足利義勝 – 第7代室町幕府将軍

足利義勝 – 第7代室町幕府将軍

足利義勝の生涯

足利義勝の生涯

-足利義勝の生涯-

足利義勝は、1508年に第10代室町幕府将軍足利義稙の次男として誕生しました。幼名は菊寿丸。1521年に父義稙が将軍を辞任すると、14歳で第11代将軍に就任しました。

義勝は、将軍就任直後から細川高国、細川晴元ら有力守護大名と対立します。1528年には、高国に京都を追われ、近江に逃亡しました。翌1529年に高国が死去すると、京都に戻り将軍職に復帰しました。

しかし、義勝は依然として守護大名との関係が悪化しており、1531年に晴元に京都を追われ、再び近江に逃亡しました。1536年には、晴元に捕らえられ、京都に幽閉されました。

1541年、晴元の養子である細川晴通が将軍に就任すると、義勝は京都から追放され、備後国鞆の浦に流されました。1548年、鞆の浦で病死。享年41歳でした。

義勝の死後、室町幕府は衰退の一途をたどり、1573年に織田信長によって滅亡しました。

義勝は、室町幕府末期の混乱の中で将軍職に就き、数々の困難に直面した悲劇の将軍でした。しかし、義勝は将軍職を全うし、室町幕府の存続に貢献しました。

足利義勝の功績

足利義勝の功績

足利義勝の功績

足利義勝は、第7代室町幕府将軍である。在職期間は1449年から1473年までであった。足利義勝は、室町幕府の衰退を食い止めるために、多くの功績を残した。

1. 守護大名の権力を制限
足利義勝は、守護大名の権力を制限するために、いくつかの政策を実施した。その一つが、守護大名の所領を分割して、守護代を配置することである。これにより、守護大名の勢力を弱め、幕府の権力を強化した。

2. 将軍直轄領の拡大
足利義勝は、将軍直轄領を拡大するために、多くの戦を戦った。その結果、幕府の財政を豊かにし、幕府の権威を高めた。

3. 文化の振興
足利義勝は、文化の振興にも力を入れた。その一つが、京都に学校を設立したことである。これにより、人材の育成を図り、幕府の基盤を固めた。

4. 日明貿易の再開
足利義勝は、日明貿易を再開するために、多くの努力をした。その結果、日明貿易を再開することができ、幕府の財政を豊かにした。

5. 応仁の乱の終結
足利義勝は、応仁の乱を終結させるために、尽力した。応仁の乱は、1467年から1477年まで続いた大乱である。この乱によって、室町幕府は大きな打撃を受けた。しかし、足利義勝の尽力により、応仁の乱は終結し、室町幕府は存続することができた。

以上が、足利義勝の功績である。足利義勝は、室町幕府の衰退を食い止めるために、多くの政策を実施した。その結果、幕府の権力を強化し、室町幕府を存続させることに成功した。

足利義勝の死因

足利義勝の死因

– 足利義勝の死因

足利義勝は、第7代室町幕府将軍です。1489年に将軍職を継いだが、1493年に死去しています。享年23歳でした。

足利義勝の死因については、はっきりとしたことはわかっていません。しかし、有力な説として、暗殺説と病気説があります。

-# 暗殺説

暗殺説は、足利義勝が自分の家臣である細川政元に暗殺されたという説です。細川政元は、足利義勝の叔父であり、室町幕府の管領を務めていました。

暗殺説の根拠として、以下のようなことが挙げられます。

* 足利義勝は、暗殺される前日に、細川政元と口論になったと伝えられている。
* 足利義勝は、暗殺される直前に、細川政元の屋敷に招かれていた。
* 足利義勝は、暗殺される直前に、体調が悪くなっていた。

-# 病気説

病気説は、足利義勝が病気で亡くなったという説です。足利義勝は、幼い頃から健康が弱かったと伝えられている。

病気説の根拠として、以下のようなことが挙げられます。

* 足利義勝は、暗殺される直前に、体調が悪くなっていた。
* 足利義勝は、暗殺される直前に、医者を呼んでいた。
* 足利義勝は、暗殺される直前に、遺言を残していた。

足利義勝の死因については、現在でもはっきりとしたことはわかっていません。

タイトルとURLをコピーしました