました。

天正10年(1582年)に山崎の戦いで秀吉に敗れた義秋は、播磨に逃れました。その後、義秋は九州に渡り、島津氏の庇護を受けました。

天正15年(1587年)に秀吉が九州を平定すると、義秋は秀吉に降伏しました。義秋は、その後、京都で隠居生活を送りました。

慶長4年(1599年)に義秋は死去しました。享年46。

足利義秋が足利義昭に改名した理由

足利義秋が足利義昭に改名した理由

-足利義秋が足利義昭に改名した理由-

足利義秋は、室町幕府15代将軍足利義藤の嫡男として誕生しました。1558年に父が亡くなると、12歳で将軍職を継承しました。しかし、足利義秋は幼少の頃からの流浪生活が長かったため、将軍としての経験は浅く、政務にも疎かったといわれています。

そのため、足利義秋は権臣の細川晴元や三好長慶に操られる形となり、将軍としての権威は失墜していきました。1565年に三好長慶が上洛すると、足利義秋は京都を追われ、近江に逃亡しました。

1568年、織田信長が上洛すると、足利義秋は信長の支援を受けて京都に復帰しました。しかし、信長は足利義秋を将軍として認めていなかったため、足利義秋は将軍職を辞任しました。

1573年、足利義秋は信長の勧めで、名を「義昭」に改めました。改名理由は明らかになっていませんが、信長の意向に沿ったものであると考えられています。

足利義昭は、改名後も信長の支援を受けながら、京都で暮らし続けました。しかし、1582年に本能寺の変が起こると、信長が亡くなったことを知った足利義昭は、京都を逃亡して備後国に逃れました。

1588年、足利義昭は備後国で死去しました。享年42歳でした。

足利義昭の生涯

足利義昭の生涯

-足利義昭の生涯-

足利義昭は、室町幕府第15代将軍である。1537年に京都で生まれ、1549年に将軍に就任した。1568年に織田信長に上洛を勧められ、京都に帰還した。1573年に信長に京都を追われ、近江に逃れた。その後、1582年に信長が本能寺の変で横死すると、京都に帰還して将軍に復職した。しかし、1587年に豊臣秀吉に京都を追われ、1596年に京都で死去した。

-足利義昭の功績-

足利義昭は、室町幕府の権威を回復し、戦国大名を統制した。また、織田信長と同盟し、信長の天下統一に貢献した。

-足利義昭の評価-

足利義昭は、室町幕府を再興した功績を称賛される一方、戦国大名との関係をうまく処理できず、幕府の権威を回復できなかったことを批判される。また、織田信長に頼りすぎたことを批判されることもある。

-足利義昭の死-

足利義昭は、1596年に京都で死去した。享年60。死因は不明であるが、病死または暗殺されたという説がある。

タイトルとURLをコピーしました