「岸良兼養」

「岸良兼養」

岸良兼養の生涯

岸良兼養の生涯

-岸良兼養の生涯-

岸良兼養は、戦国時代の薩摩国の武将である。島津義久の重臣として活躍し、九州平定に貢献した。

兼養は、天文10年(1541年)、薩摩国の島津義久の家臣である岸良久武の子として生まれた。兼養は、幼い頃から文武両道に秀で、早くから頭角を現した。

元亀2年(1571年)、九州に上陸した大友宗麟の軍勢と島津義久が激突した木崎原の戦いで、兼養は初陣を飾り、功績を挙げた。

天正10年(1582年)、島津義久が九州を平定すると、兼養は薩摩国の国主に任じられた。兼養は、国政に励み、領内の治安維持や産業の発展に努めた。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで島津義久が西軍に属したため、兼養も西軍に属した。しかし、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、兼養は島津義久と共に薩摩国に帰還した。

慶長16年(1611年)、兼養は死去した。享年71。兼養は、島津義久の重臣として活躍し、九州平定に貢献した名将であった。

-兼養の功績-

兼養は、島津義久の重臣として活躍し、九州平定に貢献した。兼養の功績は、以下の通りである。

* 木崎原の戦いで初陣を飾り、功績を挙げた。
* 島津義久が九州を平定すると、薩摩国の国主に任じられた。
* 国政に励み、領内の治安維持や産業の発展に努めた。

兼養は、島津義久の信頼が厚く、九州平定に大きく貢献した名将であった。

岸良兼養の功績

岸良兼養の功績

岸良兼養の功績

岸良兼養は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将・歌人です。常陸国(現在の茨城県)の豪族である岸良氏の出身で、若い頃から武勇に優れ、源頼朝の挙兵に参加して活躍しました。頼朝の信任を得て、常陸国の守護に任命され、源氏政権の安定に貢献しました。

兼養の功績として最も有名なのが、源義経の追討です。義経は、頼朝の弟でありながら、頼朝と対立して挙兵しました。兼養は、頼朝の命を受けて、義経を追討し、義経を自害に追い込みました。この功績により、兼養は頼朝の信頼をさらに高め、常陸国の守護としての地位を固めました。

兼養は、武勇だけでなく、歌人としても活躍しました。彼は、多くの和歌を残しており、その歌は『梁塵秘抄』などの歌集に収録されています。兼養の歌は、自然を愛する心情や、戦乱の世を嘆く心情を詠んだものが多いです。

兼養は、1213年に亡くなりました。享年57歳でした。兼養の死後、常陸国の守護は、兼養の子孫が継承しました。兼養は、常陸国の守護として、源氏政権の安定と、常陸国の治安に貢献した名将として知られています。

岸良兼養の人物像

岸良兼養の人物像

岸良兼養の人物像

岸良兼養は、鎌倉時代初期の武士・御家人である。源平合戦では、平氏方に属して源氏と戦った。しかし、壇ノ浦の戦いで平氏が滅亡すると、源頼朝に降伏して御家人となった。

兼養は、頼朝の信頼を得て、多くの合戦で功を挙げた。文治5年(1189年)の奥州合戦では、頼朝軍の総大将として、奥州藤原氏を滅ぼした。建久7年(1196年)の曽我兄弟の仇討ち事件では、頼朝の命を受けて、曽我兄弟を討ち果たした。

兼養は、武勇に優れているだけでなく、和歌や書にも通じた文武両道の武将であった。また、頼朝の発給した御教書に連署するなど、頼朝の側近としても活躍した。

兼養は、建久10年(1199年)に頼朝が死去すると、頼家と実朝という2代にわたって鎌倉幕府に仕えた。建永2年(1207年)に死去した。

兼養は、鎌倉幕府の草創期に活躍した武将として知られており、その武勇や文才は多くの物語や軍記物に取り上げられている。

タイトルとURLをコピーしました