飛鳥井雅俊→ 歌人であり、将軍家の師範であった公卿

飛鳥井雅俊→ 歌人であり、将軍家の師範であった公卿

飛鳥井雅俊の生涯

飛鳥井雅俊の生涯

-飛鳥井雅俊の生涯-

飛鳥井雅俊(あすかい まさとし)は、鎌倉時代中期から南北朝時代前期にかけての歌人、公卿です。将軍家の師範でもありました。1210年(建暦10年)に生まれ、1289年(正応2年)に亡くなりました。

雅俊は、飛鳥井教定の子として誕生しました。幼い頃から和歌に秀で、14歳で従五位上に叙せられ、和歌所寄人となりました。その後、参議、中納言、権大納言を歴任しました。

雅俊は、歌人として多くの和歌を残しました。その歌は、優美で艶やかなものが多いのが特徴です。また、将軍家の師範としても活躍し、北条貞時や足利尊氏に和歌を教えました。

雅俊は、1289年(正応2年)に亡くなりました。享年80歳でした。彼の死は、歌壇に大きな衝撃を与えました。

雅俊は、優れた歌人であり、将軍家の師範でもありました。彼の和歌は、今もなお多くの人々に愛されています。

歌人としての飛鳥井雅俊

歌人としての飛鳥井雅俊

-飛鳥井 雅俊-

飛鳥井雅俊は、鎌倉時代後期の公卿、歌人。権大納言・飛鳥井雅有の子。官位は従三位・権中納言。家集『淡々集』が知られる。

-歌人としての飛鳥井雅俊-

飛鳥井雅俊は、鎌倉時代後期の歌壇を代表する歌人の一人である。父・雅有や兄・雅有王らとともに、飛鳥井流の歌風を継承し、中世和歌の発展に貢献した。

雅俊の歌は、優美で華やかな作風を特徴とする。また、四季の移ろいや自然の美しさを詠んだ歌も多く、その繊細な感覚と豊かな表現力は高く評価されている。

雅俊は、正和4年(1315年)に開催された「正和の百首和歌」で、題詠「春の夜」で入選。建武元年(1334年)には、花園天皇の勅撰和歌集である『花園百首』に1首入選した。

雅俊の歌は、飛鳥井家の家集である『淡々集』に収められている。この歌集は、1300首以上の歌を収めた、雅俊の代表的な歌集である。

雅俊の歌は、後世の歌人にも影響を与えた。特に、室町時代の歌人である宗祇は、雅俊の歌を高く評価しており、その歌風を継承したとされる。

雅俊は、歌人としてはもちろんのこと、将軍家の師範を務めるなど、文化人としても活躍した。その活躍は、中世文化の発展に大きく貢献した。

将軍家の師範としての飛鳥井雅俊

将軍家の師範としての飛鳥井雅俊

-将軍家の師範としての飛鳥井雅俊-

飛鳥井雅俊は、歌人であり、将軍家の師範であった公卿です。雅俊は、1300年に生まれ、1374年に亡くなりました。父は飛鳥井雅有、母は藤原為子です。雅俊は、幼い頃から和歌に親しみ、14歳の時には、後醍醐天皇の和歌会に出席しました。その後、雅俊は、歌人として活躍し、1345年には、「飛鳥井雅俊卿集」を編纂しました。

雅俊は、1333年に、足利尊氏の側近となり、尊氏を支えて建武の新政を推進しました。しかし、1336年に、尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻したため、雅俊は、尊氏と袂を分かちました。雅俊は、その後、光厳天皇の側近となり、光厳天皇を支えて北朝の政治を推進しました。

1349年には、雅俊は、室町幕府の師範に任命されました。雅俊は、師範として、将軍家の子供たちに和歌や弓箭、武術などを教授しました。雅俊は、将軍家の師範として、将軍家と親しい関係を築き、幕府の政治にも影響力を持つようになりました。

1374年に、雅俊は、75歳で亡くなりました。雅俊は、歌人として、将軍家の師範として、大きな功績を残しました。雅俊の死後、雅俊の和歌は「飛鳥井雅俊卿集」にまとめられ、後世に伝えられました。

タイトルとURLをコピーしました