「飛鳥井雅親」(1417-1491*)→ 室町時代を彩った公卿であり、歌人かつ書家

「飛鳥井雅親」(1417-1491*)→ 室町時代を彩った公卿であり、歌人かつ書家

飛鳥井雅親の生涯

飛鳥井雅親の生涯

– 飛鳥井雅親の生涯

飛鳥井雅親は、室町時代中期に活躍した公卿であり、歌人・書家でもありました。1417年に生まれ、1491年に亡くなったとされていますが、没年には諸説あります。飛鳥井雅親は、飛鳥井家の当主であり、代々朝廷の重要な役職を務めてきました。雅親もまた、権大納言や右大臣を歴任し、室町幕府の要職にも就いています。

雅親は、和歌にも優れており、「新続古今和歌集」や「新勅撰和歌集」などの勅撰和歌集に歌を収められています。また、書家としても知られており、彼の書は「雅親流」と呼ばれています。雅親流は、優美で流麗な書体であり、多くの書家から賞賛されています。

雅親は、室町時代の文化に大きな影響を与えた人物です。和歌や書道など、様々な分野で活躍し、その才能を遺憾なく発揮しました。雅親の残した作品は、現在でも多くの人々に親しまれています。

-# 雅親の和歌

雅親は、室町時代の歌人の中でも特に優れた歌人として知られています。彼の歌は、優美で繊細な情趣に溢れており、多くの歌人に影響を与えました。雅親の歌は、「新続古今和歌集」や「新勅撰和歌集」などの勅撰和歌集に収められています。また、彼自身の歌集である「雅親卿和歌集」も残されています。

雅親の歌の一例を挙げます。

> -春や春 語らへば花の かをるなり しづ心なくも なりにけるかな-

この歌は、春の美しさと、それに触れて心が乱れる様子を詠んだものです。雅親の歌には、このような自然の美しさを詠んだものが多く見られます。また、恋や人生を詠んだ歌も多く、雅親の豊かな情感が伝わってきます。

-# 雅親の書

雅親は、書家としても知られており、彼の書は「雅親流」と呼ばれています。雅親流は、優美で流麗な書体であり、多くの書家から賞賛されています。雅親は、和歌や書道など、様々な分野で活躍し、その才能を遺憾なく発揮しました。雅親の残した作品は、現在でも多くの人々に親しまれています。

飛鳥井雅親の功績

飛鳥井雅親の功績

-飛鳥井雅親の功績-

飛鳥井雅親は、室町時代の公卿であり、歌人かつ書家として知られる。彼の功績は大きく、その中でも特筆すべきは以下の通りである。

-1. 公家としての功績-

雅親は、公家として朝廷の重要な職を歴任し、室町時代の政治に大きな影響を与えた。1445年には権大納言に任じられ、1460年には内大臣に昇進。また、1467年には関白に就任し、1470年には太政大臣にまで上り詰めた。雅親は、公家として朝廷の最高位を極め、室町時代の政治に大きな影響力を及ぼした。

-2. 歌人としての功績-

雅親は、歌人としても優れた才能を発揮し、当時の歌壇を代表する歌人として知られた。1449年には勅撰和歌集である『新続古今和歌集』の撰者となり、1463年には『飛鳥井雅親卿集』を著した。また、雅親は連歌にも優れており、1467年には『飛鳥井雅親卿連歌集』を著した。雅親は、歌人として数多くの作品を残し、当時の歌壇に大きな影響を与えた。

-3. 書家としての功績-

雅親は、書家としても優れた才能を発揮し、当時の書壇を代表する書家として知られた。1457年には『飛鳥井雅親卿書状』を著し、1469年には『飛鳥井雅親卿消息』を著した。また、雅親は仮名書道にも優れており、1471年には『飛鳥井雅親卿仮名書状』を著した。雅親は、書家として多くの作品を残し、当時の書壇に大きな影響を与えた。

飛鳥井雅親は、公家、歌人、書家として、室町時代の文化に大きな功績を残した。彼の作品は、今日でも高く評価されており、日本文化の宝として大切に保存されている。

飛鳥井雅親の著作

飛鳥井雅親の著作

-# 飛鳥井雅親の著作

飛鳥井雅親は、室町時代を彩った公卿であり、歌人かつ書家として知られています。彼は、多くの著作を残しており、その中には、歌集や随筆、日記などが含まれています。

彼の最も有名な著作の一つは、歌集『飛鳥井雅親家集』です。この歌集には、彼が詠んだ和歌が収められており、その中には、恋の歌や四季の歌など、さまざまなジャンルの歌が含まれています。雅親の歌は、優美で繊細な表現が特徴であり、当時の歌壇で高く評価されていました。

また、雅親は、随筆『雅親卿記』も著しています。この随筆には、彼が日常で見聞きしたことや、自分の考えなどを記しており、当時の社会の様子や文化を知る上で貴重な資料となっています。

さらに、雅親は、日記『雅親卿日次記』も残しています。この日記には、彼が毎日経験したことや、自分の気持ちなどを詳細に記しており、彼の私生活や心情を知る上で貴重な資料となっています。

雅親の著作は、いずれも彼の教養と才能の高さを示すものであり、後世の研究者や文学ファンに愛読されています。

タイトルとURLをコピーしました