林元美 – 江戸時代後期の囲碁棋士

林元美 – 江戸時代後期の囲碁棋士

林元美の生涯と経歴

林元美の生涯と経歴

林元美の生涯と経歴

林元美(はやし もとみ)は、江戸時代後期の囲碁棋士です。本名は林源太夫、通称は源三。安永3年(1774年)に常陸国(現在の茨城県)水戸藩に生まれ、文化12年(1815年)に42歳で亡くなりました。

元美は幼い頃から囲碁を学び、天明元年(1781年)に7歳で初段を取得しました。その後、江戸に出て本因坊跡目家を継いだ一関検校の門下に入り、頭角を現しました。寛政12年(1800年)に名人位を襲位し、文化2年(1805年)には四段に昇段しました。

元美は、本因坊丈和、井上因碩、安井算英らと並ぶ江戸時代後期の四天王の一人とされ、優れた棋力と独創的な戦法で知られました。また、棋譜の研究にも熱心で、多くの棋書を残しました。

元美は文化12年(1815年)に42歳で亡くなりましたが、その棋力は高く評価されており、現在でも多くの囲碁ファンに愛されています。

林元美の碁の強さと対局歴

林元美の碁の強さと対局歴

-林元美の碁の強さと対局歴-

林元美は、江戸時代後期に活躍した囲碁棋士です。本因坊家と安井家の二大流派に匹敵する棋力を持ち、御城碁にも出場しました。

林元美の碁の強さを示すエピソードの一つとして、御城碁での全勝記録があります。御城碁は、江戸幕府が主催する囲碁の大会で、本因坊家と安井家の二大流派の棋士が参加していました。林元美は、御城碁に5回出場し、全5戦全勝の成績を残しました。これは、御城碁の歴史上、唯一の全勝記録です。

また、林元美は、本因坊烈元と安井算知、二つの家元のライバルと対局しています。林元美が烈元と対局したのは、名人碁所就位対局でした。この対局は、3カ月間にわたって行われ、林元美は烈元に敗れました。しかし、林元美は、算知との対局に勝利し、算知が本因坊を襲位するのを阻止しました。

林元美は、御城碁での全勝記録や名人碁所就位対局での烈元への敗北、算知との対局での勝利など、数多くの功績を残しました。林元美は、江戸時代後期を代表する棋士の一人であり、その碁の強さは、現在でも高く評価されています。

林元美が遺した著作と功績

林元美が遺した著作と功績

林元美が遺した著作と功績

林元美は、江戸時代後期の囲碁棋士です。本因坊道策の弟子であり、名人位を4度獲得しました。また、囲碁の理論書である「林元美囲碁先手定石」を著し、囲碁界に大きな影響を与えました。

-林元美囲碁先手定石-

林元美囲碁先手定石は、1790年に出版された囲碁の理論書です。この本は、白番が先手を取った場合の定石を詳細に解説しており、後世の棋士たちに大きな影響を与えました。林元美囲碁先手定石は、現代でも囲碁の入門書として広く読まれています。

-林元美の功績-

林元美は、本因坊道策の弟子であり、名人位を4度獲得しました。また、囲碁の理論書である「林元美囲碁先手定石」を著し、囲碁界に大きな影響を与えました。林元美は、日本の囲碁界の発展に貢献した偉大な棋士です。

-林元美が残した偉業-

林元美は、本因坊道策の弟子であり、名人位を4度獲得しました。これは、本因坊道策の8度に次ぐ記録です。また、林元美は囲碁の理論書である「林元美囲碁先手定石」を著し、囲碁界に大きな影響を与えました。この本は、現代でも囲碁の入門書として広く読まれています。林元美は、日本の囲碁界の発展に貢献した偉大な棋士です。

タイトルとURLをコピーしました