– 足利義高(⇒足利義澄(あしかが-よしずみ))

– 足利義高(⇒足利義澄(あしかが-よしずみ))

足利義高の生涯

足利義高の生涯

足利義高の生涯

足利義高は、室町幕府12代将軍である足利義晴の次男として、大永6年(1526年)に京都で誕生しました。幼名は菊寿丸(きくじゅまる)で、15歳になると元服して義高と名乗りました。

義高は、兄の足利義輝(よしてる)が永禄8年(1565年)に三好三人衆に殺害されると、15歳で13代将軍に就任しました。しかし、義高は将軍としての実権はなく、三好三人衆の傀儡(かいらい)にすぎませんでした。

永禄11年(1568年)、織田信長が上洛すると、義高は信長に接近して三好三人衆との対決姿勢を強めました。しかし、信長の進撃が遅れると、義高は三好三人衆に寝返って信長と敵対しました。

元亀元年(1570年)、信長は再び上洛して義高を京都から追放し、義高は河内国(現在の大阪府東部)に逃亡しました。その後、義高は信長と和睦しましたが、天正元年(1573年)に再び信長と敵対して河内国で挙兵しました。しかし、信長の軍勢に敗れて捕らえられ、天正2年(1574年)に京都で自害しました。

享年49。義高は、将軍在位6年でしたが、実権はなく、三好三人衆や織田信長の傀儡にすぎませんでした。また、義高は将軍としての実績もありませんでした。

足利義高と足利義澄の関係

足利義高と足利義澄の関係

-足利義高と足利義澄の関係-

足利義高(1434-1489)と足利義澄(1480-1511)は、室町幕府の8代将軍と9代将軍です。義高は義澄の祖父であり、二人は複雑な関係を持っていました。

義高は、室町幕府の7代将軍足利義勝の子として生まれました。義勝は、1441年に嘉吉の乱で暗殺され、義高が将軍となりました。しかし、義高は若く経験が浅く、幕府は弱体化しました。

一方、義澄は、義高の嫡男足利義政の子として生まれました。義政は、1464年に応仁の乱を起こしましたが、1473年に和睦し、義澄が将軍となりました。義澄は、義高よりはるかに経験豊富で、幕府を立て直しました。

しかし、義澄と義高の関係は良好ではありませんでした。義高は、義澄が将軍になることを望んでおらず、義澄もまた、義高を疎ましく思っていました。

1489年、義高は死去し、義澄が正式に将軍となりました。しかし、義澄は、1508年に細川政元によって京都から追放され、義高の子である足利義稙が将軍となりました。義澄は、1511年に京都に戻りましたが、その翌年に死去しました。

義高と義澄の関係は、室町幕府の衰退の一因となりました。二人は、互いに協力して幕府を立て直すべきでしたが、そうしませんでした。その結果、幕府は弱体化し、戦乱が続きました。

足利義高の功績

足利義高の功績

– 足利義高の功績

足利義高は、室町幕府9代将軍足利義尚の弟である。兄の死後、10代将軍に就任したが、在位僅か2年で死去した。

義高の功績は、主に以下の2点である。

* -明との勘合貿易の再開-

明との勘合貿易は、室町幕府が明との交易を行うために発給した許可証である。この許可証は、中国側の確認を得るために「勘合符」という木札を2つに分けて、それぞれが1つずつ所持することで有効とされた。

勘合貿易は、室町幕府にとって重要な財源であり、また、中国から最新の文化や技術を輸入するための重要なルートであった。しかし、応仁の乱後、勘合貿易は中断され、室町幕府の財政は悪化した。

義高は、勘合貿易の再開に尽力し、明との交渉の結果、1507年(永正4年)に勘合貿易が再開された。これにより、室町幕府の財政は改善され、また、中国から最新の文化や技術が輸入されるようになった。

* -足利将軍家の統一-

義高は、足利将軍家の統一にも尽力した。応仁の乱後、足利将軍家は細川氏や山名氏などの有力守護大名に分割され、将軍の権力は衰えていた。

義高は、これらの守護大名と交渉を行い、足利将軍家の統一を図った。その結果、足利将軍家の権力は回復し、室町幕府の安定がもたらされた。

しかし、義高の死後、足利将軍家は再び分裂し、室町幕府は衰退していった。

タイトルとURLをコピーしました