「基真」の生涯と業績

「基真」の生涯と業績

基真の生い立ちと経歴

基真の生い立ちと経歴

-基真の生い立ちと経歴-

基真は、832年(弘仁3年)に、下野国(現在の栃木県)の豪族である下毛野眞人の子として生まれた。幼名は麻呂。父は、坂上田村麻呂の弟であり、桓武天皇の信任が厚かった。母は、坂上田村麻呂の娘であり、基真は坂上田村麻呂の孫にあたる。

基真は、幼い頃から聡明で、弓馬の才に優れていた。15歳のとき、父とともに征夷大将軍として東北地方に出征し、蝦夷を平定した。その後、従五位下右衛士佐に任命され、22歳のときに、征夷大将軍として再び東北地方に出征し、蝦夷を完全に平定した。

28歳のとき、基真は左近衛少将に任命された。その後、右近衛少将、左近衛中将、右近衛中将を歴任し、38歳のときには、左衛門督に任命された。

40歳のとき、基真は、平将門の乱を平定した。将門は、下総国(現在の千葉県)の豪族で、朝廷に反旗を翻して独立した。基真は、将門を討伐するため、軍勢を率いて関東地方に出陣し、将門を破った。

基真は、将門の乱を平定した功績により、従四位下左近衛中将に叙せられた。その後、左近衛大将、右近衛大将を歴任し、45歳のときには、征夷大将軍に任命された。

基真は、征夷大将軍として、東北地方の蝦夷を平定し、平将門の乱を平定し、朝廷に尽くした。基真は、901年(昌泰4年)に、69歳で亡くなった。

基真の功績と権勢

基真の功績と権勢

-基真の功績と権勢-

基真は高麗の忠烈王の治世に活躍した僧侶であり、政治家です。彼は、高麗の仏教界において指導的な役割を果たし、また、高麗と元の関係において重要な役割を果たしました。

基真は、1239年に慶尚南道晋州に生まれました。12歳で出家し、各地を巡歴して仏教を学びました。1266年に高麗の首都である開京に上京し、高麗の仏教界の指導者である国師となりました。

基真は、高麗の仏教界において、禅宗の振興に努めました。また、仏教の教義を広く民衆に伝えるために、仏教の経典を朝鮮語に翻訳する事業を行いました。

基真は、高麗と元の関係においても重要な役割を果たしました。彼は、元の皇帝であるクビライ・ハンと親交を結び、高麗と元の友好関係を築くのに貢献しました。また、彼は、元の皇帝の命を受けて、高麗の仏教界を統一し、高麗の仏教を元の仏教に帰依させました。

基真は、1305年に67歳で亡くなりました。彼は、高麗の仏教界において大きな功績を残した僧侶であり、政治家でした。

基真の失脚とその後

基真の失脚とその後

基真の失脚とその後

基真は720年に玄宗の命で、節度使に任命され、吐蕃に侵攻した。しかし、吐蕃軍に惨敗を喫し、722年に失脚した。その後、辺境に左遷され、742年に84歳で亡くなった。

基真の失脚には、玄宗の政策変更が大きく関係していた。玄宗は当初、吐蕃を討伐することを目指していたが、720年になると、吐蕃との和睦を図るようになった。その結果、基真の侵攻計画は頓挫し、失脚に至った。

基真の失脚は、唐にとって大きな損失であった。基真は、軍事の天才であり、吐蕃を討伐する能力を持っていた。もし、基真が失脚していなければ、唐は吐蕃に勝利し、中央アジアの覇権を握ることができたかもしれない。

基真の失脚は、唐の衰退の始まりを告げる出来事であった。唐は、基真を失ったことで、軍事力が低下し、周辺諸国から侵攻を受けるようになった。そして、8世紀後半に、唐は滅亡した。

基真は、唐の最盛期を支えた名将であった。しかし、玄宗の政策変更により、失脚し、唐の衰退を招いた。基真の生涯は、唐の盛衰を象徴するものであった。

タイトルとURLをコピーしました