林崎甚助(⇒林崎重信(はやしざき-しげのぶ))について

林崎甚助(⇒林崎重信(はやしざき-しげのぶ))について

林崎甚助とは

林崎甚助とは

林崎甚助とは

林崎甚助(⇒林崎重信(はやしざき-しげのぶ))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。越前国朝倉氏の家臣。父は林崎甚右衛門重朝。通称は与次郎、監物。

林崎氏は、加賀国の豪族で、朝倉氏に代々仕えた。甚助は、永禄12年(1569年)に朝倉義景が加賀一向一揆を鎮圧した際に功を挙げ、越前国坂井郡の代官に任命された。

元亀元年(1570年)、織田信長が越前国に侵攻すると、甚助は朝倉軍の先鋒として織田軍と戦った。しかし、織田軍の猛攻の前に朝倉軍は敗北し、甚助も戦死した。

甚助は勇猛果敢な武将であり、朝倉氏に忠誠を尽くした。その死は、朝倉氏にとって大きな損失となった。

林崎重信とは

林崎重信とは

林崎重信とは

林崎重信(はやしざき-しげのぶ)は江戸時代の武士、旗本です。

重信の生年は不詳ですが、寛永14年(1637年)に、父である林崎甚助久政(はやしざきじんすけひさまさ)の跡を継いで家督を相続したことが知られています。

重信は槍術に優れており、将軍徳川家光の鷹狩りの供をして、その才能を認められました。

明暦元年(1655年)、小納戸組に列し、その後、御納戸衆、目付、小普請奉行などを歴任しました。

寛文5年(1665年)、重信は老中となり、寛文10年(1670年)までその任に就きました。

重信は老中として、寛文新令(寛文の改革)の制定など、幕政の改革に尽力しました。

寛文10年(1670年)に死去しました。

重信は、優れた武士であり、政治家でした。

また、俳諧をたしなみ、俳号を「召波(めしなみ)」と称していました。

林崎重信の功績

林崎重信の功績

-林崎重信の功績-

林崎重信は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。通称は甚助。近江国野洲郡林崎村(現在の滋賀県野洲市林崎)の出身で、林崎氏の末裔と言われています。

重信は、若い頃から織田信長に仕え、信長の側近として活躍しました。信長の死後、豊臣秀吉に仕え、引き続き重用されました。秀吉の朝鮮出兵では、第二軍の総大将として朝鮮渡海を果たし、朝鮮軍を相手に数々の戦功をあげました。

また、重信は文武両道の武将としても知られ、和歌や書道に優れていました。秀吉から「当代の名筆」と褒められたと言われています。

重信の功績は、以下の通りです。

* 織田信長に仕え、信長の側近として活躍
* 豊臣秀吉に仕え、引き続き重用される
* 朝鮮出兵では、第二軍の総大将として朝鮮渡海を果たし、数々の戦功をあげる
* 文武両道の武将として知られ、和歌や書道に優れる

重信は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した名将であり、その功績は今日でも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました