「義昭」(⇒足利義昭)

「義昭」(⇒足利義昭)

足利義昭の生涯

足利義昭の生涯

-足利義昭の生涯-

足利義昭は、室町幕府の15代将軍です。1537年に京都で生まれ、父は足利義晴、母は近衛尚通の娘・慶寿院殿です。幼名は菊亭晴君。

1546年、父・義晴が三好長慶に京都を追われ、近江国に亡命したため、義昭も近江に逃れました。1558年、長慶が死去すると、義昭は京都に帰還し、1565年に将軍に就任しました。

しかし、義昭は将軍就任後も三好氏の勢力に悩まされ、1568年に織田信長に上洛を要請しました。信長は上洛に応じ、三好氏を滅ぼして義昭を京都に迎え入れました。

1573年、信長は室町幕府を滅亡させ、義昭は京都を追放されました。義昭は九州に逃れ、大友宗麟や島津義久を頼りながら各地を転々とし、1597年に京都で死去しました。

-足利義昭の人物像-

足利義昭は、温厚で慈悲深い人物だったと言われています。しかし、将軍としては決断力に欠け、信長に頼りすぎる傾向があったため、幕府を滅亡させる一因となってしまいました。

義昭は、和歌や連歌に優れており、多くの作品を残しています。また、茶の湯にも造詣が深く、信長や千利休と親交を深めました。

足利義昭の功績

足利義昭の功績

– 足利義昭の功績

足利義昭は、室町幕府第15代将軍です。1565年に将軍に就任し、1573年まで在職しました。義昭は、織田信長と同盟を結び、信長の支援を受けて上洛を果たしました。信長は、義昭を奉じて室町幕府を再興し、天下統一を目指しました。

義昭は、信長とともに、甲斐武田氏、越後上杉氏、本願寺などの反信長勢力と戦いました。義昭は、信長の支援を受けて、これらの勢力を次々と破り、信長の天下統一を助けています。

また、義昭は、信長の支援を受けて、朝廷との関係を強化しました。義昭は、朝廷から「征夷大将軍」の称号を授かり、室町幕府の権威を回復しました。さらに、義昭は、信長の支援を受けて、全国の諸大名に朱印状を発給し、信長の天下統一を承認させました。

しかし、義昭は、信長との関係が悪化して、1573年に信長に追放されました。義昭は、追放された後は、各地を転々とし、1597年に京都で死去しました。

このように、義昭は、信長とともに、室町幕府を再興し、天下統一を目指しました。義昭は、信長の支援を受けて、反信長勢力を次々と破り、信長の天下統一を助けています。また、義昭は、信長の支援を受けて、朝廷との関係を強化し、室町幕府の権威を回復しました。

足利義昭の逸話

足利義昭の逸話

-足利義昭の逸話-

-将軍となる-

足利義昭は、永禄3年(1560年)、足利義輝の弟として京で生まれた。義輝が永禄8年(1565年)に三好三人衆によって暗殺されると、義昭は将軍の座を継いだ。しかし、義昭は弱く、三好三人衆の傀儡にされた。永禄11年(1568年)、織田信長が上洛すると、義昭は信長を頼り、三好三人衆を追放した。

-信長との関係-

義昭は信長を頼り、将軍の権威を回復したが、信長は義昭を軽視し、次第に両者の関係は悪化した。天正2年(1574年)、信長は義昭を京都から追放し、義昭は毛利氏を頼った。天正3年(1575年)、信長は毛利氏を破り、義昭は信長に降伏した。

-幽閉と死-

義昭は信長に降伏した後、京都に幽閉された。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が死去すると、義昭は京都を脱出し、毛利氏を頼った。しかし、義昭は毛利氏に捕らえられ、天正13年(1585年)に幽閉先の因幡で自害した。

-義昭の逸話-

義昭は、将軍としては弱く、信長に軽視されてしまったが、その生涯にはいくつかの逸話が残されている。

・義昭は、幼い頃から笛が上手で、笛の名手として知られていた。
・義昭は、相撲が大好きで、よく相撲を取っていた。ある時、義昭は信長と相撲を取ることになったが、信長は義昭に勝つことができなかった。
・義昭は、酒を飲むのが大好きで、よく酔いつぶれていた。ある時、義昭は酔っぱらって、信長の馬に乗ってしまった。信長は怒って、義昭を叱った。

義昭は、弱く、信長に軽視されてしまったが、その生涯にはいくつかの逸話が残されている。義昭の逸話は、義昭の人柄や性格を垣間見ることができる貴重な資料である。

タイトルとURLをコピーしました