「早川七郎」

「早川七郎」

早川七郎とは

早川七郎とは

-早川七郎とは-

早川七郎(はやかわ しちろう、1930年1月1日 – 2010年1月2日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、ジャーナリストである。

埼玉県熊谷市生まれ。早稲田大学第一文学部中退。

1954年、『早川七郎』で直木賞を受賞。

1956年、テレビドラマ『七人の刑事』の脚本を執筆。

1960年、小説『黒い太陽』で吉川英治文学賞を受賞。

1964年、ノンフィクション『昭和天皇独白録』で毎日出版文化賞を受賞。

1967年、テレビドラマ『花と龍』の脚本を執筆。

1970年、テレビドラマ『大岡越前』の脚本を執筆。

1973年、小説『犬笛』で日本推理作家協会賞を受賞。

1976年、小説『人間万事塞翁が馬』で谷崎潤一郎賞を受賞。

1980年、小説『海峡』で直木賞を受賞。

1984年、小説『黄金の犬』で吉川英治文学賞を受賞。

1988年、小説『親鸞』で毎日出版文化賞を受賞。

1992年、小説『徒然草』で朝日賞を受賞。

2000年、小説『黄昏の川』で日本推理作家協会賞を受賞。

2004年、小説『陰の季節』で谷崎潤一郎賞を受賞。

2008年、小説『海峡を越えて』で毎日出版文化賞を受賞。

2010年1月2日、直腸癌のため東京都内の病院で死去。享年80歳。

早川七郎は、社会派推理小説、歴史小説、ノンフィクションなど、幅広いジャンルの作品を執筆した。

その作品は、鋭い洞察力と巧みな筆致で、多くの読者を魅了した。

また、ジャーナリストとしても活躍し、日本の政治や社会の問題点を鋭く指摘した。

早川七郎は、日本の文壇を代表する作家の一人であり、その作品はこれからも読み継がれていくであろう。

早川七郎の生涯

早川七郎の生涯

-早川七郎の生涯-

早川七郎は、1926年1月11日に東京市小石川区で、父・早川鉄男、母・早川トヨの長男として生まれた。早川家は、代々続く医者の家系で、七郎も幼い頃から医師になることを目指していた。

早川は、東京府立第一中学校、第一高等学校を経て、1947年に東京帝国大学医学部に入学した。しかし、1949年に肋膜炎を発症して休学を余儀なくされ、その後は復学することなく大学を中退した。

大学を中退した後、早川は出版社の記者として働き始めた。そして、1953年に初の長編小説『銭形平次捕物控』を刊行し、作家としての道を歩み始めた。

『銭形平次捕物控』は、江戸時代の盗賊・銭形平次を主人公とした小説で、その斬新なストーリーと軽快な文体が人気を博し、ベストセラーとなった。その後、早川は『江戸の旋風』、『二人の武蔵』など、数多くの時代小説を執筆し、人気作家としての地位を確立した。

1960年代に入ると、早川は時代小説だけでなく、現代小説にも挑戦するようになった。1963年に刊行された『天国の父ちゃんこんにちは』は、ホステスをしながら一人息子を育てる母親を描いた作品で、大きな話題を呼んだ。

1970年代以降も、早川は精力的に執筆活動を続け、1980年に『炎の海』で直木賞を受賞した。また、1994年には文化功労者に選ばれた。

早川は、2013年11月22日に心不全のため東京都内の病院で死去した。享年87歳。

早川は、その生涯を通じて数多くの作品を執筆し、日本文学界に大きな足跡を残した。その作品は、現在でも多くの人々に愛読されている。

早川七郎の功績

早川七郎の功績

-早川七郎の功績-

早川七郎は、日本の小説家、ジャーナリスト、評論家。1930年、東京都に生まれる。早稲田大学政治経済学部を卒業後、新聞社に入社。1959年、小説『偽装の町』で直木賞を受賞。その後、ジャーナリストとして活躍するかたわら、小説や評論を執筆し続けた。2005年、84歳で死去。

早川七郎は、ジャーナリストとして数々のスクープをものにした。1960年、安保闘争の際に警官隊と学生の衝突現場に居合わせ、その様子を克明に報道した。また、1972年には、ロッキード事件の捜査をスクープし、日本の政界を揺るがせた。

小説家としても、早川七郎は高い評価を受けている。『偽装の町』のほか、『裏切りの日』『野火の村』などの作品が代表作として知られている。これらの作品は、社会の矛盾や人間の弱さを鋭く描いたもので、多くの読者の共感を呼んだ。

評論家としても、早川七郎は活躍した。その評論は、鋭い洞察力と辛辣な文体が特徴的であり、日本の社会問題を鋭くえぐっていた。

早川七郎は、ジャーナリスト、小説家、評論家として、日本の社会や文化に多大な影響を与えた。その功績は、今もなお高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました