伝翁品騰 – 室町時代に活躍した曹洞宗の僧

伝翁品騰 – 室町時代に活躍した曹洞宗の僧

伝翁品騰の生涯

伝翁品騰の生涯

-伝翁品騰の生涯-

伝翁品騰(でんおう・ほんとう)は、室町時代に活躍した曹洞宗の僧です。永享10年(1438年)、出羽国最上郡(現在の山形県最上郡)に生まれ、幼少期から仏教に帰依しました。

18歳のとき、故郷である最上郡を離れ、越後国(現在の新潟県)にある国泰寺で出家しました。国泰寺は、曹洞宗の総本山である永平寺(石川県)の末寺であり、伝翁はここで曹洞宗の教えを学びました。

国泰寺で修行を積んだ後、伝翁は永平寺に移り、厳しい修行に励みました。永平寺で10年間修行を積んだ後、悟りを開いたといわれています。

悟りを開いた後、伝翁は各地を遊行し、曹洞宗の教えを説きました。また、多くの弟子を育て、曹洞宗の普及に努めました。

文明7年(1475年)、伝翁は永平寺の住職となりました。永平寺の住職として、曹洞宗の教えを正しく伝え、多くの弟子を育てました。

永正5年(1508年)、伝翁は永平寺で入寂しました。享年71歳でした。

伝翁は、曹洞宗の発展に大きく貢献した僧として知られています。また、禅の教えを日本に広めたことで知られています。

伝翁品騰の功績

伝翁品騰の功績

伝翁品騰の功績

伝翁品騰は、室町時代に活躍した曹洞宗の僧侶である。彼は、曹洞宗の学問と実践を復興し、曹洞宗の寺院を全国に広めた功績で知られている。

伝翁品騰は、1371年に加賀国(現在の石川県)で生まれた。彼は、幼い頃から仏教に興味を持ち、15歳で出家して曹洞宗の僧侶となった。その後、彼は、京都の建仁寺で修行し、曹洞宗の学問と実践を学んだ。

1410年、伝翁品騰は、京都に總持寺を開創した。總持寺は、曹洞宗の総本山として、曹洞宗の学問と実践の中心地となった。伝翁品騰は、總持寺で、曹洞宗の学問と実践を教え、多くの弟子を育てた。

また、伝翁品騰は、曹洞宗の寺院を全国に広めた。彼は、全国各地を巡って、曹洞宗の寺院を建立した。また、彼は、曹洞宗の僧侶を各地に派遣して、曹洞宗の教えを広めた。

伝翁品騰は、1458年に88歳で亡くなった。彼は、曹洞宗の学問と実践を復興し、曹洞宗の寺院を全国に広めた功績で知られている。

伝翁品騰の功績は、曹洞宗の発展に大きく貢献した。曹洞宗は、伝翁品騰の功績によって、日本仏教の重要な宗派の一つとなった。

伝翁品騰の教え

伝翁品騰の教え

-伝翁品騰の教え-

伝翁品騰は、室町時代に活躍した曹洞宗の僧で、その教えは多くの信者に影響を与えました。彼の教えは、悟りを得るためには、坐禅をして心を落ち着かせ、仏の教えを学ぶことが大切であるというものでした。

伝翁品騰は、坐禅をすることで、煩悩を消し去り、心を清めることができると説きました。また、仏の教えを学ぶことで、悟りへの道を歩むことができるとしています。彼の教えは、多くの信者に受け入れられ、曹洞宗の発展に大きく寄与しました。

伝翁品騰の教えの特徴の一つは、その実践性を重視している点です。彼は、坐禅や仏の教えを学ぶことは、単なる知識の習得ではなく、実際に実践することで悟りへの道を歩むことができるとしています。そのため、彼は、信者に坐禅を指導したり、仏の教えを説いたりすることで、悟りへの道を歩むことを助けました。

また、伝翁品騰の教えの特徴の一つは、その慈悲の心です。彼は、すべての生き物を慈しみ、平等に接することを説きました。また、彼は、社会に尽くすことを重視し、信者に社会のために尽くすことを勧めました。彼の慈悲の心は、多くの人々の心を動かし、彼の教えを信じる者が増えました。

伝翁品騰の教えは、室町時代の曹洞宗の発展に大きく寄与し、現在でも多くの信者に影響を与えています。彼の教えは、悟りへの道を歩むための実践的な方法を示しており、その慈悲の心は多くの人々の心を動かしています。

タイトルとURLをコピーしました