希世霊彦-室町時代の五山文学者

希世霊彦-室町時代の五山文学者

五山文学者-希世霊彦

五山文学者-希世霊彦

– 五山文学者-希世霊彦

希世霊彦は、室町時代の五山文学者である。1351年、近江国(現在の滋賀県)に生まれる。本姓は源氏、俗姓は藤原氏。幼名は「彦二郎」。出家後は、希世、または、世霊と号した。

希世霊彦は、12歳の時に、京都の建仁寺で出家した。その後、南禅寺、東福寺、天龍寺、相国寺など、京都の五山を歴訪し、詩文を学び、禅を修めた。

希世霊彦は、詩文に優れ、特に、七言絶句に長けていた。その詩は、清澄で淡雅な作風で知られている。また、希世霊彦は、禅の教えにも通じており、その著作には、禅の思想を説いたものも多い。

希世霊彦は、1412年、62歳で亡くなった。彼の遺体は、京都の建仁寺に葬られた。希世霊彦は、室町時代の五山文学者の中でも、特に優れた人物として知られている。彼の詩文は、現在でも、高く評価されている。

希世霊彦の主な著作には、以下のものがある。

* 『希世霊彦詩集』
* 『希世霊彦語録』
* 『希世霊彦禅林句集』

これらの著作は、希世霊彦の詩文や、禅の思想を学ぶ上で、貴重な資料となっている。

希世霊彦の生涯

希世霊彦の生涯

希世霊彦の生涯

希世霊彦は、室町時代の五山文学者です。1403年に京都に生まれ、1481年に同地で亡くなりました。俗名は藤原氏、法諱は霊彦、字は希世。号は東源、寿巌、仙仏、梅雪、貞蘭などがあります。

霊彦は、1419年に建仁寺の録事となり、ついで1428年に同寺の執事となりました。1434年には、東福寺の住持となり、1440年には建仁寺の住持となりました。その後、再び東福寺の住持となり、1450年に建仁寺の住持に再任されました。

霊彦は、五山文学者として活躍し、多くの詩文を残しました。その詩文は、明代中国の禅僧である雪巌徳謙に影響を受けており、禅の思想を基調としています。また、霊彦は、書道にも優れ、その作品は「希世霊彦墨跡」として知られています。

霊彦は、1481年に建仁寺で亡くなりました。享年79歳でした。霊彦の墓は、建仁寺の長老墓地にあります。

霊彦の詩文は、五山文学の代表的な作品として高く評価されており、現在でも多くの人に読まれています。また、霊彦の書道作品も、その芸術性の高さから珍重されています。

臨済宗-希世霊彦

臨済宗-希世霊彦

– 臨済宗-希世霊彦

希世霊彦は臨済宗の僧で、室町時代の五山文学者の一人です。1389年(康暦元年)に摂津国(現在の兵庫県)に生まれ、1459年(長禄3年)に京都で亡くなりました。

希世霊彦は、幼少期から英才教育を受け、15歳で出家し、臨済宗の僧侶となりました。その後、京都五山の寺院で修行を積み、やがて五山の首座にまで上り詰めました。

希世霊彦は、詩文に優れ、特に和歌に秀でていました。彼は、当時の五山文学者の中でも屈指の歌人として知られ、多くの和歌を残しています。彼の和歌は、情感豊かで、自然や人生を巧みに詠み込んだものが多いです。

希世霊彦はまた、仏教の教えにも精通しており、多くの仏教書を著しています。彼の仏教書は、分かりやすく平易な文体で書かれており、一般の人々にも広く読まれました。

希世霊彦は、臨済宗の僧侶として、また五山文学者として、室町時代の仏教界と文学界に大きな足跡を残した人物です。

タイトルとURLをコピーしました