人名辞典-「運良」

人名辞典-「運良」

恭翁運良について

恭翁運良について

恭翁運良(きょうおううんりょう、1833年12月3日 – 1901年7月17日)は、幕末から明治期の国学者、破戒僧、歌人、史家。号は桂庵(けいあん)、天響(てんきょう)。

大和国山辺郡塩屋村(現奈良県天理市)の生まれ。幼名は辰蔵。10歳の時に奈良の学校に学ぶ。1850年、東大寺に登り、僧となり、恭定と号した。1858年、法隆寺の南円堂を焼失させたとして逮捕され、半年間投獄される。出獄後、周遊して学問を深め、1868年、京都で皇典講究所を設立する。

1871年、明治政府の命により、全国の国学者を集めて「大日本史」を編纂する。1883年、退職して奈良に戻る。1890年、京都で運良大学を設立する。1896年、法隆寺の再建に尽力する。1901年、京都で没する。

恭翁運良は、国学の大家として知られる。著書に、「日本書紀通釈」「古事記伝」「万葉集考証」「大日本史」「運良全集」などがある。また、歌人としても優れ、「恭翁集」などの歌集を残している。

恭翁運良は、破戒僧としても知られる。彼は、結婚して子供をもうけ、肉食を好み、酒を飲んでいた。また、女性関係にも奔放だった。彼は、自分のことを「破戒の僧侶」と呼んでいた。

恭翁運良は、日本の近代化に貢献した人物である。彼は、国学の振興に尽力し、日本人のアイデンティティの確立に貢献した。また、彼は、日本の近代教育制度の確立にも貢献した。

運良の生涯

運良の生涯

-運良の生涯-

運良は、平安時代中期に活躍した歌人である。本名は不詳。摂津国の人物であると言われている。

運良の生年と没年は不詳であるが、中関白家の歌会に出席していたことが知られていることから、少なくとも長徳2年(996年)以降に生まれたと考えられている。また、後一条天皇の治世に歌壇で活躍していたことから、万寿4年(1027年)以降に没したと考えられている。

運良は、藤原道長の娘婿である橘道貞の歌人としての才能を見出し、道貞に和歌を学んだ。運良は和歌の上達ぶりを褒められ、道貞から「運良」という名前を贈られた。

運良は、中関白家の歌会に出席するなど、平安時代の歌壇で活躍した。運良の歌は、優美で繊細な作風で知られている。また、運良は和歌の理論にも通じており、和歌の解説書を著した。

運良の和歌は、勅撰和歌集である『拾遺和歌集』や『後拾遺和歌集』に収録されている。また、運良の和歌の解説書である『和歌秘抄』は、平安時代の歌論書として重要視されている。

運良は、平安時代の歌壇に大きな功績を残した歌人である。運良の和歌は、優美で繊細な作風で知られており、平安時代の歌壇で高く評価された。また、運良の和歌の解説書である『和歌秘抄』は、平安時代の歌論書として重要視されている。

運良の功績

運良の功績

運良の功績

運良は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将です。足利尊氏に仕え、数々の戦いで活躍しました。その功績により、尊氏から上野国新田郡を与えられ、新田氏を称することになりました。

運良の最も有名な功績は、1333年の鎌倉幕府滅亡に貢献したことです。尊氏が鎌倉幕府に反旗を翻した際、運良は尊氏に従って鎌倉を攻め落としました。鎌倉幕府が滅亡した後、運良は尊氏に従って京都に入城し、室町幕府の創設に貢献しました。

また、運良は、1336年の湊川の戦いで、新田義貞を討ち取りました。湊川の戦いは、南北朝時代の最初の大きな戦いであり、運良の勝利は、室町幕府の権威を確立する上で大きな役割を果たしました。

運良は、1348年に尊氏が死去した後も、足利直義を補佐して室町幕府の発展に貢献しました。しかし、1350年に直義が死去すると、運良は足利直冬に味方し、尊氏の子である足利義詮と対立しました。運良は、義詮に敗れて上野国に逃れましたが、1352年に義詮に降伏しました。

運良は、1353年に死去しました。享年63歳でした。運良は、室町幕府の創設に貢献した功績により、後世に称賛されています。

運良は、武勇に優れた武将であり、また、政治的な手腕にも優れていました。運良の功績は、室町幕府の創設と発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました