飛鳥井雅章 – 江戸時代前期の歌人

飛鳥井雅章 – 江戸時代前期の歌人

飛鳥井雅章の生涯

飛鳥井雅章の生涯

– 飛鳥井雅章の生涯

飛鳥井雅章は、江戸時代前期の歌人です。1616年に京都で生まれ、1679年に亡くなりました。本名は雅行(まさゆき)といい、別号に芦分け(あしわけ)があります。

雅章は、飛鳥井家の嫡男として生まれました。父は飛鳥井雅康(まさやす)、母は九条兼孝(かねたか)の娘です。雅章は、幼い頃から和歌を学び、16歳で勅撰和歌集である『新続古今和歌集』に初入集しました。その後、雅章は権中納言まで昇進し、歌壇の重鎮として活躍しました。

雅章の歌は、清新で優美な作風で知られています。特に、自然を詠んだ歌に秀でており、「花は桜木人は武士」の歌は、広く知られています。また、雅章は、和歌の理論家としても知られており、歌論書『歌学問答』を残しています。

雅章は、江戸時代前期の歌壇を代表する歌人であり、その歌は、現在でも多くの人に愛唱されています。

飛鳥井雅章の功績

飛鳥井雅章の功績

# 飛鳥井雅章の功績

飛鳥井雅章は、江戸時代前期の歌人である。飛鳥井雅親の子として生まれ、雅章の祖父である飛鳥井雅広から歌を学んだ。雅章は、歌人として優れた才能を発揮し、多くの歌を詠んだ。その歌は、幽玄で風雅な作風で、当時の歌壇で高い評価を得た。

雅章は、歌人としてだけではなく、歌学の研究においても大きな功績を残した。雅章は、歌学の書物である『百人一首』を編纂した。百人一首は、平安時代から鎌倉時代にかけての歌人の歌を集めたもので、雅章が選定した歌は、日本の和歌史に残る名歌ばかりである。

百人一首は、単に歌を集めた書物ではなく、雅章の和歌に対する深い理解と洞察力を示すものである。雅章は、百人一首の序文の中で、歌の心得について述べている。雅章は、歌を詠む際には、心の中に浮かんだ感情をそのままに表現することが大切であると説いた。雅章のこの考え方は、後の歌人に大きな影響を与えた。

雅章は、歌人として、歌学の研究者として、日本の和歌文化の発展に大きく貢献した。雅章は、日本の和歌史にその名を残す偉大な歌人である。

飛鳥井雅章の作品

飛鳥井雅章の作品

-飛鳥井雅章の作品-

飛鳥井雅章は、江戸時代前期の歌人として知られています。彼の作品は、当時の和歌壇に大きな影響を与え、多くの歌人が彼の歌を模倣しました。雅章の歌は、優美で典雅な表現と、深い情感をたたえた内容が特徴です。

雅章の作品には、和歌集『雅章集』や、連歌集『雅章連歌集』などがあります。『雅章集』は、雅章が晩年にまとめた和歌集であり、彼の代表作として知られています。この歌集には、雅章の和歌約1,000首が収められており、彼の和歌の技巧の高さや、豊かな情感を味わうことができます。

『雅章連歌集』は、雅章が連歌師として活躍した際に詠んだ連歌を集めた歌集です。連歌は、複数の歌人が交互に歌を詠み継いでいく詩歌の形式であり、雅章は連歌師としても高い評価を受けていました。この歌集には、雅章の連歌約1,500首が収められており、彼の連歌の技巧や、豊かな想像力を垣間見ることができます。

雅章の歌は、当時の和歌壇に大きな影響を与えました。彼の歌は、優美で典雅な表現と、深い情感をたたえた内容で、多くの歌人が彼の歌を模倣しました。雅章の歌は、今日でも多くの人々に愛されており、彼の作品は和歌の古典として高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました