鎌倉時代の僧・親玄について

鎌倉時代の僧・親玄について

親玄の生涯と功績

親玄の生涯と功績

鎌倉時代の僧・親玄について

親玄の生涯と功績

親玄は、鎌倉時代の僧である。1212年、常陸国久慈郡(現在の茨城県久慈郡)に生まれる。幼くして出家し、京都の東福寺で修行する。その後、鎌倉に移り、建長寺を開山する。建長寺は、鎌倉五山の第一位とされ、禅宗の有力な寺院となった。

親玄は、建長寺の開山として、禅宗の普及に努めた。また、宋に渡り、禅の修行を積んで帰国した。帰国後は、鎌倉幕府の執権・北条時頼の帰依を受け、幕府の顧問として政治に参与した。

親玄は、1280年に死去する。死後、建長寺の開山として、禅宗の祖師として祀られた。親玄の功績は、禅宗の普及と、鎌倉幕府への貢献である。

親玄の禅思想

親玄の禅思想は、無門関に基づいている。無門関は、唐の禅僧である無門慧開が編纂した禅の公案集である。親玄は、無門関を研究し、その思想を日本に伝えた。

親玄の禅思想は、悟りとは、言葉を超えたものであり、修行によって得られるものであるというものである。親玄は、禅の修行によって、悟りを得ることができると説いた。

親玄の禅思想は、鎌倉時代の禅宗に大きな影響を与えた。親玄の弟子の中には、無学祖元、花園天皇、後醍醐天皇など、多くの著名人がいる。

親玄の思想と教え

親玄の思想と教え

-鎌倉時代の僧・親玄について-

親玄(1289~1371)は、鎌倉時代後期~室町時代初期の浄土宗の僧である。晩年に播磨国安芸郡広瀬(現兵庫県姫路市広畑区)に住し、広瀬龍門寺を建立したため、龍門寺長老・広瀬聖人と呼ばれた。

親玄は、世阿弥の父でもある観阿弥を始めとする多くの芸能人と親交があり、法華経を題材とした謡曲『姨捨』や『孔雀経』の原型になったとされる『孔雀経霊験記』の文言などが残されている。

-親玄の思想と教え-

親玄は、法華経の教えに基づいて、浄土往生を説いた。親玄は、法華経は、釈迦の説いた経典の中で最も優れた経典であり、この経典を信じるだけで、浄土に生まれることができる、と説いた。また、親玄は、浄土に生まれるためには、まず、法華経を信じること、次に、法華経を修行すること、最後に、法華経を弘めることが大切である、と説いた。

親玄は、法華経を信じることによって、人々は、苦しみから解放され、幸せになることができると説いた。親玄は、法華経を信じる人は、仏の加護を受け、あらゆる災難から守られる、と説いた。また、親玄は、法華経を信じる人は、心が清らかになり、正しい行いをすることができる、と説いた。

親玄は、法華経を修行することによって、人々は、より高い悟りの境地に達することができると説いた。親玄は、法華経を修行するには、まず、戒律を守ることを、次に、禅定を修めること、最後に、智慧を開発することが大切である、と説いた。

親玄は、法華経を弘めることによって、人々は、多くの人々を救うことができると説いた。親玄は、法華経を弘めることは、仏の教えを広めることであり、最も功徳のあることである、と説いた。また、親玄は、法華経を弘める人は、仏の加護を受け、あらゆる障害を乗り越えることができると説いた。

親玄が残した著作

親玄が残した著作

親玄が残した著作

親玄は、多くの著作を残しました。その中には、仏教の教えをわかりやすく説いたものや、社会問題を論じたものなどがあります。

・『一遍上人絵伝』
親玄の代表作の一つが、『一遍上人絵伝』です。これは、一遍上人の生涯を描いた絵巻物で、親玄が一遍上人の弟子であったことから、その生涯をよく知っていたと思われます。絵巻物には、一遍上人の説法の様子や、弟子たちとの交流の様子などが描かれており、一遍上人の人柄や教えがよく伝わってきます。

・『一言芳談 』
『一言芳談』は、親玄が、仏教の教えをわかりやすく説いた著書です。この本には、仏教の基本的な考え方から、具体的な生き方まで、幅広く説かれています。親玄の教えは、庶民にもわかりやすく、多くの人々に親しまれました。

・『正法眼蔵随聞記』
『正法眼蔵随聞記』は、親玄が、道元禅師の教えをまとめた著書です。この本には、道元禅師の説法の様子や、弟子たちとの問答の様子などが記録されています。道元禅師の教えは、難解な部分もありますが、親玄は、それをわかりやすく解説しています。

親玄は、これらの著作を通して、仏教の教えを広め、社会に貢献しました。彼の著作は、現在でも多くの人々に読まれ、親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました