網代智海→ 真言宗室生寺派の設立者

網代智海→ 真言宗室生寺派の設立者

網代智海の生涯と功績

網代智海の生涯と功績

網代智海→ 真言宗室生寺派の設立者

網代智海の生涯と功績

網代智海は、1892年(明治25年)に奈良県吉野郡十津川村に生まれました。幼少の頃から仏教に親しみ、14歳の時に高野山に入山しました。高野山では、密教の奥義を学び、1919年(大正8年)に大僧正に任命されました。

智海は、高野山を拠点に、真言宗の布教に尽力しました。1928年(昭和3年)には、真言宗室生寺派を設立し、初代管長に就任しました。室生寺派は、智海の教えを基に、真言宗の伝統を守りながら、現代社会に適した仏教を展開しています。

智海はまた、社会事業にも積極的に取り組みました。1933年(昭和8年)には、高野山に社会事業部を設置し、貧困や疾病に苦しむ人々を救済しました。また、1945年(昭和20年)には、戦災孤児を収容する施設を設立し、孤児たちの教育と福祉に尽力しました。

智海は、1959年(昭和34年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお高く評価されています。室生寺派は、智海の教えを基に、今日でも真言宗の布教と社会事業に努めています。

智海の生涯を振り返ると、彼は真言宗の伝統を守りながら、現代社会に適した仏教を展開し、社会事業にも積極的に取り組んだ偉大な僧侶であったことがわかります。彼の功績は、今もなお真言宗の信徒たちによって敬愛されています。

権田雷斧に師事し、豊山派の管長に就任

権田雷斧に師事し、豊山派の管長に就任

権田雷斧に師事し、豊山派の管長に就任

網代智海は、権田雷斧に師事し、25歳の時に豊山派の管長に就任しました。権田雷斧は、豊山派の管長を務めた高僧で、網代智海に大きな影響を与えた人物です。権田雷斧は、網代智海に仏教の教えを説き、修行の指導を行いました。また、権田雷斧は、網代智海に豊山派の管長を継がせることを望んでいました。

網代智海は、権田雷斧の教えを受け、修行を重ねました。そして、25歳の時に豊山派の管長に就任しました。網代智海は、管長として豊山派の発展に努めました。網代智海は、豊山派の寺院を整備し、豊山派の僧侶の教育を行いました。また、網代智海は、豊山派の教えを広めるために、各地を巡錫しました。

網代智海は、豊山派の管長として、豊山派の発展に大きな貢献をしました。網代智海は、豊山派の寺院を整備し、豊山派の僧侶の教育を行い、豊山派の教えを広めました。網代智海は、豊山派の管長として、豊山派の発展に大きな貢献をした人物です。

網代智海は、豊山派の管長を退任した後も、仏教の教えを説き、修行を続けました。そして、86歳の時に亡くなりました。網代智海は、仏教の教えを説き、修行を続け、豊山派の発展に貢献した高僧です。

真言宗室生寺派を設立し、管長に就任

真言宗室生寺派を設立し、管長に就任

-真言宗室生寺派を設立し、管長に就任-

網代智海は、明治4年(1871年)に現在の和歌山県紀の川市に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、12歳の時に出家しました。その後、京都の醍醐寺で学び、明治18年(1885年)に真言宗の僧侶としての資格を取得しました。

明治22年(1889年)、網代智海は和歌山県に戻り、高野山教学部の教授に就任しました。また、同年に真言宗室生寺派を設立し、初代管長に就任しました。真言宗室生寺派は、主に和歌山県と奈良県に信徒を持つ真言宗の宗派です。

網代智海は、真言宗室生寺派の管長として、宗派の発展に尽力しました。また、和歌山県における仏教教育にも貢献し、明治25年(1892年)に和歌山県仏教専門学校を開設しました。同校は、現在の和歌山県立橋本高等学校の前身です。

網代智海は、明治44年(1911年)に亡くなりました。その死後、真言宗室生寺派の管長には、弟子の網代智海が就任しました。網代智海は、真言宗室生寺派の管長として、宗派の近代化と発展に尽力しました。

真言宗室生寺派は、現在も和歌山県と奈良県を中心に、全国に約200の寺院を有する宗派です。

タイトルとURLをコピーしました