「早川広海」(⇒早川漫々)について

「早川広海」(⇒早川漫々)について

早川広海とはどんな人?

早川広海とはどんな人?

-# 早川広海とはどんな人?

早川広海(はやかわ こうかい、1903年2月28日 – 1990年6月28日)は、日本の小説家、推理作家。本名は早川孝太郎。

早川は、1927年に早稲田大学文学部英文科を卒業後、出版社の勤務を経て、1931年、「女給と海賊」で第1回探偵小説コンクール(雑誌『探偵小説』主催)に入選し、作家デビューした。

早川の作品は、探偵小説、冒険小説、SF小説、ユーモア小説など、幅広いジャンルにわたっている。特に、探偵小説では、独自の推理トリックを駆使した作品で知られている。また、冒険小説では、海を舞台にした作品を多く執筆している。

早川は、1954年に日本推理作家協会を設立し、初代会長に就任した。また、1964年には、日本冒険作家クラブを設立し、初代会長に就任した。

早川は、1990年に87歳で亡くなった。

-# 早川の代表作

早川の代表作としては、以下の作品が挙げられる。

* 女給と海賊(1931年)
* 黒い手帖(1936年)
* 悪魔の選帝侯(1940年)
* 三つの鍵(1946年)
* 幻の女(1948年)
* 黄色い風(1950年)
* 霧笛が鳴る(1951年)
* 悪魔が来たりて笛を吹く(1954年)
* 華やかな探偵(1956年)
* 幽霊船(1958年)
* 海底火山(1960年)
* 殺人鬼(1962年)
* 暗殺の年輪(1964年)
* 吸血鬼(1966年)
* 人間の証明(1975年)
* 砂の器(1977年)

これらの作品は、いずれも映画化やテレビドラマ化されている。

早川広海の人生

早川広海の人生

早川広海の人生

早川広海は、1882年(明治15年)に神奈川県横浜市で生まれた。父親は早川徳次、母親は早川とよ。幼い頃から本を読むことが好きで、中でも歴史小説を好んだ。10代の頃には、すでに多くの歴史小説を読み、その知識は大人顔負けだったという。

早川広海は、1904年(明治37年)に東京帝国大学法学部に入学した。在学中は、学生運動にも参加し、社会主義思想に傾倒した。1907年(明治40年)に大学卒業後、新聞記者として働き始めた。しかし、新聞記者としての仕事には満足できず、1911年(明治44年)に退職した。

早川広海は、1912年(大正元年)に、雑誌「中央公論」の記者となった。この雑誌で、彼は多くの評論や小説を発表し、その才能を広く知られるようになった。1915年(大正4年)には、「早川漫々」の筆名で小説「田舎教師」を発表し、一躍人気作家となった。

早川広海は、その後も多くの小説を発表し、その作品は広く読まれた。特に、歴史小説は高く評価され、多くの読者から支持された。1935年(昭和10年)には、文化勲章を受章した。

早川広海は、1950年(昭和25年)に68歳で亡くなった。その死は、多くの読者から惜しまれた。早川広海は、日本文学史上、最も重要な作家の1人とされている。

早川漫画の特徴

早川漫画の特徴

-早川漫画の特徴-

早川漫々は、昭和を代表する漫画家の一人です。その作品は、ユーモアと風刺に富み、庶民の生活や社会問題を鋭く描きました。早川漫画の特徴は、以下の通りです。

* -シンプルな線と大胆な構図- 早川漫画は、シンプルな線と大胆な構図で描かれています。これは、彼の作品をよりわかりやすく、インパクトを与えやすくしています。
* -誇張とデフォルメ- 早川漫画は、誇張とデフォルメを多用しています。これにより、彼の作品はよりユーモラスになり、社会問題をより鋭く描くことができます。
* -庶民の視点- 早川漫画は、庶民の視点から社会問題を描いています。これは、彼の作品をより身近なものにし、読者に共感を与えます。

早川漫画は、そのユーモアと風刺で庶民に親しまれ、昭和の世相を鋭く描きました。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。

-主な作品-

* 『のらくろ』
* 『ペロ』
* 『アチャコ』
* 『のんき節』
* 『ボロ屋』
* 『納豆横丁』
* 『月光ノータリン』
* 『マンガ日本経済史』
* 『マンガ昭和史』

などが挙げられます。

タイトルとURLをコピーしました