「飛鳥井雅宣」とその後の人生「難波宗勝」について

「飛鳥井雅宣」とその後の人生「難波宗勝」について

飛鳥井雅宣という人物

飛鳥井雅宣という人物

飛鳥井雅宣という人物

飛鳥井雅宣は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公家である。雅宜、雅知とも表記される。雅澄の嫡男。官位は正二位権中納言。

飛鳥井家は、藤原北家閑院流の公家である。雅宣の父である雅澄は、正二位権大納言を務めた。雅宣は、雅澄の嫡男として生まれ、元亀元年(1570年)に叙爵して左少弁に任じられた。その後、左中弁、右中弁、参議、権中納言を歴任した。

雅宣は、豊臣秀吉に仕えていたが、秀吉の死後は徳川家康に仕えた。徳川家康は、雅宣を重臣として取り立て、正二位権中納言に任じた。雅宣は、家康の信任を得て、外交や内政など、さまざまな分野で活躍した。

慶長20年(1615年)、大坂冬の陣が起こると、雅宣は家康に従って大坂城を攻めた。大坂城が落城すると、雅宣は家康から大和国郡山藩10万石を与えられた。雅宣は、郡山藩主として藩政を改革し、領民の生活を向上させた。

元和6年(1620年)、雅宣は死去した。享年63。雅宣の死後、郡山藩は嫡男の雅章が継いだ。雅章は、慶安元年(1648年)に嗣子なくして死去したため、郡山藩は廃藩となった。

難波宗勝となるまでの経緯

難波宗勝となるまでの経緯

-難波宗勝となるまでの経緯-

大見出しの「「飛鳥井雅宣」とその後の人生「難波宗勝」について」の下に作られた小見出しの「難波宗勝となるまでの経緯」についてご説明します。

飛鳥井雅宣は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した公卿です。後陽成天皇の代に権大納言を務め、徳川家康に仕えて江戸幕府の草創期に活躍しました。

しかし、その後、雅宣は失脚し、難波宗勝と名乗って浪人となりました。その経緯については、諸説あります。

一説によると、雅宣は家康の側室である阿茶局に横恋慕し、家康の怒りを買って失脚したと言われています。また、雅宣は家康の政策に反対したために失脚したという説もあります。

いずれにせよ、雅宣は失脚した後、難波宗勝と名乗って浪人となり、各地を放浪しました。そして、慶長5年(1600年)に起こった関ヶ原の戦いで、宗勝は西軍に属して戦いました。しかし、西軍は敗北し、宗勝は捕らえられて処刑されました。

宗勝がなぜ西軍に属して戦ったかは不明ですが、家康への復讐のためだったという説もあります。また、宗勝は西軍の総大将である石田三成に才能を認められ、西軍に参じたという説もあります。

いずれにせよ、宗勝は関ヶ原の戦いで処刑され、その生涯を閉じました。しかし、宗勝の死は、戦国時代から安土桃山時代にかけての激動の世を象徴するものとして、現在でも語り継がれています。

難波宗勝としての活躍

難波宗勝としての活躍

-難波宗勝としての活躍-

難波宗勝は、飛鳥井雅宣が改名した後、豊臣秀吉に仕えた。秀吉の側近として活躍し、豊臣政権の確立に貢献した。

難波宗勝は、豊臣政権下で数々の功績をあげた。九州征伐、朝鮮出兵、江戸城の築城など、豊臣秀吉の天下統一事業に大きく貢献した。また、豊臣秀吉の死後は、豊臣秀次を擁立して豊臣政権の維持に努めた。

しかし、難波宗勝は豊臣秀吉の死後、徳川家康との権力争いに敗れて失脚した。1600年、関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利すると、難波宗勝は徳川家康に捕らえられ、処刑された。

難波宗勝は、豊臣秀吉に仕えて数々の功績をあげたが、豊臣秀吉の死後は徳川家康との権力争いに敗れて失脚した。しかし、難波宗勝は、豊臣政権の確立に貢献した功績は大きく、日本史において重要な人物である。

タイトルとURLをコピーしました