「沈惟岳」

「沈惟岳」

遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに唐に渡り,天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)大宰府(だざいふ)に来着

遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに唐に渡り,天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)大宰府(だざいふ)に来着

-「沈惟岳」-

-遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに唐に渡り、天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)大宰府(だざいふ)に来着-

沈惟岳(しんいぼく)は、唐の官僚・外交官である。天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)に、遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに唐に渡り、大宰府に来着した。

沈惟岳は、唐の宰相である李揆(りき)の推薦を受けて、遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに日本に派遣された。沈惟岳は、唐の船に乗って日本に到着し、大宰府で藤原清河(きよかわ)と会見した。沈惟岳は、藤原清河(きよかわ)に、唐の皇帝である唐玄宗(とうげんそう)からの国書を手渡した。唐玄宗(とうげんそう)は、国書の中で、藤原清河(きよかわ)の来訪を歓迎し、日本と唐の友好関係を深めたいという気持ちを表明した。

藤原清河(きよかわ)は、沈惟岳から国書を受け取り、唐玄宗(とうげんそう)に感謝の意を表した。藤原清河(きよかわ)は、沈惟岳を唐に送り返し、唐玄宗(とうげんそう)に日本からの国書を手渡させた。唐玄宗(とうげんそう)は、日本からの国書を受け取り、藤原清河(きよかわ)の来訪を喜び、日本と唐の友好関係を深めることを約束した。

沈惟岳は、遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに日本に派遣され、大宰府で藤原清河(きよかわ)と会見した。沈惟岳は、唐玄宗(とうげんそう)からの国書を藤原清河(きよかわ)に手渡し、藤原清河(きよかわ)は、唐玄宗(とうげんそう)に感謝の意を表した。藤原清河(きよかわ)は、沈惟岳を唐に送り返し、唐玄宗(とうげんそう)に日本からの国書を手渡させた。唐玄宗(とうげんそう)は、日本からの国書を受け取り、藤原清河(きよかわ)の来訪を喜び、日本と唐の友好関係を深めることを約束した。

唐の動乱のため帰国せず,宝亀(ほうき)11年従五位下にのぼり,清海宿禰(きよみのすくね)の氏姓をあたえられた

唐の動乱のため帰国せず,宝亀(ほうき)11年従五位下にのぼり,清海宿禰(きよみのすくね)の氏姓をあたえられた

「沈惟岳」

唐の動乱のため帰国せず,宝亀(ほうき)11年従五位下にのぼり,清海宿禰(きよみのすくね)の氏姓をあたえられた

沈惟岳は、唐の動乱のため帰国せず、宝亀11年(780年)に従五位下にのぼり、清海宿禰の氏姓を賜った人物です。

沈惟岳は、唐の翰林院に属していた人物です。翰林院は、唐代の文人政治家の養成機関であり、沈惟岳もその一員として仕えていました。

しかし、7世紀末に安禄山の乱が発生し、唐は大きな混乱に陥りました。この乱の影響で、沈惟岳は唐に帰国できなくなり、日本に滞在することになりました。

沈惟岳は、日本に滞在中、日本の政治や文化に大きな影響を与えました。彼は、日本の貴族に漢詩の教授を行い、日本の貴族の漢詩のレベルを向上させました。また、彼は日本の仏教にも影響を与え、日本の仏教の宗派の一つである真言宗の開祖である空海の師匠を務めました。

宝亀11年(780年)、沈惟岳は従五位下にのぼり、清海宿禰の氏姓を賜りました。これは、沈惟岳が日本の朝廷から高い評価を得ていたことを示しています。

沈惟岳は、788年に日本で亡くなりました。彼の死は、日本の朝廷と民衆に大きな悲しみをもたらしました。沈惟岳は、日本の政治、文化、仏教に大きな影響を与えた人物であり、彼の功績は今もなお語り継がれています。

のち美作権掾(みまさかのごんのじょう)

のち美作権掾(みまさかのごんのじょう)

– 「沈惟岳」

沈惟岳は、中国唐代の官僚・詩人。字は子将。本貫は呉興郡武康県。

-のち美作権掾(みまさかのごんのじょう)-

開元15年(727年)、惟岳は右補闕に任ぜられた。翌開元16年(728年)、左拾遺に転じた。開元21年(733年)、惟岳は美作権掾に左遷された。美作権掾は、美作国(現在の岡山県)の官吏であり、正七位下の地位であった。惟岳のこの左遷は、皇帝の怒りを買ったためとされている。

惟岳が美作権掾として在任していた頃、美作国では旱魃が続いていた。惟岳は、旱魃を救うため、雨乞いの儀式を執り行った。すると、雨が降り始め、旱魃は収まった。美作国の人々は、惟岳を「雨乞いの神」として崇め、惟岳は美作国の英雄となった。

開元24年(736年)、惟岳は美作権掾を罷免され、京師に帰還した。その後、惟岳は、太常丞、主客員外郎、工部侍郎などの官職を歴任した。天宝11年(752年)、惟岳は70歳で亡くなった。

惟岳は、詩人としても知られており、その詩は『全唐詩』に収められている。惟岳の詩は、清新で飄逸な作風であり、唐代の詩人の中で高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました