鎌倉・南北朝時代の連歌師、「信昭(2)」

鎌倉・南北朝時代の連歌師、「信昭(2)」

信昭(2)の生涯と経歴

信昭(2)の生涯と経歴

信昭(2)の生涯と経歴

信昭(2)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した連歌師です。生没年は不詳ですが、1300年頃に生まれたと考えられています。

信昭(2)は、信濃国佐久郡(現在の長野県佐久市)に生まれました。幼い頃から和歌を学び、15歳で京都に上り、二条良基に師事しました。二条良基は、室町時代初期の公卿で、歌人としても知られていました。信昭(2)は、二条良基から和歌の指導を受け、連歌の才能を伸ばしました。

信昭(2)は、20歳頃に連歌師として独立しました。1336年には、後醍醐天皇の皇子である宗良親王の和歌会に出席しています。宗良親王は、連歌を愛好しており、信昭(2)は宗良親王に連歌の指導を行いました。

信昭(2)は、連歌師として活躍する一方で、和歌の創作も行っていました。信昭(2)の和歌は、『新撰菟玖波集』や『新葉和歌集』などの勅撰和歌集に収められています。

信昭(2)は、1352年に亡くなりました。享年は52歳でした。信昭(2)は、連歌師として活躍しただけでなく、和歌の創作でも功績を残しています。

地下の連歌師としての活動

地下の連歌師としての活動

-地下の連歌師としての活動-

信昭は、地下の連歌師としても活躍しました。地下とは、宮廷や貴族の館を指します。連歌師は、地下で歌会を開いたり、連歌の会に参加したりしました。

信昭は、地下の歌会で活躍しました。信昭は、歌会で高い評価を受け、連歌師として名をあげました。信昭は、連歌の会に参加しました。連歌の会とは、連歌師が集まって連歌を詠む会です。信昭は、連歌の会に参加して、他の連歌師と交流を深めました。

信昭は、地下の連歌師として活躍し、連歌師として名をあげました。信昭は、連歌の会に参加して、他の連歌師と交流を深めました。信昭は、連歌師として生涯を終えました。

「菟玖波集」に載る20句について

「菟玖波集」に載る20句について

– 「菟玖波集」に載る20句について

信昭は、「菟玖波集」の編纂者であり、20句を載せている。

1. 「春霞たつや春日野の若草を分けゆく駒の鈴の音かな」
2. 「梅の花咲きぬるにほひをたずねてば春の心ぞ知るべかりける」
3. 「桃の花散りてし後は郭公はるかに啼きて夏の近きや」
4. 「杜鵑なきて山里のけしきかな森の下きえぞしるべき」
5. 「五月雨に木の葉がくれのほととぎすなくこころこそしらぬものから」
6. 「初蝉の羽風涼しくながれきて窓のすだれに音ぞするなる」
7. 「水無月のかげのいでつつ夜すがらにひとりすずしく見るべかりけり」
8. 「七夕の天の川原をながむれば鵲の橋のほのかに見ゆかな」
9. 「秋風の吹きて紅葉の散るを見て帰る雁のむれや過ぎゆく」
10. 「萩の花うつろふ色にあはれなる露の玉とも散りそめぬかな」
11. 「すすきの穂風になびきて秋風のいと吹きすさぶ夜ぞ寒き」
12. 「鹿のなく声のすごみにさそわれて秋更け行く夜半をぞ知る」
13. 「霜降りて枯野の草葉色あせて行くに秋もいまぞ深きにけるかな」
14. 「冬枯れの森の下陰の落葉を踏みわけつつ行く駒の足音」
15. 「雪降りて山も野もしろくぞ見ゆるかな梅の花のちりかふらん」
16. 「水鶏のつらつらなれど鳴く声に冬も尽きぬる春ぞ近きや」
17. 「春めきて野辺の草木も萌え出でて花の盛りを待ちわびにける」
18. 「鶯の谷に鳴きて花の香をたずねていくばくか春ぞ長きや」
19. 「山里のけしきも春にやどりつつ花の色香をかぐべかりけり」
20. 「花の盛りを惜しみつつ帰る雁のむれもはるかになりにけるかな」

信昭の句は、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものが多く、連歌師としての感性を伺うことができる。

タイトルとURLをコピーしました