蘆名義広とは?

蘆名義広とは?

蘆名義広の生涯

蘆名義広の生涯

-蘆名義広の生涯-

蘆名義広は、室町時代後期の武将。陸奥国の戦国大名。芦名盛氏の嫡男。

永正13年(1516年)、父・盛氏の死により家督を継ぐ。家督を継いだ直後から、隣国の伊達稙宗と争いとなる。稙宗は、義広の弟・盛舜と結んで蘆名を攻めた。義広は、稙宗に敗れて降伏し、盛舜に家督を譲った。

しかし、天文9年(1540年)、稙宗が伊達晴宗に攻められて没落すると、義広は再び家督を継いだ。義広は、晴宗と同盟して、稙宗の残党を掃討した。

天文17年(1548年)、義広は晴宗と決裂し、伊達氏と敵対する。義広は、晴宗に敗れて降伏し、蘆名氏は伊達氏の傘下に入った。

永禄8年(1565年)、義広は晴宗の死に乗じて、伊達氏から独立した。義広は、伊達輝宗と争い、輝宗を降伏させた。

元亀2年(1571年)、義広は、織田信長の家臣・柴田勝家に攻められて降伏した。義広は、勝家に人質として嫡男・盛興を差し出した。

天正6年(1578年)、義広は、信長の家臣・羽柴秀吉に攻められて降伏した。義広は、秀吉に人質として盛興と次男・盛重を差し出した。

天正12年(1584年)、家督を盛重に譲って隠居した。

天正13年(1585年)、隠居中に死去した。享年71。

蘆名義広の功績

蘆名義広の功績

-蘆名義広の功績-

蘆名義広は、1470年に蘆名盛高の子として生まれ、1491年に家督を継ぎました。彼は、蘆名氏を繁栄させ、会津地方を統一した名将として知られています。

義広の功績の一つは、越後の上杉謙信と戦ったことです。謙信は、越後一国の統一に成功した名将であり、義広とは激しく争いました。しかし、義広は謙信の猛攻を耐え抜き、会津を守り抜きました。

また、義広は、伊達氏と同盟を結んで、相馬氏と戦いました。相馬氏は、会津に隣接する国であり、義広とは敵対していました。しかし、義広は伊達氏と協力して相馬氏を破り、会津の領土を拡大しました。

さらに、義広は、会津の領内で積極的に土木工事を行い、道路や橋などを整備しました。また、彼は、城郭の改修や、家臣団の強化にも力を入れました。その結果、蘆名氏は、会津を統一し、東北地方における有力な大名となりました。

義広は、1536年に死去しましたが、彼の功績は、蘆名氏に受け継がれました。蘆名氏はこの後、伊達氏と争い、最終的には滅亡しましたが、義広の功績は、会津の歴史に大きな影響を与えました。

蘆名義広のエピソード

蘆名義広のエピソード

-蘆名義広とは?-

蘆名義広とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。蘆名氏の第15代当主であり、1519年に生まれる。蘆名盛高の子で、兄に蘆名盛舜がいた。蘆名氏は、奥州の戦国大名であり、伊達氏、二階堂氏、畠山氏、相馬氏などと争った。義広は、1543年に家督を継ぎ、1544年に伊達氏、畠山氏と戦った。その後、蘆名氏は、伊達氏と同盟を結び、二階堂氏、相馬氏と戦った。1561年に伊達輝宗が蘆名氏に攻め込み、義広は降伏した。

-蘆名義広のエピソード-

義広は、勇猛果敢な武将で、多くの戦いに勝利した武将であった。その中でも、特に有名な戦いが、1556年の相馬氏との戦いです。この戦いで、義広は、相馬氏の軍勢を大いに破り、相馬氏を降伏させた。この勝利により、義広の蘆名氏は、奥州の覇者となり、その名を知られるようになった。また、義広は、優れた政治家でもあり、領内の産業を振興し、領民の生活を向上させた。

義広は、1578年に死去した。享年60歳であった。義広の死後、蘆名氏は衰退し、1591年に伊達氏に滅ぼされた。

義広は、戦国時代を代表する武将の一人であり、その勇猛果敢な戦いぶりは、多くの人々に語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました