飛鳥井雅賢 – 生涯と猪熊事件

飛鳥井雅賢 – 生涯と猪熊事件

飛鳥井雅賢の生涯

飛鳥井雅賢の生涯

-飛鳥井雅賢の生涯-

飛鳥井雅賢(あすかい まさかた)は、鎌倉時代後期の公卿です。飛鳥井家の第2代当主であり、従一位権大納言まで昇進しました。父は飛鳥井雅有、母は葉室頼顕の娘です。雅賢は、幼い頃から聡明で学問を好み、13歳で従五位下に叙爵されました。その後、侍従、左近衛少将、右近衛中将などを歴任し、25歳で権中納言に任じられました。

雅賢は、政治家としての実績も残しており、鎌倉幕府との交渉役を務め、朝廷と幕府の関係を良好に保つことに貢献しました。また、歌人としても知られ、新古今和歌集に4首入選しています。

しかし、雅賢の生涯は、猪熊事件によって暗転します。猪熊事件とは、鎌倉幕府第8代執権である北条時宗が、雅賢の弟である猪熊能員の殺害を命じた事件です。時宗は、能員が謀反を企てていると疑い、雅賢に能員の処刑を命じました。雅賢は、能員の無実を訴えて処刑を拒否しましたが、時宗の命に従わなければ、雅賢一家全員が処刑されると脅迫され、ついに能員の殺害を承諾しました。

能員の殺害後、雅賢は朝廷から追放され、出家して仏門に入りました。雅賢は、出家後は、罪を償うために諸国を放浪し、建治3年(1277年)に亡くなりました。

雅賢は、才能豊かで将来を嘱望された公卿でしたが、猪熊事件によって悲劇的な生涯を送りました。雅賢の死後、飛鳥井家は一時衰退しましたが、後に雅賢の孫である雅教が飛鳥井家を再興し、飛鳥井家は江戸時代まで公卿として存続しました。

猪熊事件とは?

猪熊事件とは?

-猪熊事件とは?-

猪熊事件とは、1870年(明治3年)7月7日に起こった、京都府猪熊村(現在の京都府綾部市)で発生した、地主と小作人との間で起きた争いのことである。

事件のきっかけは、猪熊村の地主である飛鳥井雅賢が、小作人である猪熊半蔵に小作料の支払いを求め、猪熊半蔵がこれを拒否したことに始まる。飛鳥井雅賢は、猪熊半蔵を訴訟し、猪熊半蔵は敗訴した。しかし、猪熊半蔵は、飛鳥井雅賢の勝訴判決を不服として、飛鳥井雅賢を襲撃し、飛鳥井雅賢は死亡した。

猪熊事件は、明治初期の混乱期に起こった、地主と小作人との間で起きた争いの典型的な例として知られている。また、猪熊事件は、飛鳥井雅賢の死後、飛鳥井雅賢の妻である飛鳥井千賀子が、夫である飛鳥井雅賢の仇である猪熊半蔵に復讐するために、猪熊半蔵を殺害したという、いわゆる「飛鳥井事件」へと発展した。

飛鳥井事件は、明治初期の混乱期に起こった、地主と小作人との間の争いの典型的な例として知られている。また、飛鳥井事件は、明治時代の有名な事件のひとつであり、多くの小説やドラマの題材となっている。

寛永3年閏4月16日、隠岐の地で死去

寛永3年閏4月16日、隠岐の地で死去

-寛永3年閏4月16日、隠岐の地で死去-

飛鳥井雅賢は、寛永3年閏4月16日(1626年6月5日)に、隠岐国海士郡西郷の地(現在の島根県西郷港町)で死去しました。享年66歳でした。雅賢は、公卿として朝廷に仕えていましたが、寛永2年(1625年)に猪熊事件に連座して隠岐に配流されました。猪熊事件とは、豊臣秀吉の遺児である豊臣秀頼と、徳川家康の娘である千姫との間に生まれた娘(亀姫)を、徳川秀忠の跡継ぎである徳川家光と婚約させようとした事件です。雅賢は、この事件に連座して隠岐に配流されましたが、配流先で病にかかり、1年後に死去しました。雅賢の死は、猪熊事件の悲劇的な結末であり、当時の政治情勢の厳しさを物語る事件でした。

雅賢の死後、その遺体は京都に運ばれて、等持院に葬られました。雅賢の墓は、等持院の境内に現存しており、国の史跡に指定されています。雅賢の墓は、雅賢の生涯と猪熊事件の悲劇を伝える貴重な史跡です。

雅賢の死は、公卿として朝廷に仕えた雅賢の生涯を閉じただけでなく、猪熊事件の悲劇的な結末をもたらしました。雅賢の死は、当時の政治情勢の厳しさを物語る事件であり、雅賢の墓は、雅賢の生涯と猪熊事件の悲劇を伝える貴重な史跡です。

タイトルとURLをコピーしました