土居実行 – 鎌倉・南北朝時代の武将

土居実行 – 鎌倉・南北朝時代の武将

伊予の豪族・土居通増の弟として

伊予の豪族・土居通増の弟として

-伊予の豪族・土居通増の弟として-

土居実行は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。伊予の豪族・土居通増の弟として生まれ、兄の通増とともに伊予国内で勢力を拡大しました。元弘3年(1333年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府に対して挙兵すると、実行は兄の通増とともに後醍醐天皇方に参じました。建武の新政では、伊予守護に任命され、伊予国内の平定に尽力しました。

しかし、建武2年(1334年)に足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻すと、実行は兄の通増とともに尊氏方に寝返りました。尊氏方の武将として各地を転戦し、功績を上げました。延文4年(1359年)、尊氏の命を受けて、四国に侵攻し、伊予国を平定しました。その後、伊予守護に任命され、伊予国の支配に当たりました。

正平23年/延文6年(1361年)、尊氏の長男・足利義詮の命を受けて、九州に侵攻し、菊池武光を破りました。この功績により、筑後守護に任命されました。その後も、九州各地を転戦し、尊氏方の勝利に貢献しました。

正平24年/貞治元年(1362年)、九州で病没しました。享年39歳。実子の土居通定が家督を継ぎました。

後醍醐天皇隠岐行宮への訪れとその後の行動

後醍醐天皇隠岐行宮への訪れとその後の行動

-土居実行 – 鎌倉・南北朝時代の武将-

-後醍醐天皇隠岐行宮への訪れとその後の行動-

後醍醐天皇は、1331年に鎌倉幕府によって廃位され、隠岐の島へ流された。土居実行は、この後醍醐天皇を隠岐まで訪ねた人物である。土居実行は、隠岐に到着すると、後醍醐天皇に拝謁し、天皇の窮状を聞いた。そして、天皇を慰めるとともに、天皇の復権を誓った。

土居実行は、隠岐を発ち、鎌倉に戻った後、後醍醐天皇の復権のために奔走した。そして、1333年に後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して政権を回復すると、土居実行は天皇の側近として重用された。土居実行は、天皇の信任を得て、幕府の再建や、朝廷の改革など、数多くの重要な任務をこなした。

土居実行は、1350年に亡くなったが、その死後も天皇の忠臣として語り継がれた。土居実行は、後醍醐天皇の復権に貢献しただけでなく、天皇の側近として朝廷の改革にも尽力した人物である。土居実行は、鎌倉・南北朝時代の武将として、その名を残した。

-土居実行が後醍醐天皇に会ったときの心情-

土居実行が後醍醐天皇に会ったとき、天皇は隠岐の島で貧しい生活を送っていた。天皇は、土居実行に「朕は、このように貧しい生活を送っているが、それでもなお、天下を治めたいと思っている」と語った。土居実行は、天皇の言葉を聞いて、天皇の志に感銘を受けた。そして、天皇を慰めるとともに、天皇の復権を誓った。

-土居実行が後醍醐天皇の復権のために奔走したときの心情-

土居実行は、後醍醐天皇の復権のために、鎌倉幕府と戦った。土居実行は、鎌倉幕府の軍勢を相手に、幾度となく戦った。そして、ついに鎌倉幕府を倒し、後醍醐天皇の復権を果たした。土居実行は、天皇の復権を果たしたとき、大きな喜びを感じた。

-土居実行が天皇の側近として朝廷の改革に尽力したときの心情-

土居実行は、天皇の側近として、朝廷の改革に尽力した。土居実行は、天皇の信任を得て、数多くの重要な任務をこなした。土居実行は、朝廷の改革に尽力したとき、天皇のために尽くすことができて幸せだと感じていた。

強風と石見大浦への漂着と病没

強風と石見大浦への漂着と病没

強風と石見大浦への漂着と病没

1356年(正平11年)、土居実行は密貿易船に乗り北九州にいたところ、強風にあおられて東へ流された。そのまま石見大浦(現・島根県浜田市)に漂着した。

土居実行は漂着後、しばらくの間石見大浦に滞在した。しかし、漂着の際に負った傷が元で病に倒れてしまった。土居実行は石見大浦で病没した。

土居実行の死後、その遺体は鎌倉に運ばれて鶴岡八幡宮に葬られた。土居実行は鎌倉幕府の最後の執権であった北条高時の忠臣として知られている。土居実行の死は鎌倉幕府の滅亡を象徴する事件であった。

タイトルとURLをコピーしました