僧侶と将軍の関係 – 英岳と徳川綱吉

僧侶と将軍の関係 – 英岳と徳川綱吉

英岳の生涯と功績

英岳の生涯と功績

-英岳の生涯と功績-

英岳は、1640年、江戸に生まれました。幼くして出家し、19歳のときに徳川綱吉に仕えました。綱吉は英岳の学識と人格を気に入り、手厚く保護しました。英岳は、綱吉の命により、京都五山に留学し、仏教の教えを学びました。

留学から帰国後、英岳は、綱吉に重用され、様々な要職を歴任しました。綱吉の側近として、政治や宗教に関する助言を行いました。また、綱吉の命令により、儒教の古典である「大学」と「中庸」の注釈書を執筆しました。

英岳は、綱吉の信任が厚かっただけでなく、他の大名や僧侶からも尊敬を集めていました。1696年、綱吉が亡くなった後も、将軍となった徳川家宣に仕えました。家宣もまた、英岳の学識と人格を気に入り、重用しました。

英岳は、1704年に亡くなりました。65歳でした。英岳の死は、綱吉や家宣にとって大きな痛手となりました。英岳は、僧侶としてだけでなく、政治家としても、大きな功績を残した人物でした。

英岳は、仏教の教えを学び、それを人々に説きました。また、儒教の古典を注釈し、それを普及させました。英岳の学識と人格は、多くの人々に影響を与えました。英岳は、徳川綱吉や家宣に仕え、政治や宗教に関する助言を行いました。英岳は、徳川綱吉や家宣から厚い信任を受け、様々な要職を歴任しました。英岳は、僧侶としてだけでなく、政治家としても、大きな功績を残した人物でした。

将軍徳川綱吉との関係

将軍徳川綱吉との関係

– 将軍徳川綱吉との関係

英岳は、江戸時代中期に活躍した臨済宗の僧侶です。1658年、甲斐国(現在の山梨県)に生まれ、幼い頃から仏教に親しみ、18歳で出家しました。

1680年、英岳は江戸に上り、龍泉寺で修行を始めます。その後、将軍徳川綱吉の信任を得て、1685年に江戸城内にある護国寺に移り住みました。

綱吉は英岳を深く尊崇し、英岳の説法をたびたび聴聞していました。また、綱吉は英岳に多くの施しを与え、英岳の寺を保護しました。

綱吉が英岳を尊崇した理由は、英岳の徳の高い人柄と優れた説法にありました。英岳は、慈悲深く、人々を救済することに尽くした僧侶でした。また、英岳の説法は、仏教の教えを分かりやすく説いたもので、人々を感動させました。

英岳は、綱吉と親しくすることで、仏教の教えを将軍に説くことができました。英岳の説法は、綱吉の人格形成に大きな影響を与えました。綱吉は、英岳から学んだ仏教の教えを政治に生かし、生類憐れみの令を発布しました。

生類憐れみの令は、動物を保護することを目的とした法律です。この法律は、犬や猫を殺すことを禁止し、動物を傷つけることを厳しく取り締まりました。動物を殺したり傷つけたりした者は、死刑に処せられました。

生類憐れみの令は、当時は厳しい法律として批判されましたが、動物を保護するという目的は正しく、後の動物愛護法の制定にもつながりました。

英岳は、1721年に亡くなりました。英岳の死後、綱吉は英岳の遺徳を慕い、英岳の墓を建てました。英岳の墓は、現在も東京都台東区谷中にあります。

著作について

著作について

-著作について-

英岳と徳川綱吉は、著作活動においても密接な関係を持っていました。英岳は綱吉のもとで、多くの仏教に関する書物を著しました。その中でも最も有名なのが、『英岳全集』です。この書物は、英岳の生涯の著作を集めたもので、仏教の教義や歴史、実践方法などについて詳しく解説されています。この書物は、江戸時代における仏教の重要な書物の一つとされており、現在でも広く読まれています。

英岳は、綱吉の命を受けて、いくつかの書物を著しました。その一つが、『武家必読』です。この書物は、武士が心得ておくべきことをまとめたもので、綱吉の治世における武士の規範となりました。もう一つが、『貞享新編』です。この書物は、江戸幕府の法令を集めたもので、綱吉の治世における法令の体系化を図りました。これらの書物は、綱吉の治世において重要な役割を果たしただけでなく、江戸時代における仏教や武士の文化を知る上で貴重な資料となっています。

英岳は、綱吉の死後も著作活動を続け、多くの書物を著しました。その中でも最も有名なのが、『英岳遺文』です。この書物は、英岳の死後に弟子たちがまとめたもので、英岳の思想や言葉を集めたものです。『英岳全集』と並んで、江戸時代における仏教の重要な書物の一つとされており、現在でも広く読まれています。

タイトルとURLをコピーしました