足利義量 – 室町幕府5代将軍

足利義量 – 室町幕府5代将軍

足利義量とは

足利義量とは

-足利義量とは-

足利義量(あしかが よしかず、1407年 – 1425年)は、室町幕府の第5代将軍(在職1423年 – 1425年)。父は第3代将軍・足利義満、母は藤原栄子。本名は義熙(よしひろ)。

足利義量は、1407年に第3代将軍・足利義満の嫡男として誕生した。幼名は鶴王丸。1423年、義満の死後に17歳で第5代将軍に就任した。

義量は、将軍職を継いだ後、管領である畠山満家と協力して幕政を運営した。しかし、義量は病弱で、将軍職に就任してからわずか2年後の1425年に死去した。

義量には子がなく、義満の次男である足利義持が第6代将軍に就任した。

足利義量の生涯

足利義量の生涯

– 足利義量の生涯

足利義量は、室町幕府の5代将軍です。1436年に誕生し、1454年に将軍職を継承しました。義量は、幼少期から聡明で知られ、将軍職を継承してからも、精力的に政治に取り組みました。

義量の治世は、室町幕府の衰退期に当たります。幕府の権威は弱体化し、守護大名や国人が自立の動きを強めていました。また、応仁の乱などの内乱が相次ぎ、社会は混乱していました。

このような状況の中で、義量は幕府の権威回復を目指し、諸大名との関係強化や政治改革に取り組みました。しかし、義量の努力にもかかわらず、幕府の衰退に歯止めをかけることはできませんでした。

義量は、1473年に病死し、享年38でした。義量の死後、室町幕府はさらに衰退し、1573年に滅亡しました。

義量は、室町幕府の衰退期を支えた将軍でしたが、その努力にもかかわらず、幕府の滅亡を防ぐことはできませんでした。義量は、室町幕府の最後の将軍として、歴史に名を残しています。

足利義量と室町幕府

足利義量と室町幕府

-足利義量と室町幕府-

足利義量(あしかが よしみ)は、室町幕府5代将軍です。1439年に生まれ、1449年に将軍職を継ぎました。

義量は将軍職を継ぐ前、相模国に滞在することが多く、相模国の守護大名である上杉憲実や扇谷持氏と親しく交流していました。また、義量は和歌や蹴鞠にも通じており、文化人としても知られていました。

将軍職を継いだ後、義量は室町幕府の安定に努めました。義量は幕府の財政を立て直すために、税制の改革や流通の整備を行いました。また、義量は幕府の権威を高めるために、諸大名に対して従順を誓わせました。

しかし、義量は将軍職を継いだ直後から、室町幕府の衰退に直面しました。室町幕府は、足利義満の死後、有力守護大名の力が強まり、幕府の権威が低下しつつありました。また、室町幕府は、明との貿易が途絶え、財政難に陥っていました。

義量は室町幕府の衰退を阻止するために、諸大名を抑え、幕府の財政を立て直すことに努めましたが、その努力は実を結びませんでした。1450年に義量は将軍職を辞任し、翌1451年に亡くなりました。

義量の死後、室町幕府はさらに衰退し、応仁の乱へとつながっていきます。

タイトルとURLをコピーしました