「大久米命」について

「大久米命」について

「古事記」における大久米命

「古事記」における大久米命

-「古事記」における大久米命-

「古事記」において、大久米命は「火之迦具土神」を斬殺した「建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)」の子神として登場します。大久米命は、火之迦具土神を斬殺した際に飛び散った血から生まれたとされており、そのことから、「血別(ちわけ)の神」とも呼ばれています。

大久米命は、火之迦具土神を斬殺した後、その血で「天之麻迦古弓(あめのかまこゆみ)」と「天之麻迦古矢(あめのかまこや)」を作ります。そして、この弓矢を使って、国津神を討伐していきます。

大久米命は、また、地上に稲作を伝えた神としても知られています。大久米命は、天上から稲の種を持ち帰り、地上に稲作を教えました。このことから、大久米命は「農耕神」とも呼ばれています。

大久米命は、古事記において、重要な役割を果たす神です。大久米命は、火之迦具土神を斬殺し、国津神を討伐し、稲作を伝えた神として、人々の生活に大きな貢献をしています。

「日本書紀」における大来目

「日本書紀」における大来目

-「日本書紀」における大来目-

-大来目-は、日本神話に登場する神であり、大久米命の別名です。大久米命は、天照大神の孫であり、瓊瓊杵尊の父とされています。

-「日本書紀」-では、大来目は、瓊瓊杵尊が天孫降臨する際に、天照大神から授けられた三種の神器の一つである八尺瓊勾玉を携えて地上に降りました。また、大来目は、瓊瓊杵尊が日向国の高千穂に宮殿を築いたときに、その宮殿の屋根を葺くために、萱を刈り取って運んできたとされています。

大来目は、瓊瓊杵尊の死後、その跡を継いで皇位に就きました。大来目は、50年間在位し、その間に、多くの功績を上げました。大来目は、農業を奨励し、治水事業を行い、国土を拡大しました。また、大来目は、外交政策にも力を入れ、中国や朝鮮との友好関係を深めました。

大来目は、仁徳天皇の父であり、日本の皇室の祖先とされています。大来目は、日本神話において重要な役割を果たした神であり、その功績は、今日でも語り継がれています。

阿倍氏とのかかわり

阿倍氏とのかかわり

-阿倍氏とのかかわり-

大久米命は、阿倍氏と密接な関係を持っていました。阿倍氏は、古代日本の豪族であり、大和朝廷の成立に重要な役割を果たしました。大久米命は、阿倍氏の祖先神であり、阿倍氏の繁栄に大きく貢献したとされています。

大久米命は、阿倍氏の祖先である阿倍比羅夫の父であり、阿倍比羅夫は、大和朝廷の有力な武将であり、蘇我氏と激しく争いました。大久米命は、阿倍比羅夫を支え、蘇我氏を滅ぼすことに成功しました。

大久米命は、阿倍氏の氏神としても祀られており、阿倍氏の繁栄を祈るために、毎年祭祀が行われていました。大久米命は、阿倍氏にとって、非常に重要な神であり、阿倍氏の歴史と文化に深く関わっていました。

平安時代になると、阿倍氏は衰退し、大久米命を祀る祭祀も廃れてしまいました。しかし、江戸時代になると、阿部氏が再興し、大久米命を祀る祭祀も復活しました。現在でも、大久米命は、阿部氏の子孫によって祀られており、阿部氏の歴史と文化を伝える重要な神となっています。

タイトルとURLをコピーしました