– 親厳 (1151-1236 平安後期-鎌倉時代の僧)

– 親厳 (1151-1236 平安後期-鎌倉時代の僧)

真言宗の僧侶である親厳の生涯と功績

真言宗の僧侶である親厳の生涯と功績

– 真言宗の僧侶である親厳の生涯と功績

親厳 (1151-1236 平安後期-鎌倉時代の僧) は、真言宗の僧侶であり、東大寺の長老、金剛峯寺の座主を務めた人物です。

親厳は、1151年に大和国 (現在の奈良県) で生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、13歳のときに東大寺に入門しました。そこで、真言宗の教えを学び、密教の修行に励みました。

1184年、親厳は東大寺の長老に任命されました。当時は、源頼朝が鎌倉幕府を開いたばかりであり、日本は戦乱の時代でした。親厳は、東大寺を戦乱から守るために尽力し、寺領の回復や再建に努めました。

1218年、親厳は金剛峯寺の座主に就任しました。金剛峯寺は、真言宗の総本山であり、親厳は真言宗のトップに立つことになりました。親厳は、金剛峯寺を再建し、真言宗の教えを広く伝播させるために尽力しました。

親厳は、1236年に86歳で亡くなりました。親厳は、真言宗の発展に大きく貢献した僧侶であり、その功績は今日でも高く評価されています。

親厳の生涯と功績をまとめると、以下のようになります。

* 1151年、大和国で生まれる。
* 13歳のときに東大寺に入門。
* 1184年、東大寺の長老に任命。
* 1218年、金剛峯寺の座主に就任。
* 1236年、86歳で亡くなる。

随心院の初代門跡となった親厳

随心院の初代門跡となった親厳

随心院の初代門跡となった親厳

親厳は、平安後期から鎌倉時代にかけての僧です。1151年に生まれ、1236年に亡くなりました。随心院の初代門跡となり、浄土宗の発展に貢献しました。

親厳は、美濃国生まれの僧でした。東大寺で学び、17歳の時に出家しました。その後、鎌倉に下り、建仁寺で源頼朝に謁見しました。頼朝は、親厳の学識と人格を高く評価し、彼に随心院の再建を命じました。

親厳は、随心院の再建に尽力し、1195年に随心院を完成させました。随心院は、鎌倉時代に浄土宗の中心寺院の一つとなり、多くの僧侶が集まりました。親厳は、随心院で浄土宗の教えを説き、多くの弟子を育てました。

親厳は、浄土宗の発展に貢献しただけでなく、日本の文化にも大きな影響を与えました。親厳は、和歌や漢詩に優れ、多くの作品を残しています。また、親厳は、浄土宗の教えに基づいて、社会福祉活動を積極的に行いました。親厳は、孤児や貧困者に施しを行い、病院や養老院を設立しました。

親厳は、浄土宗の発展と日本の文化に大きな貢献をした偉大な僧侶です。親厳の死後、随心院は浄土宗の中心寺院として栄え続け、今日に至っています。

祈雨の法や中宮安産の祈祷をおこなった親厳

祈雨の法や中宮安産の祈祷をおこなった親厳

-祈雨の法や中宮安産の祈祷をおこなった親厳-

親厳は、平安後期から鎌倉時代初期にかけての僧侶です。1151年に生まれ、1236年に亡くなりました。東大寺戒壇院の学頭であり、学僧として広く敬愛されました。また、親厳は祈雨の法や中宮安産の祈祷をおこない、その祈りが叶えられたことから、霊験あらたかな僧侶として人々の信仰を集めました。

親厳が祈雨の法をおこなったのは、1205年のことです。この年は、旱魃が続き、人々は干ばつに苦しんでいました。親厳は、東大寺の大仏殿で祈雨の法をおこない、数日のうちに雨が降りました。人々は、親厳の祈りが叶えられたとして、大いに喜びました。

親厳が中宮安産の祈祷をおこなったのは、1211年のことです。この年は、中宮(天皇の妻)が身ごもっていたのですが、難産が予想されていました。親厳は、中宮の安産を祈って祈祷をおこない、無事に皇子を出産しました。人々は、親厳の祈祷が叶えられたとして、大いに喜びました。

親厳は、祈雨の法や中宮安産の祈祷をおこなった霊験あらたかな僧侶として、人々の信仰を集めました。また、親厳は学僧としても広く敬愛され、東大寺戒壇院の学頭として、多くの弟子を育成しました。親厳は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて、仏教界に大きな影響を与えた重要な人物の一人です。

タイトルとURLをコピーしました