足利義煕(あしかが-よしひろ)

足利義煕(あしかが-よしひろ)

足利義煕とその時代

足利義煕とその時代

-足利義煕とその時代-

足利義煕(1511-1550)は、室町幕府の第12代将軍です。在職期間は1521年から1546年まででした。義煕の時代は、幕府の権威が衰退し、戦国大名の台頭が目立つ時代でした。

義煕は、足利義晴の嫡男として生まれ、1521年に将軍を継ぎました。しかし、義煕は将軍としての実権を握ることができず、実権は管領の細川高国が握っていました。高国は、義煕の将軍としての権威を弱めるために、義煕の弟である足利義澄を擁立して将軍の座を争わせました。

義澄は、高国の支援を受けて、1522年に将軍を名乗りました。義煕は、高国と義澄の連合軍に敗れて、京都を追放されました。義煕は、近江国に逃れて、義澄の追討軍と戦いました。しかし、義煕は敗北し、1523年に降伏しました。

義煕は、降伏した後、京都に返還されました。しかし、義煕は将軍の権威を回復することができず、実権は引き続き高国が握っていました。義煕は、1546年に高国が死去するまで、将軍として在職しました。

義煕の時代は、幕府の権威が衰退し、戦国大名の台頭が目立つ時代でした。戦国大名は、幕府の支配から離れて、独自の領国を形成し、互いに争っていました。幕府は、戦国大名の争いを鎮圧することができず、実権を戦国大名に奪われることになりました。

義煕は、幕府の衰退を食い止めることができず、戦国大名の台頭を許してしまいました。義煕の将軍としての在職期間は、室町幕府の衰退を象徴する時代でした。

足利義煕の生涯

足利義煕の生涯

足利義煕の生涯

足利義煕(あしかが-よしひろ)は、室町幕府の第11代将軍である。1511年、10代将軍・足利義澄の長男として生まれ、1521年に父が細川高国により廃位された後、跡を継いだ。しかし、高国は義煕を傀儡として扱い、実権を握っていた。1527年、高国は義煕を廃位し、義澄を復位させた。義煕は近江に逃亡したが、1536年に高国が暗殺された後、再び上洛して将軍に復帰した。しかし、その後も細川氏と対立を続け、1546年に細川晴元により京都を追われた。義煕は播磨に逃亡したが、1550年に晴元が没した後に京都に戻り、将軍に復帰した。しかし、1558年に三好長慶により京都を追われ、近江に逃亡した。義煕は1565年に死去した。享年55。

義煕の生涯は、室町幕府の衰退期と重なる。義煕は、細川氏や三好氏などの有力守護大名に翻弄され、将軍としての権威を失墜させた。義煕の死後、室町幕府はさらに衰退し、1573年に織田信長によって滅亡した。

義煕は、不幸な将軍であった。しかし、義煕は室町幕府の衰退期に将軍として君臨し、その時代を象徴する人物である。

足利義煕の功績

足利義煕の功績

-足利義煕の功績-

足利義煕は、室町幕府11代将軍。在位期間は1521年から1546年まで。

足利義稙の次男として生まれ、1521年に兄の足利義晴が廃位された後、将軍に就任した。

義煕は、将軍就任後、幕府の再建に努めた。

まず、幕府の権威を高めるために、京都に新しい御所を建設した。

また、幕府の財政を強化するために、年貢の徴収を強化した。

さらに、幕府の軍備を充実させるために、兵制を改革した。

義煕のこれらの政策により、幕府の権威は一時的に高まった。

しかし、義煕は、将軍就任後、すぐに細川高国と対立することになる。

高国は、義煕の政策に不満を持ち、1528年に義煕を廃位して、足利義晴を将軍に返り咲かせた。

義煕は、高国に敗れた後、近江に逃亡した。

その後、義煕は、高国と和睦し、京都に帰還した。

しかし、義煕は、高国の監視下に置かれ、将軍としての権力はほとんどなかった。

義煕は、1546年に死去した。享年46。

義煕は、幕府の再建に努めたが、高国との対立により、その政策を実行することができなかった。

しかし、義煕の政策は、後の将軍である足利義輝によって受け継がれ、幕府の権威は一時的に回復した。

タイトルとURLをコピーしました