人名辞典-「温明殿女御」(⇒源厳子(みなもとの-げんし)⇒源貞子(みなもとの-ていし)(1))

人名辞典-「温明殿女御」(⇒源厳子(みなもとの-げんし)⇒源貞子(みなもとの-ていし)(1))

温明殿女御の生涯

温明殿女御の生涯

温明殿女御の生涯

温明殿女御は、平安時代中期の女性で、一条天皇の中宮・藤原定子の女御として仕えました。源氏の出身とされ、源厳子または源貞子とも呼ばれています。

温明殿女御の生年は不詳ですが、渡会氏(わたらいし)の娘として生まれ、若い頃に一条天皇の寵愛を受けました。長徳2年(996年)に女御となり、一条天皇との間に1男4女をもうけました。子どもたちのうち、敦康親王は早世しましたが、章子内親王は三条天皇の中宮となり、馨子内親王は後一条天皇の中宮となり、降子内親王は後朱雀天皇の中宮となりました。

温明殿女御は、一条天皇の寵愛を受け、女御として権勢を振るいました。しかし、一条天皇が崩御した後、彼女は藤原道長によって中宮職を解かれ、出家して尼となりました。出家後は、法性寺に住み、寛弘元年(1004年)に30歳前後で亡くなりました。

温明殿女御は、一条天皇の寵愛を受け、女御として権勢を振るった女性でしたが、一条天皇の崩御後は藤原道長によって中宮職を解かれ、出家して尼となりました。出家後は、法性寺に住み、寛弘元年(1004年)に30歳前後で亡くなりました。

温明殿女御は、一条天皇の寵愛を受け、女御として権勢を振るった女性でしたが、一条天皇の崩御後は藤原道長によって中宮職を解かれ、出家して尼となりました。出家後は、法性寺に住み、寛弘元年(1004年)に30歳前後で亡くなりました。

温明殿女御の功績

温明殿女御の功績

温明殿女御の功績

温明殿女御は、平安時代中期に活躍した女性です。彼女は、権力者藤原道長の娘として生まれ、後に一条天皇の中宮となりました。温明殿女御は、天皇に寵愛され、多くの皇子皇女を産みました。また、政治にも影響力を持ち、朝廷の重要な決定に関与しました。

温明殿女御の最も有名な功績は、法成寺の創建です。法成寺は、京都市にある天台宗の寺院で、平安時代中期に温明殿女御によって創建されました。法成寺は、当初は温明殿女御の私寺でしたが、後に天皇の祈願所となり、平安時代後期には天台宗の総本山となりました。法成寺は、現在もなお多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

温明殿女御は、法成寺の創建以外にも、多くの功績を残しています。彼女は、京都市にある西本願寺の創建にも関与しています。西本願寺は、浄土真宗の総本山で、日本最大の仏教寺院の一つです。温明殿女御は、また、京都市にある東本願寺の創建にも関与しています。東本願寺は、浄土真宗本願寺派の総本山で、西本願寺と並ぶ日本最大の仏教寺院の一つです。

温明殿女御は、平安時代中期を代表する女性の一人です。彼女は、権力者藤原道長の娘として生まれ、後に一条天皇の中宮となりました。温明殿女御は、天皇に寵愛され、多くの皇子皇女を産みました。また、政治にも影響力を持ち、朝廷の重要な決定に関与しました。温明殿女御は、法成寺の創建をはじめ、多くの功績を残しています。

温明殿女御の墓所

温明殿女御の墓所

温明殿女御の墓所は、京都市東山区にある泉涌寺にある。泉涌寺は、後深草天皇の勅願により、1265年に開山された寺で、歴代天皇や皇族の墓所が多くある。温明殿女御の墓所は、泉涌寺の山の中腹にある。墓所には、大きな五輪塔が建てられていて、その前に石灯籠が並んでいる。五輪塔は、鎌倉時代の様式で、高さは約3メートル。石灯籠は、室町時代の様式で、高さは約1メートル。温明殿女御の墓所は、泉涌寺の中でもひときわ大きな墓所で、その存在感は圧倒的である。

温明殿女御の墓所は、泉涌寺の中でも人気のある観光スポットである。温明殿女御は、悲劇的な人生を送った女性として知られており、その墓所を訪れる人は、彼女の冥福を祈っている。温明殿女御の墓所は、泉涌寺の東門から徒歩約5分の場所にある。

温明殿女御の墓所は、泉涌寺の中でもひときわ大きな墓所で、その存在感は圧倒的である。温明殿女御は、悲劇的な人生を送った女性として知られており、その墓所を訪れる人は、彼女の冥福を祈っている。温明殿女御の墓所は、泉涌寺の東門から徒歩約5分の場所にある。

タイトルとURLをコピーしました