– 「大宜都比売神」

– 「大宜都比売神」

神格と役割

神格と役割

-# 神格と役割

大宜都比売神は、日本神話に登場する女神です。別名は、大宜津比売神(おおぎつひめのかみ)、大宜都比売神(おおぎつひめのかみ)、大宜斗比売神(おおぎとひめのかみ)などです。

大宜都比売神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた三女神のうちの1柱です。他の2柱は、天照大神と月読命です。大宜都比売神は、海神・水神として信仰されています。また、穀物神・豊穣神としても信仰されています。

大宜都比売神は、伊邪那岐命と伊邪那美命が国産みを終えて、黄泉の国から地上に戻ってきたときに生まれた女神です。伊邪那岐命は、伊邪那美命の死を悼んで、黄泉の国に行き、伊邪那美命を連れ戻そうとしましたが、失敗しました。伊邪那岐命は、黄泉の国から逃げ帰ってきたときに、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で、禊(みそぎ)をしました。そのときに、大宜都比売神が生まれました。

大宜都比売神は、海神・水神として、海や川、湖などの水を司っています。また、穀物神・豊穣神として、五穀豊穣をもたらすと信じられています。そのため、大宜都比売神を祀る神社では、海や川の安全、五穀豊穣を祈願する祭事が行われています。

大宜都比売神を祀る神社は、全国各地にあります。その中でも、最も有名なのは、京都府の丹後国一宮である籠神社(このじんじゃ)です。籠神社は、大宜都比売神が最初に祀られた神社とされています。また、兵庫県の伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)、千葉県の香取神宮(かとりじんぐう)などにも、大宜都比売神が祀られています。

素戔嗚尊との関係

素戔嗚尊との関係

– 大宜都比売神

-# 素戔嗚尊との関係

大宜都比売神は、素戔嗚尊の妻で、八岐大蛇を退治した際に授かった娘であるとされています。素戔嗚尊は、大宜都比売神を大変愛しており、彼女が死んだ際には、悲しみに暮れて八岐大蛇を退治した際に授かった剣を折ってしまいました。

大宜都比売神は、素戔嗚尊を支える存在であり、また、素戔嗚尊の子供たちを育てた母親でもあります。大宜都比売神は、素戔嗚尊にとってかけがえのない存在であり、彼女が死んだことは、素戔嗚尊にとって大きな悲しみとなりました。

大宜都比売神は、死後も素戔嗚尊に愛され続けています。素戔嗚尊は、大宜都比売神の墓を参拝し、彼女のことを偲んでいます。また、素戔嗚尊は、大宜都比売神を祀る神社を建立し、彼女のことを崇拝しています。

大宜都比売神は、素戔嗚尊に愛された女神であり、また、素戔嗚尊の子供たちを育てた母親でもあります。大宜都比売神は、素戔嗚尊にとってかけがえのない存在であり、彼女が死んだことは、素戔嗚尊にとって大きな悲しみとなりました。

死後の物語

死後の物語

-死後の物語-

大宜都比売神は、日本の神話の女神であり、死後の世界を司る神とされています。彼女は、死者を冥界へと導き、そこで彼らの魂を裁くと言われています。大宜都比売神は、しばしば、死者の魂を象徴する蛇の姿で描かれています。

大宜都比売神が死者を冥界へと導く物語は、日本神話「古事記」に記されています。古事記によると、大宜都比売神は、イザナギとイザナミの娘であり、死者の国である黄泉の国を司る神となりました。イザナギは、黄泉の国から妻であるイザナミを救い出そうとしましたが、失敗し、イザナミは冥界の女神となってしまいました。

大宜都比売神は、死者を冥界へと導くだけでなく、彼らの魂を裁くとも言われています。古事記によると、大宜都比売神は、死者に対して「お前は生前何をしたか?」と問いかけ、その答えによって、彼らの魂を天国か地獄へと送るとされています。

大宜都比売神は、死後の世界を司る神として、日本神話において重要な役割を果たしています。彼女は、死者を冥界へと導き、彼らの魂を裁くことで、死後の世界の秩序を保っています。

タイトルとURLをコピーしました