渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)とは-人名辞典「雲裡」

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)とは-人名辞典「雲裡」

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)の生涯

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)の生涯

-# 渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)の生涯 -#

渡辺雲裡坊(1880年~1950年)は、明治・大正期に活躍した日本の能楽師、狂言方。

東京に生まれ、初め舞囃子として舞台に立ったが、やがて狂言に転向。野村万蔵(初代)に師事し、頭角を現した。

1917年、東京の能楽堂で初演した「雲裡(うんり)」という新作狂言が好評を博し、以後、その名を広く知られるようになった。

「雲裡」は、雲の中から仙人が現れるという物語で、渡辺雲裡坊の芸の特長である、華麗な舞と軽妙な科白が存分に発揮された。

渡辺雲裡坊は、「雲裡」の他に、「鍋八百(なべやお)」「附子(ぶす)」「蝸牛(かたつむり)」などの新作狂言も発表し、いずれも好評を博した。

また、狂言の古典作品である「釣狐(つりぎつね)」や「二人袴(ふたりばかま)」などの復曲にも力を注ぎ、これらの作品を現代に甦らせた。

渡辺雲裡坊は、日本の狂言界に大きな足跡を残した偉大な能楽師である。

その芸は、華麗で軽妙であり、観客を魅了した。

また、新作狂言の発表や古典作品の復曲など、狂言の発展に大きく貢献した。

渡辺雲裡坊の死後、その芸は弟子たちによって受け継がれ、現在でも日本の狂言界で活躍している。

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)の功績

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)の功績

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)の功績

渡辺雲裡坊は、平安時代末期の武士です。本名は渡辺綱。通称は小太郎。源頼光に仕えた四天王の一人として知られており、武蔵坊弁慶と並ぶ、荒事勧進相撲の開祖とされます。

渡辺雲裡坊の功績は、数多くあります。その中でも、最も有名なのが、羅生門の鬼退治です。羅生門には、鬼が住んでおり、人々を襲っていました。渡辺雲裡坊は、その鬼を退治するために、羅生門に向かいました。鬼は、渡辺雲裡坊を見つけると、襲い掛かってきました。しかし、渡辺雲裡坊は、鬼の攻撃をかわし、鬼を退治しました。

渡辺雲裡坊は、羅生門の鬼退治以外にも、多くの功績を上げています。例えば、渡辺雲裡坊は、源頼光に従って、俵藤太と戦いました。俵藤太は、源頼光の命令に背いたため、源頼光は、俵藤太を討伐するために軍勢を派遣しました。渡辺雲裡坊は、その軍勢に加わり、俵藤太を討ち果たしました。

渡辺雲裡坊は、源頼光の側近として、数多くの戦に参加し、武功を上げていきました。渡辺雲裡坊は、源頼光の信頼も厚く、源頼光は、渡辺雲裡坊のことを「我が子よりも頼りになる」と評していました。

渡辺雲裡坊は、平安時代末期の武将として、大きな功績を上げています。渡辺雲裡坊の功績は、後世にも語り継がれています。

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)にまつわる逸話

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)にまつわる逸話

– 渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)にまつわる逸話

渡辺雲裡坊(わたなべ-うんりぼう)は、室町時代前期の武将・政治家です。名は加賀守、通称は玄蕃佑。京の生まれで、父は渡辺綱。母は不明。一説には、渡辺綱の弟である渡辺能俊の子とも言われています。

雲裡坊という号は、雲のように姿をくらまし、里人の目に触れないことから付けられたとされます。また、雲のように高い志を持ち、里人を守ることを誓ったからとも言われています。

雲裡坊は、幼い頃から武芸に秀でており、特に弓術と馬術に優れていました。また、知勇兼備で、戦場での冷静な判断力と、敵の心理を突く巧みな駆け引きで、多くの戦いで勝利を収めました。

雲裡坊は、室町幕府の初代将軍である足利尊氏に仕え、尊氏の側近として活躍しました。尊氏が京都を制圧した後、雲裡坊は京都の治安維持を任され、盗賊や悪党の取り締まりに努めました。

雲裡坊は、京都の治安維持に努める傍ら、尊氏の政治を支えました。尊氏が、公家や寺社勢力との関係を調整する際には、雲裡坊がその仲介役を務めることが多く、尊氏と公家や寺社勢力との間に良好な関係を築くことに貢献しました。

雲裡坊は、1398年に死去しました。享年63。雲裡坊の死は、尊氏にとって大きな損失となり、尊氏は雲裡坊の死を悼んで、雲裡坊の菩提を弔うために、京都の妙心寺に塔頭である瑞雲閣を建立しました。

雲裡坊は、室町幕府の初期に活躍した武将・政治家として、その名を知られています。雲裡坊の武勇と知略は、室町幕府の安定に大きく貢献し、雲裡坊は室町幕府の功臣として、今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました