暴僧天忠の生涯と大岡越前守との対決

暴僧天忠の生涯と大岡越前守との対決

天忠の出生と出自

天忠の出生と出自

-天忠の出生と出自-

天忠は、1668年に武蔵国(現在の埼玉県)の農家に生まれた。幼名は新蔵で、貧しいながらも幸せな家庭で育った。しかし、10歳の時に両親が相次いで亡くなり、天涯孤独の身となった。

その後、天忠は寺に引き取られ、そこで仏教を学んだ。天忠は聡明で、すぐに頭角を現した。しかし、天忠は性格が激しく、すぐに怒鳴り散らすようなところがあった。そのために、寺では問題児扱いされ、最終的には寺を追い出されてしまった。

天忠は、寺を追い出された後、江戸に流れ着いた。江戸では、天忠は日雇い労働者として働いていた。しかし、天忠は日雇い労働者としての生活に満足できず、すぐに博打に手を出し、借金まみれになってしまった。

その後、天忠は借金を返済するため、強盗を働くようになった。天忠は、強盗を働く際にも性格の激しさが表れ、非常な残虐性を発揮した。そのために、天忠は「暴僧天忠」と呼ばれるようになった。

天忠の悪行は、やがて大岡越前守の耳にも届いた。大岡越前守は、天忠を捕らえるために何度も捜査を行ったが、天忠は捕まらず、逆に大岡越前守を嘲笑っていた。

しかし、ある日、天忠が大岡越前守の屋敷に押し入ろうとしたところ、大岡越前守の配下に捕らえられてしまった。天忠は、大岡越前守の厳しい尋問を受けたが、最後まで犯行を否認した。

しかし、大岡越前守は、天忠の犯行を立証する証拠を握っていた。天忠は、大岡越前守に裁かれ、死刑を宣告された。天忠は1707年、江戸で処刑された。

遠島に処せられる

遠島に処せられる

– 遠島に処せられる

天忠は、大岡越前守との対決に敗れ、遠島に処せられることになった。流罪先は、伊豆大島であった。天忠は、伊豆大島に流されてからも、なおも大岡越前守を恨み続け、呪詛を飛ばし続けたという。しかし、大岡越前守は、天忠の呪詛に屈することなく、江戸の町を平和に治め続けた。

天忠は、伊豆大島で10年間の流刑生活を送った後、63歳で病死した。天忠の死後、その弟子たちは、天忠の遺体を江戸に持ち帰り、谷中天王寺に葬った。天忠の墓は、現在も谷中天王寺にある。

天忠の生涯は、波乱万丈であった。天忠は、僧侶でありながら、武芸に秀でており、多くの敵を倒した。また、天忠は、大岡越前守と対決し、遠島に処せられた。しかし、天忠は、最後まで自分の信念を貫き通し、死の間際まで大岡越前守を恨み続けた。

天忠の生涯は、私たちに多くのことを教えてくれる。天忠は、たとえどんな困難に遭っても、自分の信念を貫き通すことの大切さを教えてくれる。また、天忠は、敵に屈することなく、最後まで戦い抜くことの大切さを教えてくれる。天忠の生涯は、私たちにとって、大きな学びとなる。

タイトルとURLをコピーしました