承天-東大寺で荘園経営に携わった人物

承天-東大寺で荘園経営に携わった人物

承天とは?

承天とは?

承天とは?

承天とは、奈良時代から平安時代にかけて、東大寺で荘園経営に携わった人物のことです。東大寺は、聖武天皇の勅命により、奈良時代に建立された日本を代表する寺院です。東大寺は、広大な荘園を所有しており、その荘園経営は、承天によって行われていました。

承天は、東大寺の僧侶の中から選ばれた人物であり、東大寺の荘園経営を統括していました。承天は、荘園の経営方針を決定し、荘園の管理運営を行い、荘園から上がる年貢を徴収していました。また、承天は、東大寺の荘園を巡る紛争を処理するなど、東大寺の荘園経営に大きな役割を果たしていました。

承天は、東大寺の荘園経営に携わった人物であり、東大寺の荘園経営を統括していました。承天は、荘園の経営方針を決定し、荘園の管理運営を行い、荘園から上がる年貢を徴収していました。また、承天は、東大寺の荘園を巡る紛争を処理するなど、東大寺の荘園経営に大きな役割を果たしていました。

承天の活動

承天の活動

-承天の活動-

承天は、東大寺大仏の建立に貢献した僧侶であり、荘園経営にも才を発揮した人物です。

承天は、奈良時代末期の730年(天平2年)に生まれました。18歳の時に東大寺に入寺し、752年(天平勝宝4年)に大仏開眼供養に参加しました。その後、東大寺の勧進職に任命され、大仏建立のための資金集めに尽力しました。

承天は、東大寺の荘園経営にも積極的に取り組みました。東大寺は、全国各地に多くの荘園を所有していましたが、承天はこれらの荘園を巡視して、農民の労苦をねぎらい、農作物の生産性を向上させるよう指導しました。また、承天は、東大寺に新しい荘園を開拓することも積極的でした。

承天の活動により、東大寺の荘園経営は非常にうまくいきました。東大寺は、荘園から得られる収入を大仏の維持や僧侶の生活費に充て、奈良時代の文化の発展に大きく貢献しました。

承天は、796年(延暦15年)に67歳で亡くなりました。承天の死後、東大寺の荘園経営は衰退していきましたが、承天の功績は現在でも称えられています。

承天が残した記録

承天が残した記録

-承天が残した記録-

承天は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、東大寺で荘園経営に携わった人物です。東大寺の寺領である「承天荘」を経営し、荘園の開発と経営に尽力しました。承天は、東大寺に多くの記録を残しており、それらは承天の荘園経営や東大寺の歴史を研究する上で貴重な資料となっています。

承天が残した記録の中で、最も有名なものは「承天荘目録」です。これは、承天荘の土地や建物、農民に関する記録です。承天荘目録は、荘園の経営状況を把握するための資料として作成されたもので、荘園の規模や農民の生活状況など、当時の荘園の実態を知る上で貴重な資料となっています。

承天が残した記録には、他にも「承天荘作職帳」や「承天荘勘物」などがあります。承天荘作職帳は、荘園内での農民の労働内容や賃金に関する記録であり、承天荘勘物は、荘園内での収入や支出に関する記録です。これらの記録は、荘園の経営状況や農民の生活状況を研究する上で重要な資料となっています。

承天が残した記録は、東大寺の歴史や荘園経営の実態を知る上で貴重な資料となっています。これらの記録は、中世日本の社会や経済を研究する上で重要な史料であり、今後も研究者によって広く活用されていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました