林権助(1)とその生涯【江戸時代後期の武士】

林権助(1)とその生涯【江戸時代後期の武士】

林権助(1)の経歴と生い立ち

林権助(1)の経歴と生い立ち

林権助(1)の経歴と生い立ち

林権助(1)は、江戸時代後期の武士、旗本。号は巴山。通称は弥太郎、のち権助。上総国夷隅郡小林村(現在の千葉県夷隅市)の出身。父は小林氏、母は上総国夷隅郡市野郷の郷士・市野掃部之丞の娘。

幼名は弥太郎。11歳の時、父が死去。家督を継ぎ、小林氏を称した。16歳で江戸に出て、旗本の林氏に仕えた。

林氏は、戦国時代から続く名門旗本で、徳川将軍家にも重きをなした家柄であった。権助は、林氏に仕えてから、頭角を現し、やがて旗本の地位を得た。

権助は、旗本として、江戸城の警備や、諸藩の接待など、さまざまな任務を務めた。また、学問にも優れており、儒学や兵学を修めた。

権助は、1764年(明和元年)に死去した。享年59。

権助は、旗本として、江戸幕府に仕え、その功績を称えられた人物である。また、学問にも優れており、後世に多くの著作を残した。

幕末の京都守護職としての役割

幕末の京都守護職としての役割

幕末の京都守護職としての役割

林権助は、幕末の京都守護職として、京都の治安維持に努めました。京都守護職は、幕府が京都に設置した機関で、京都の治安維持と天皇の警護を任務としていました。

林権助は、文久3年(1863年)に京都守護職に就任しました。当時は、尊王攘夷運動が高まっており、京都は過激派志士の襲撃を受ける危険性がありました。林権助は、京都の治安維持のため、厳重な警備を敷き、過激派志士の取り締まりを強化しました。

また、林権助は、京都の公家や寺社との関係を密にし、京都の情勢を常に把握していました。これにより、過激派志士の動きを先回りして防ぐことができ、京都の治安維持に貢献しました。

元治元年(1864年)の禁門の変では、林権助は、長州藩の奇兵隊を撃退し、天皇の安全を守りました。禁門の変は、尊王攘夷派と佐幕派の衝突であり、京都は戦場と化していました。林権助は、京都の治安維持と天皇の警護を全うし、幕府の威信を高めました。

林権助は、慶応3年(1867年)に京都守護職を辞任しました。辞任後は、新政府に参加し、明治政府の要職を歴任しました。

鳥羽・伏見の戦いで負傷・死去

鳥羽・伏見の戦いで負傷・死去

-鳥羽・伏見の戦いで負傷・死去-

1868年(慶応4年)1月3日、鳥羽・伏見の戦いが勃発しました。この戦いで、林権助は右大腿部に銃弾を受け、重傷を負いました。戦後、権助は京都の西本願寺に収容され、治療を受けましたが、1月19日に死去しました。享年57歳でした。

権助の死は、新政府軍に大きな衝撃を与えました。権助は、新政府軍の最高指揮官である東久世通禧の側近であり、参謀として活躍していました。権助の死は、新政府軍の指揮系統を混乱させ、戦局を不利にしました。

また、権助の死は、薩摩藩と長州藩の関係を悪化させました。薩摩藩は、権助を暗殺するために長州藩が刺客を送り込んだと疑い、長州藩に不信感を抱きました。このことが、戊辰戦争の拡大につながりました。

権助の死は、日本史において重要な意味を持っています。権助の死は、新政府軍に大きな打撃を与え、戊辰戦争の拡大につながりました。また、薩摩藩と長州藩の関係を悪化させ、明治維新後の政局に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました