– 真敬入道親王

– 真敬入道親王

真敬入道親王の生涯

真敬入道親王の生涯

真敬入道親王の生涯

真敬入道親王(しんけいにゅうどうしんのう、1182年(寿永元年) – 1239年2月10日(嘉禄2年1月18日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての皇族・僧侶。後白河天皇の第5皇子。母は丹波局(平時仲の娘)。後高倉院、後鳥羽院、土御門院の異母弟。

生後まもなく出家し、真快と名乗る。建久9年(1198年)に親王宣下、建仁元年(1201年)に東宮に立つ。建保元年(1213年)に親王辞退、建保2年(1214年)に入道し、真敬と号す。建保7年(1219年)に父の後白河院が没すると、後鳥羽院が即位し、真敬は実質的な最高権力者となる。

建保7年(1219年)には、承久の乱で後鳥羽院と対立し、乱の首謀者とみなされる。乱後は隠岐島に配流され、嘉禄2年(1239年)に没した。

真敬入道親王は、鎌倉幕府の成立に貢献した皇族であり、承久の乱の首謀者として知られている。また、和歌や書道にも優れ、文化人としても知られている。

真敬入道親王の功績

真敬入道親王の功績

– 真敬入道親王の功績

真敬入道親王(1301-1372)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての皇族・僧侶です。北朝の第2代天皇である後醍醐天皇の第6皇子であり、母は西園寺公衡の娘である西園寺瑛子です。

真敬入道親王は、幼少期より仏教に帰依し、13歳で出家して浄土宗に帰依しました。1321年に奈良興福寺の僧侶となり、1328年に権少僧都に任命されました。その後、1331年に金剛峯寺の座主となり、1333年に金剛峯寺の法務を総轄する僧正に任命されました。

真敬入道親王は、南北朝時代における仏教界の指導者として活躍し、仏教の復興に尽力しました。また、朝廷との関係も深く、後醍醐天皇の側近として政治にも影響力を持ちました。

真敬入道親王の功績としては、以下のようなものが挙げられます。

* 南北朝時代に興福寺の再建に尽力し、仏教界の復興に貢献した。
* 京都東山の慈照寺を創建し、日本の仏教史において重要な役割を果たした。
* 朝廷との関係を深め、後醍醐天皇の側近として政治にも影響力を持ち、朝廷の安定に貢献した。

真敬入道親王は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した皇族・僧侶であり、仏教界の復興と朝廷の安定に貢献した人物です。

真敬入道親王のエピソード

真敬入道親王のエピソード

– 真敬入道親王のエピソード

真敬入道親王は、平安時代後期の皇族、僧侶。後白河天皇の第三皇子、母は藤原隆子。法名、真雅法親王(しんがほうしんのう)。歌人としても知られる。

真敬入道親王は、在俗の身のまま、権僧正にまで昇進。また、祇園社、鞍馬寺、仁和寺などの住職を歴任した。永万元年(1165年)、父である後白河天皇が崩御し、異母兄である二条天皇が即位した。

二条天皇の治世は、平清盛の専横が激しくなり、政情が乱れた。そんな中、真敬入道親王は、平清盛と対立。治承3年(1179年)、平清盛の命により、後白河法皇と以仁王が幽閉された。

後白河法皇と以仁王の幽閉に際して、真敬入道親王は、平清盛と対立。平清盛の命により、後白河法皇と以仁王が幽閉された。寿永2年(1183年)、源義仲が京都に攻め入り、平清盛は壇ノ浦の戦いで滅亡した。

平清盛の滅亡後、真敬入道親王は、後白河法皇の院政を助けた。寿永3年(1184年)、藤原頼通が没し、真敬入道親王が摂政に就任した。同年12月、後白河法皇が崩御。後白河法皇の死後、真敬入道親王は、九条兼実らと協力して、後鳥羽天皇を擁立した。

文治3年(1186年)、真敬入道親王は、源義仲を討伐。建久元年(1190年)、奥州藤原氏が滅亡し、日本は統一された。日本が統一された後、真敬入道親王は、九条兼実らと協力して、後鳥羽天皇の親政を支えた。建久9年(1198年)、真敬入道親王は薨去した。享年45。

真敬入道親王は、平清盛と対立し、平清盛の滅亡に貢献した。また、後白河法皇の院政を助けて、日本の統一に貢献した。真敬入道親王は、政治家として、また、僧侶として、重要な役割を果たした。

タイトルとURLをコピーしました