「大蔵平三」1853-1911

「大蔵平三」1853-1911

嘉永5年12月21日生まれ

嘉永5年12月21日生まれ

-嘉永5年12月21日生まれ-

大蔵平三は、1853年1月4日(嘉永5年12月21日)に、現在の東京都台東区浅草に生まれました。幼名は久之助。父は浅草の御用達呉服店「大蔵屋」の三代目当主であり、平三は四男として生まれました。

平三は幼い頃から聡明で、勉強好きでした。1868年に明治維新が起きると、平三は15歳で上京し、開成学校に入学しました。開成学校は、明治政府が設立した近代的な学校で、平三はそこで英語や数学、物理学などを学びました。

1873年に開成学校を卒業した後、平三は三菱商会に入社しました。三菱商会は、岩崎弥太郎が設立した商社で、平三はそこで主に貿易業務を担当しました。平三は三菱商会で働きながら、経済学や経営学を学び、次第に頭角を現していきました。

1885年に平三は三菱商会を退職し、独立して貿易会社「大蔵商会」を設立しました。大蔵商会は、平三の経営手腕によって順調に成長し、やがて日本有数の貿易会社となりました。平三はまた、日本銀行の総裁や、東京商工会議所の会頭も務め、日本の経済界に多大な貢献をしました。

平三は、1911年1月4日(明治44年)に、脳出血で亡くなりました。享年57。平三は日本の近代化に貢献した偉大な人物として、現在でも敬愛されています。

陸軍中将まで昇進

陸軍中将まで昇進

-陸軍中将まで昇進-

大蔵平三は、明治時代に陸軍軍人として活躍した人物です。1853年に秋田県に生まれ、1871年に陸軍に入隊しました。その後、陸軍士官学校を卒業し、日清戦争や日露戦争に従軍しました。日露戦争では、第1軍参謀として活躍し、少将に昇進しました。その後、陸軍中将まで昇進し、1911年に病没しました。

大蔵平三は、日本の近代化に貢献した人物として知られています。日清戦争や日露戦争では、日本の勝利に貢献し、陸軍中将まで昇進しました。また、陸軍軍人を育成する教育にも尽力し、日本の近代化に貢献しました。

大蔵平三の功績は、現在でも高く評価されています。秋田県には、大蔵平三の功績を記念する銅像が建立されており、毎年、大蔵平三を偲ぶ慰霊祭が行われています。また、大蔵平三の功績を称えるために、秋田県には、大蔵平三の名前を冠した小学校や中学校が数多くあります。

大蔵平三は、日本の近代化に貢献した人物として、これからも長く語り継がれるでしょう。

日露戦争時は軍馬補充部本部長

日露戦争時は軍馬補充部本部長

-日露戦争時は軍馬補充部本部長-

日露戦争時、大蔵平三は軍馬補充部本部長を務めました。軍馬補充部とは、軍隊に必要な馬匹を補充するための組織であり、大蔵平三は馬匹の補充や管理、輸送を担当しました。

日露戦争は、1904年2月から1905年9月まで、ロシア帝国と日本帝国の間で行われた戦争です。日露戦争は、ロシア帝国が満州と朝鮮半島への進出を図ったことに対し、日本帝国が抵抗したことが原因で勃発しました。

日露戦争は、日本帝国の勝利に終わりました。日露戦争の結果、日本帝国は満州と朝鮮半島を領有し、列強の仲間入りを果たしました。

大蔵平三は、日露戦争の功績により、勲一等旭日大綬章を授与されました。勲一等旭日大綬章は、日本の勲章の中で最高位の勲章であり、大蔵平三の功績がいかに大きかったかを物語っています。

大蔵平三は、日露戦争後も軍馬の補充や管理、輸送に携わり、日本の近代化に貢献しました。大蔵平三は、1911年に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました