飛鳥井教定の和歌集と文学

飛鳥井教定の和歌集と文学

飛鳥井教定の作品と影響

飛鳥井教定の作品と影響

-飛鳥井教定の作品と影響-

飛鳥井教定は、鎌倉時代中期の歌人であり、公卿です。後鳥羽上皇に仕え、建仁元年(1201年)に左近衛権少将に任じられ、その後、左近衛権中将、左近衛中将などを歴任しました。建保7年(1219年)には従三位に叙せられ、嘉禄元年(1225年)には権中納言に任じられました。

教定は、『金葉和歌集』の撰者の一人であり、その歌風は、『新古今和歌集』に大きな影響を与えました。教定の歌は、自然を詠んだものが多く、その繊細な表現と優美な調べが特徴です。また、恋の歌も多く詠んでおり、その中には、深い愛情と切なさを感じさせるものもあります。

教定の作品は、多くの歌人に影響を与え、その歌風は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて流行しました。教定の弟子には、藤原良経、藤原為家、源具親などがおり、彼らは、教定の歌風を受け継ぎ、鎌倉時代の和歌の発展に貢献しました。

教定の和歌は、『新古今和歌集』をはじめとした勅撰和歌集に多く入集しており、その歌風は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて流行しました。また、教定の和歌は、多くの歌人に影響を与え、その弟子には、藤原良経、藤原為家、源具親などがおり、彼らは、教定の歌風を受け継ぎ、鎌倉時代の和歌の発展に貢献しました。

飛鳥井教定の生涯と和歌

飛鳥井教定の生涯と和歌

-飛鳥井教定の生涯と和歌-

飛鳥井教定(1198-1287)は、鎌倉時代前期の歌人・公卿です。飛鳥井家2代当主であり、藤原定家の孫にあたります。

教定は、久安4年(1148年)に藤原定家の三男として生まれました。父定家は、平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した歌人で、藤原俊成とともに新古今和歌集の撰者の一人でもあります。

教定は、定家の死後、飛鳥井家を継ぎ、久安6年(1150年)に侍従に任じられます。その後、蔵人・右兵衛督・左兵衛督・左近衛権中将などを歴任し、建久8年(1197年)には従三位に叙せられます。

建久10年(1199年)、教定は後鳥羽天皇の勅命により、承久3年(1221年)に完成した新古今和歌集を撰集します。新古今和歌集は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての歌を収めた敕撰和歌集であり、和歌史上最も重要な歌集のひとつとされています。

承久3年(1221年)、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して挙兵した承久の乱が発生します。教定は上皇側についたため、乱後に配流されます。その後、赦されて帰京し、弘安元年(1278年)には内大臣に任じられます。

弘安10年(1287年)、教定は90歳で薨去しました。

教定は、新古今和歌集の撰集者として知られていますが、自身も優れた歌人であり、家集『教定集』を残しています。『教定集』には、教定の和歌約1,000首が収められており、その多くが恋の歌です。教定の歌は、優美で繊細な表現が特徴で、新古今和歌集に代表される鎌倉時代の和歌の主流をなしています。

飛鳥井教定の和歌集と代表作

飛鳥井教定の和歌集と代表作

-飛鳥井教定の和歌集と代表作-

飛鳥井教定(1278-1352)は中世の日本の歌人、公卿。飛鳥井家の祖。和歌の名手として知られ、多くの和歌集を残した。また、『新後拾遺和歌集』(1332年)の編纂にも携わった。

-代表作-

* 『新古今和歌集』(1225年)
* 『新後拾遺和歌集』(1332年)
* 『教定集』(1340年頃)
* 『俊成卿女集』(1344年頃)

これらの和歌集には、恋や自然をテーマにした数多くの和歌が収められている。教定の歌は、優美で洗練された作風で知られている。

-新古今和歌集-

『新古今和歌集』は、鎌倉時代初頭に藤原定家が編纂した勅撰和歌集。平安時代末期から鎌倉時代初期までの和歌を集めたもので、全20巻からなる。教定は、この和歌集の編纂に協力した歌人の一人である。

-新後拾遺和歌集-

『新後拾遺和歌集』は、南北朝時代に二条為世が編纂した勅撰和歌集。鎌倉時代中期から南北朝時代初期までの和歌を集めたもので、全20巻からなる。教定は、この和歌集の編纂に協力した歌人の一人である。

-教定集-

『教定集』は、教定が編纂した私家集。鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての歌を集めたもので、全5巻からなる。教定の歌の特色である、優美で洗練された作風が顕著に表れている。

-俊成卿女集-

『俊成卿女集』は、教定が編纂した私家集。後鳥羽上皇の皇女である俊成卿女の歌を集めたもので、全1巻からなる。俊成卿女は、教定の妻であり、後鳥羽上皇の皇女であった。俊成卿女の歌は、優雅で情趣豊かな作風で知られている。

タイトルとURLをコピーしました