– 寺田法念

– 寺田法念

悪党の代表格

悪党の代表格

寺田法念- 悪党の代表格

寺田法念は、鎌倉時代末期の悪党の代表格です。彼は、現在の東京都八王子市に生まれ、武蔵国西部の横山党の頭目でした。法念は、その残虐性と強欲さで知られており、人々から恐れられていました。

法念は、若くして横山党の頭目となり、武蔵国西部一帯を支配下に置きました。彼は、人々から高額な年貢を取り立て、反抗する者には容赦なく襲いかかりました。また、法念は、盗賊や強盗を組織し、各地で悪行を働かせました。

法念の悪行は、やがて鎌倉幕府の耳にも届きました。幕府は、法念を討伐するために軍勢を派遣しましたが、法念はこれを撃退しました。鎌倉幕府は、法念を討伐することができず、やむなく彼を赦免しました。

法念は、赦免された後も悪行を続けました。彼は、武蔵国だけでなく、周辺の諸国にも侵攻し、各地で略奪と殺戮を繰り返しました。やがて、法念は鎌倉幕府によって再び討伐され、討ち取られました。

法念の死後、横山党は衰退し、悪党の時代は終焉を迎えました。しかし、法念の悪行は、人々の記憶に深く刻まれ、現在でも語り継がれています。

南禅寺領矢野荘に強盗

南禅寺領矢野荘に強盗

-南禅寺領矢野荘に強盗-

1325年(正中2年)12月18日、寺田法念率いる強盗団が、南禅寺領の矢野荘を襲撃した。

矢野荘は、現在の滋賀県米原市にある荘園で、南禅寺が荘園領主として支配していた。荘園は、荘園領主である南禅寺に年貢を納める代わりに、荘園内での自治権を認められていた。

この事件は、矢野荘の庄官である矢野三郎左衛門尉が、南禅寺に納める年貢を横領したことが発端となった。南禅寺は、矢野三郎左衛門尉に年貢の納付を命じたが、矢野三郎左衛門尉はこれを拒否した。

そこで、南禅寺は、寺田法念率いる強盗団を派遣して、矢野荘を襲撃させたのである。強盗団は、矢野荘の庄屋を殺害し、矢野荘の住民から財物を奪い取った。

この事件は、南禅寺と矢野荘の住民との間に大きな争いとなった。南禅寺は、矢野荘の住民を処罰するよう幕府に訴えたが、幕府はこれを認めなかった。

そのため、南禅寺と矢野荘の住民との争いは長期化することとなった。この争いは、1333年(元弘3年)に足利尊氏が建武の新政を開始するまで続いた。

この事件は、荘園領主である南禅寺と荘園の住民との間の争いが、室町時代に全国各地で頻発するようになったことを示している。

「都鄙名誉の悪党」とよばれる

「都鄙名誉の悪党」とよばれる

– 寺田法念

-# 「都鄙名誉の悪党」とよばれる

寺田法念は、江戸時代前期の侠客であり、幕府最高の懸賞金である人相書を数多出された大悪党です。
元々は小豆島で江戸時代の侠客の土居六郎左衛門の子分として活動して、その武勇によって名を馳せていましたが、博打に負けたところをまだ日の浅い平野屋手に切りつけられ,傷が治らないうちに決闘に及び、これを斬り殺害したことをきっかけに関東に逃亡、吉原界隈で政太郎と名を変えて活動していました。

その後、法念は江戸へ移住し、そこで博打打ちとして生計を立て始めました。
しかし、法念の性格は非常に凶暴で、博打で負けた相手を斬り殺してしまうことも少なくありませんでした。
そのため、法念は「都鄙名誉の悪党」とよばれるようになり、幕府からも何度も追われる身となりました。

あるとき、法念は博打で大勝したのを機に、江戸を離れて各地を放浪するようになりました。
この放浪中に、法念は数々の悪事を働いており、その中には、人を殺害したり、寺を焼き払ったりするといった大それたものも含まれていました。

法念の悪名は、江戸にも届いており、幕府は法念の逮捕のために、人相書を発行しました。
しかし、法念は人相書を出されても、なお悪事を働き続け、幕府を挑発し続けました。

法念は、最終的には幕府の追っ手に追い詰められて、壮絶な最期を遂げることになります。
しかし、法念の死後も、その伝説は人々の間で語り継がれ続けました。

法念は、江戸時代後期に活躍した大盗賊、石川五右衛門と並び称されるほどの悪党であり、その生涯はまさに波乱万丈でした。
法念の悪事は、現代の感覚では、到底許されるものではありませんが、その豪胆な性格と、幕府に屈することなく、最後まで戦い抜いた姿は、人々を魅了し続けています。

タイトルとURLをコピーしました