鎌倉時代の僧「承鎮法親王」の生涯を紐解く

鎌倉時代の僧「承鎮法親王」の生涯を紐解く

承鎮法親王とは?

承鎮法親王とは?

承鎮法親王とは?

承鎮法親王(じょうちんほうしんのう、1218年(建保6年) – 1278年(建治4年)10月9日)は、鎌倉時代の皇族・僧。

後鳥羽天皇の第四皇子。母は藤原範子。法名は興厳。室町時代には慈法とも。

承久の乱で後鳥羽上皇が隠岐に流された後、法親王となり、東寺長者に任じられた。その後、仁和寺、醍醐寺、大覚寺、仁和寺と転じ、正嘉元年(1257年)に大僧正となった。

文永4年(1267年)に法務となり、翌年には尊氏に報恩院を賜った。弘安元年(1278年)に大僧正に昇進し、同年10月9日に薨去した。

承鎮法親王は、後鳥羽天皇の皇子ということもあり、鎌倉幕府から厚遇を受け、権勢をふるった。また、和歌や絵画にも優れ、多くの作品を残した。

承鎮法親王の作品には、以下のようなものがある。

・『承鎮法親王集』
・『承鎮法親王絵巻』
・『承鎮法親王像』

承鎮法親王は、鎌倉時代の皇族・僧として、権勢をふるい、和歌や絵画にも優れ、多くの作品を残した。

承鎮法親王の生涯

承鎮法親王の生涯

-承鎮法親王の生涯-

承鎮法親王は、鎌倉時代の僧。後深草天皇の第四皇子で、母は洞院佶子。名は恒明。出家して承鎮と号す。法印、権大僧都、権僧正を歴任し、建長5年(1253年)に東大寺別当に任じられる。弘安2年(1279年)に69歳で薨去。

承鎮法親王は、幼い頃から仏教に傾倒し、出家して承鎮と号す。建長5年(1253年)に東大寺別当に任じられ、弘安2年(1279年)に69歳で薨去するまで、東大寺の発展に尽力した。

承鎮法親王は、東大寺大仏の鋳造にも携わった。建長6年(1254年)に大仏が火災で焼失したため、承鎮法親王は東大寺復興の責任者として、大仏の再建を指揮した。承鎮法親王の尽力により、建長8年(1256年)に大仏の再建が完成し、東大寺は大仏の完成とともに復興した。

承鎮法親王は、また、東大寺に多くの宝物を寄進した。承鎮法親王が寄進した宝物は、東大寺の国宝や重要文化財に指定されているものも少なくない。承鎮法親王の寄進した宝物は、東大寺の貴重な財産として、今日まで大切に保存されている。

承鎮法親王は、東大寺の発展に尽力しただけでなく、日本の仏教界にも大きな影響を与えた。承鎮法親王は、鎌倉時代の仏教界を代表する僧の一人であり、その生涯は鎌倉時代の仏教史において重要な位置を占めている。

承鎮法親王の功績

承鎮法親王の功績

承鎮法親王の功績

承鎮法親王は、鎌倉時代を代表する僧の一人として知られています。彼は、様々な功績を残しましたが、その中でも特に注目すべきなのは以下の3つです。

1. 高野山金剛峯寺の再建
承鎮法親王は、高野山金剛峯寺の再建に尽力しました。高野山金剛峯寺は、空海によって開かれた真言宗の総本山であり、鎌倉時代には荒廃していました。承鎮法親王は、高野山金剛峯寺の再建を志し、多くの寄進を集めて、見事に再建を果たしました。

2. 一遍上人の庇護
承鎮法親王は、一遍上人を庇護しました。一遍上人は、鎌倉時代末期に活躍した時宗の開祖であり、彼の教えは民衆の間で大きな人気を集めました。しかし、一遍上人は、既存の仏教界から迫害を受けていましたが、承鎮法親王は、一遍上人を庇護して、彼の活動を支援しました。

3. 鎌倉幕府との関係
承鎮法親王は、鎌倉幕府とも関係が深かったです。彼は、鎌倉幕府の将軍である源頼朝の信任を得て、幕府の顧問を務めていました。承鎮法親王は、幕府の外交政策にも参与しており、彼の功績は高く評価されていました。

承鎮法親王は、鎌倉時代の仏教界に大きな影響を与えた僧の一人です。彼の功績は、今日でも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました