雲竜久吉 – 江戸時代の偉大な力士

雲竜久吉 – 江戸時代の偉大な力士

雲竜久吉の生い立ちと経歴

雲竜久吉の生い立ちと経歴

-雲竜久吉の生い立ちと経歴-

雲竜久吉は、江戸時代中期の1702年に越後国(現在の新潟県)で生まれました。幼い頃から相撲の才能を発揮し、1723年に江戸に出て、浅草相撲の立行司・雷電五郎に入門しました。

雲竜久吉は、1729年に27歳で横綱に昇進しました。横綱は、江戸相撲の最高位であり、雲竜久吉は2代目の横綱となりました。雲竜久吉は、身長184cm、体重110kgの大柄な体格で、怪力と素早い動きを兼ね備えた力士でした。

雲竜久吉は、横綱として15年間活躍し、43回も優勝しました。雲竜久吉は、1744年に42歳で引退しましたが、その後も相撲界に残り、大相撲の運営に貢献しました。

雲竜久吉は、1765年に63歳で亡くなりました。雲竜久吉は、江戸時代を代表する偉大な力士であり、その功績は今日でも語り継がれています。

雲竜久吉は、越後国で農家の息子として生まれました。幼い頃から相撲の才能を発揮し、近所の子供たちとよく相撲を取っていました。1720年に18歳で江戸に出て、浅草相撲の立行司・雷電五郎に入門しました。

雲竜久吉は、入門後すぐに頭角を現し、1723年に21歳で十両に昇進しました。1729年に27歳で横綱に昇進し、江戸相撲の最高位に就きました。

雲竜久吉は、横綱として15年間活躍し、43回も優勝しました。雲竜久吉は、怪力と素早い動きを兼ね備えた力士で、対戦相手を圧倒しました。

雲竜久吉は、1744年に42歳で引退しましたが、その後も相撲界に残り、大相撲の運営に貢献しました。雲竜久吉は、1765年に63歳で亡くなりました。

雲竜久吉の力士としての活躍

雲竜久吉の力士としての活躍

-雲竜久吉の力士としての活躍-

雲竜久吉は、江戸時代の偉大な力士です。彼は、1846年(弘化3年)に生まれたとされています。出身地は、現在の東京都墨田区です。本名は、佐藤久吉です。雲竜という四股名は、雲のように軽快に動き、竜のように力強いことから付けられました。

雲竜久吉は、18歳で相撲の世界に入門しました。入門先は、雷部屋です。雷部屋は、当時、相撲界を代表する名門部屋でした。雲竜久吉は、雷部屋で厳しい稽古を積み、頭角を現していきます。

1870年(明治3年)、雲竜久吉は、大関に昇進しました。そして、1872年(明治5年)には、横綱に昇進しました。横綱は、相撲界の最高位です。雲竜久吉は、横綱として、数々の名勝負を繰り広げました。

雲竜久吉は、体格が大きく、怪力でした。また、足腰が強く、動きが軽快でした。彼は、相手を圧倒するような相撲を取りました。雲竜久吉は、生涯で、35回も優勝しました。これは、当時の記録です。

雲竜久吉は、1896年(明治29年)に、引退しました。引退後は、相撲界に残って、後進の指導に当たりました。雲竜久吉は、1919年(大正8年)に、73歳で亡くなりました。

雲竜久吉は、江戸時代の偉大な力士です。彼は、その強さだけでなく、その人柄も評判でした。雲竜久吉は、相撲界に大きな功績を残した人物です。

雲竜久吉の引退と晩年

雲竜久吉の引退と晩年

-雲竜久吉の引退と晩年-

雲竜久吉は、江戸時代末期の力士です。1828年に生まれ、1869年に引退しました。その間、35度の優勝を誇り、大関まで昇進しました。引退後は、相撲部屋を開き、後進の指導にあたりました。1893年に65歳で亡くなりました。

雲竜久吉は、身長197センチ、体重160キロという巨漢で、怪力無双の力士でした。その強さは、相手を土俵の外に投げ飛ばすほどでした。また、足腰が強く、相手を土俵際まで追い詰めてからの一気の投げが得意でした。

雲竜久吉は、引退後も相撲界に残り、相撲部屋を開いて後進の指導にあたりました。その指導は厳しく、弟子たちからは「鬼の雲竜」と呼ばれていました。しかし、その指導は効果的で、多くの弟子を育て上げました。

雲竜久吉は、1893年に65歳で亡くなりました。その死は、相撲界に大きな衝撃を与え、多くの人が悲しみにくれました。雲竜久吉は、江戸時代末期の相撲界を代表する力士であり、その偉業は今も語り継がれています。

雲竜久吉の引退と晩年は、以下のようなエピソードで彩られています。

* 雲竜久吉は、引退後も相撲部屋を開き、後進の指導にあたっていました。その指導は厳しく、弟子たちからは「鬼の雲竜」と呼ばれていました。
* 雲竜久吉は、ある日、弟子たちと稽古をしていた際に、突然倒れてしまいました。弟子たちは慌てて医師を呼びましたが、雲竜久吉はそのまま帰らぬ人となりました。
* 雲竜久吉の死後、弟子たちは彼の遺志を継いで相撲部屋を存続させました。そして、雲竜久吉の孫弟子である大関・常陸山谷右衛門が、雲竜久吉の遺志を継いで相撲部屋を継承しました。

雲竜久吉は、引退後も相撲界に貢献し、その偉業は今も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました